ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガールズ&パンツァー』とは、監督・水島努によるアニメ、及びそれらを原作としたマンガ、ゲーム作品。
架空の競技「戦車道」をテーマに、主人公・西住みほが率いる大洗女子学園戦車道チームの奮闘を描く。
2012年にテレビアニメが放送され、幕間劇を描くOVAが2014年に発売。2015年には続編が劇場映画として制作された。

CV:能登麻美子
常にフィンランドの民族楽器・カンテレを弾き、掴みどころのない佇まいと含蓄があるも否定的な言葉ばかりを口にする。独自の信念を持っており、劇場版ではそれに従い大洗連合チームに参加する。

西絹代

CV:瀬戸麻沙美
知波単学園の隊長。ハキハキした丁寧で元気な性格。突撃を重んじる知波単学園の校風に染まり、常に突撃第一の思考経路を持っているのだが、突撃のみではいけないとも思い始めている。

『ガールズ&パンツァー』の用語

戦車道

古くから乙女の嗜みとされている武道。世界的に有名な競技であり、世界大会も開催されているが、日本では近年衰退傾向にあり、文部科学省は振興に尽力している。
歴史ある武道らしく流派があり、日本の流派としては「西住流」「島田流」が著名である。

学園艦

街一つが収まる大型船舶であり、恒常的な洋上生活が可能な施設が揃っている。名前の通りの教育機関で、運営は学生の手により行われ、実践的な教育を実現している。
維持運営にかかる費用は大きく、統廃合計画が進行しており、大洗女子学園は廃止予定筆頭に上げられている。

パンツァー・フォー

「戦車前進」を表すドイツ語。戦闘開始や行動開始など、重要な場面の始まりを告げる言葉として用いられ、本作を代表・象徴する掛け声となった。

『ガールズ&パンツァー』の名言・名セリフ

「That's戦車道! これは戦争じゃない。道を外れたら戦車が泣くでしょ?」

一回戦終了後、みほから全車両を前線に出さなかった理由を問われたサンダース大付属高校隊長・ケイの言葉。
本作が戦争やノールールのバトルではなく、武道として戦車道を描いていることを端的に表した名言だ。

「戦車道は、人生の大切なすべての事がつまってるんだよ」

劇場版で初登場した継続高校・ミカが作品冒頭で発した言葉。
テレビ版では人生に大切な事がいくつも描かれ、この映画でもまた「大切なこと」が描かれる。本作を象徴する名言である。

「昨日の敵は今日の盟友!」

廃校撤回のために大学選抜チームへと挑む大洗女子学園を助けるため、各校が試合会場に駆けつけた際、知波単学園隊長・西絹代が発した言葉。
この一言は、大洗連合チームに参戦した各校生徒の意思を代弁している。皆、大洗女子学園やみほを始めとした同校の生徒を想っていたのだ。
戦車道につまっている大切な事を端的に表した名言である。

『ガールズ&パンツァー』のエピソード・逸話

日本アニメ史上最高のロングラン

劇場版ガールズ&パンツァーは迫力満点のエンターテインメントとして仕上げられた。
これを存分に活かしたのが、立川シネマシティにおいて行われた「爆音上映」である。
これは音響施設をフル活用し、映画館ならではの大音量を更に迫力重視で調整して上映するというもの。調整には制作スタッフも関わり、開始されるや否やチケットは連日完売となった。
これに追従し、他の映画館も特殊な上映を開始し始め、4DX化も決定、上映館が更に追加された。
その勢いはセルソフトが発売されても衰えず、立川シネマシティは連日満員のまま上映を継続し続け、最終的なロングランは一年を超えた。
これは日本歴代九位の偉大な記録であり、アニメとしては他の追随を許さない、圧倒的な単独首位記録である。

iwate1gou
iwate1gou
@iwate1gou

Related Articles関連記事

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ。幽霊や妖怪などが多く登場するオカルト色の強い伝奇ファンタジー作品。自身の特異体質に悩む四月一日(わたぬき)は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことになる。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。また『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』と物語が連動しており、本作の見どころの一つとなっている。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

よんでますよ、アザゼルさん。(よんアザ)のネタバレ解説・考察まとめ

よんでますよ、アザゼルさん。(よんアザ)のネタバレ解説・考察まとめ

「よんでますよ、アザゼルさん。」とは久保保久による漫画、及び漫画を原作にしたProduction I.G製作のアニメ作品。可愛らしい絵柄とは裏腹に過激な下ネタとグロテスクな描写があるブラックコメディ。ある日、芥辺探偵事務所でアルバイトをしていた佐隈りん子は、雇用主である芥辺が悪魔探偵だと知る。呼び出された悪魔は主人公アザゼルであった。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説・考察まとめ

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説・考察まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 黒森峰女学園編

ガルパンで見る世界の戦車達 黒森峰女学園編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は精度が高く、そして車種が多い、名車も迷車も多いドイツ戦車所有の「黒森峰女学園」の紹介となります。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 アンツィオ高校編

ガルパンで見る世界の戦車達 アンツィオ高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は車両は変なところが極端な性能の車両が多いイタリア戦車を所有する「アンツィオ高校」の紹介となります

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 県立大洗女子学園編

ガルパンで見る世界の戦車達 県立大洗女子学園編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回、主人公が在籍する大洗女子学園の戦車の紹介になります。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 聖グロリアーナ女学院編

ガルパンで見る世界の戦車達 聖グロリアーナ女学院編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は全戦車内部に紅茶用具一式が搭載されていると噂のイギリス戦車所有の「聖グロリアーナ女学院」の戦車の紹介になります。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 プラウダ高校編

ガルパンで見る世界の戦車達 プラウダ高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は機動力と火力に重点を置き、T-34ショックや名車KV1の砲大国ソ連の戦車を所有する「プラウダ高校」の紹介になります

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 サンダース大学付属高校編

ガルパンで見る世界の戦車達 サンダース大学付属高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は物量と猿にでも扱える操作性を謳う、尖った所がないのが特徴のアメリカ戦車所有の「サンダース大学付属高校」の紹介となります

Read Article

ポスト田村ゆかり!?声優:上坂すみれの経歴から実績まとめ

ポスト田村ゆかり!?声優:上坂すみれの経歴から実績まとめ

近年、様々なメディアで大注目・大人気の声優:上坂すみれさんはご存知でしょうか?その可愛さはもちろんのこと、上智卒かつロシア語に精通した面白トークや、あらゆるコスプレ衣装を「すみぺ色」に染めてしまうなど、とにかく声優業界に激震が走るほどにすごいのが、上坂すみれ様なのです!!今回は、そんなすみぺ様の経歴と実績をまとめてみました。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

目次 - Contents