筋肉少女帯(筋少・King-Show)の徹底解説まとめ

バンドブームの1980年代後半から90年代後半に活躍し、2006年に活動を再開したロックバンド。
通称「筋少」。幾度かのメンバーチェンジを経て、現在は4人組となっている。洋楽のどちらかといえばオールドなプログレなどの影響を受け、そのサウンドは厚く、大槻の書く詞世界にはコアなファンが多い。

約11年にも渡って筋少を支えたドラマー。
橘高曰く「筋少のドラムは太田で永久欠番」となったほど屋台骨として支えたメンバー。

美濃介(みのすけ)

インディーズの初期からメジャーデビュー時まで在籍したドラマー。
脱退後はナゴムレコードの創始者であるケラリーノ・サンドロヴィッチの率いる劇団で看板俳優を務めている。

オリジナルアルバム

『仏陀L』

出典: www.amazon.co.jp

1.モーレツア太郎
2.釈迦
3.福耳の子供
4.オレンヂ・エビス
5.孤島の鬼
6.サンフランシスコ
7.イタコLOVE ~ブルーハート~
8.ノーマン・ベイツ
9.ペテン師、新月の夜に死す!

1988/06/21リリースのデビューアルバム。
独特な歌唱法と荒削りなサウンドだが、一発でそれぞれの曲の世界へ引き込んでくれる。

『SISTER STRAWBERRY』

出典: www.amazon.co.jp

1.マタンゴ
2.キノコパワー
3.夜歩く
4.日本の米
5.ララミー
6.いくじなし

1988/12/21発売。6曲目の「いくじなし」はライブでも人気の高い曲で、セリフの部分を大槻が思うがままに喋るパフォーマンスに定評がある。

『猫のテブクロ』

出典: www.amazon.co.jp

1.星と黒ネコ
2.これでいいのだ
3.日本印度化計画
4.星の夜のボート
5.Picnic at Fire Mountain 〜Dream on James, You're Winning〜
6.Go! Go! Go! Hiking Bus 〜Casino Royale〜, 〜The Longest Day〜
7.最期の遠足
8.月とテブクロ

1989/07/05リリース。筋少としてはバンドブームなどの影響もあり、史上最高の売上を獲得した。
インストゥルメンタルから始まるアルバム。5・6・7曲目は小学生の遠足で悲しい出来事が起こる曲で、少年が連れて行った猫の名前が「テブクロ」。

『サーカス団パノラマ島へ帰る』

出典: www.amazon.co.jp

1.サーカスの来た日
2.ビッキー・ホリディの唄
3.詩人オウムの世界
4.労働者M
5.アメリカン・ショートヘアーの少年
6.23の瞳
7.電波Boogie
8.パノラマ島へ帰る
9.航海の日
10.また会えたらいいね
11.お別れの日
12. 元祖高木ブー伝説

1990/02/05リリース。本人たち曰く制作期間があまりなく、記憶に薄いアルバムらしい。しかし一貫した曲のテーマ性というものが味わえる一枚だ。

『月光蟲』

出典: www.amazon.co.jp

1.風車男ルリヲ
2.少年、グリグリメガネを拾う
3.デコイとクレーター
4.サボテンとバントライン(Remix)
5/夜歩くプラネタリウム人間
6.僕の宗教へようこそ(Welcome to my religion)
7.悲しきダメ人間
8.少女の王国
9.イワンのばか
10.少女王国の崩壊(Instrumental)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents