ガールズ&パンツァー / GIRLS und PANZER / ガルパン / GuP

ガールズ&パンツァー / GIRLS und PANZER / ガルパン / GuPのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ガールズ&パンツァー / GIRLS und PANZER / ガルパン / GuP
10

ガルパンLOVE

ガルパンのどこがすごいかというと、2012年のTVシリーズ放送開始以来毎年OVAやら映画やらドラマCDやら何らかの形で新作が制作されている。また、NHKで放送されたニッポンアニメ100のアニメランキングでは約20万通の投票の中から第22位にランクイン。2018年も最終章第1話とドラマCDが制作されたほどの反響ぶり。戦車を武道して扱い女子高生の奮闘ぶりを描いたアニメは前例にない。また、それぞれのチームのストーリーがちょっとずつしっかり描かれているのがこの作品の良きところ。個人的にはあんこうチームとうさぎさんチームが好き。うさぎさんチームは1年生同士6人組の構成となっているが丸山だけがほとんどしゃべらないもののTVシリーズの第12話や劇場版では大活躍している。また、劇場版では、大洗女子学園だけでなく、他の高校の生徒が集結し大学選抜チームと戦った出来事は他のアニメに例えるならプリキュアオールスターズ状態。それをガルパンでやるとは思っておらず腰を抜かした。でもそれは大洗女子の生徒たちを助けたいという各校の想いがしっかり伝わっているなと思う。ガルパンはドラマCDやOVAにも力を入れており、TVシリーズでは描かれなかった生徒会選挙やインタビュー、交換留学といったさまざまなテーマでファンを喜ばせている。最終章の展開も気になるところだが、これからも目が離せない!

ガールズ&パンツァー / GIRLS und PANZER / ガルパン / GuP
10

戦車アニメの決定版

女子高生が戦車にのり、大砲を打ち合って試合をするアニメ。
戦車には全く興味がなかったけど、1話目から見ているうちにアニメの世界にのめり込んでしまい、今では家族みんなで見ています。オリジナルビデオアニメのため、本数はまだ少ないのですが、よく考えられたストーリーだなと思います。
舞台は、茨城県大洗。空母の上に町がある設定。廃校になりかけた女子高を戦車道という戦車の武道?を復活させて、試合に勝って廃校を防ぐストーリー。
キャラの濃い女の子が多く、とっても見甲斐があります。1話~6話までが、30分ことの続きのストーリー。途中カットされていた、アンツィオ選。2時間に及ぶ劇場版。そして、40分程度の最終章が、1年に1話オープンされて、5年間かけて公開されていく。自分は、アマゾンプライムで劇場版までが視聴できるため、何度も見ています。それぞれの高校が、世界大戦で活躍した国をイメージされていて、国のイメージと戦車や登場する女の子がピッタリ合っていて、この学校はどこの国をイメージしたんだろう、想像するのがおもしろい。女の子以外にも、包帯を巻いたクマのぬいぐるみのキャラクター「ボコちゃん」も特徴が合って楽しいです。
試合の場面は、戦車に自分が乗っているような感じがして、とってもスケールが大きなアニメになっています。