H2 / エイチツー

H2 / エイチツーのレビュー・評価・感想

レビューを書く
H2 / エイチツー
9

あだち充作品で一番好きな作品

青南中の国見比呂と橘英雄。この二人が「H2」の主人公である。橘と付き合っている雨宮ひかりは国見の幼馴染でもある。国見自身、この雨宮を橘に紹介した身であり、幼馴染でもあったことから恋愛感情など持つことがなかった。中学時代に野球で腕を鳴らした国見と橘は、高校野球の強豪校からスカウトを受けることが多かった。しかし、結局高校で野球を続けることにしたのは橘のみ。国見は肘のけがの影響により、野球を続けるような状態ではなかったため、野球部のない高校に進学。中学時代の女房役の野田も、腰のけがにより、国見と同じ進路へと進み、国見はサッカー部、野田は水泳部に入部し日々平凡な高校生活を送っていた。そんななか、国見はある少女と出会うことになる。古賀春華。彼女は、学校の片隅でいつも細々と活動している野球愛好会のとてもかわいいマネージャーである。その可愛い反面、国見と初対面の際に、自分のカバンを国見の頭にぶちまけたり、そしてカバンを取り違えたりとドジばかりするところもあるが、この子との出会いにより、国見、そして野田もこれからの高校生活が一変することになる。また国見にはある感情が宿ることとなる。「H2」は、この5人がメインの登場人物である。

H2 / エイチツー
8

あだち充の王道野球漫画

あだち充と言えば「タッチ」が有名ですが、個人的にはこちらの「H2」がお勧めです。
主人公は中学校で全国区だったピッチャーでしたが、医者の診断でやむを得ず野球を断念しバッテリーを組んでいたキャッチャーと未練がないようにと野球部の無い高校を選択。
一方、中学時代のチームメイトは野球名門校で1年生ながら4番に。
野球とは無縁な生活をしていたが、ひじの診断をした医者がヤブ医者だと判明し検査をしたところガラスのひじは「防弾ガラス」のひじでした。
野球部のある高校へ転校をキャッチャーから持ち掛けられますが、野球部を作り甲子園を目指すことに。
ところが理事長は大の野球嫌いで部創設に猛反対。
しかし話の分かる理事長で「甲子園地区予選2位」の高校と練習試合をして勝てば部にしてくれると約束。
その時、甲子園間違いなしと言われていた中学時代のチームメイトはまさかの予選決勝で敗退。
中学時代のチームメイトが練習試合で対決することになってしまうが、中学で野球を辞めてしまった有名な選手がなぜか同じ高校に集まっていてなんとか試合にすることができた。
試合は接戦の末敗れたが、理事長を長い間縛っていた野球への後悔を解き正式に部に昇格。
一方、元チームメイトから転校を勧められるが「お前に投げる楽しさを知ってしまった」とそれを拒否。
愛好会しかなかったところから甲子園での再戦を目指す。
あだち充ワールド全開で、友情や恋愛、永遠に語り継がれる名言も登場して人生に影響を与えた作品です。