路地裏バンチ(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『路地裏バンチ』とは、かばた松本が『少年ジャンプ+』で2017年から連載していたハートフルアクションストーリーである。路地裏で気ままに暮らすはみ出し者たちと無邪気な女の子が繰り広げる少年漫画。掃きだめのような路地裏に無邪気で怖いもの知らずのお嬢様キティが現れ、路地裏の住人を引っ掻き回していく。最強ジジィとお嬢様の交流が見どころ。コメディ要素とアクション要素を中心にした物語でありながら人情もあり優しい気持ちにもなれる作品である。

『路地裏バンチ』の概要

『路地裏バンチ』とは、かばた松本が2017年から『少年ジャンプ+』で連載していたハートフルアクションコメディである。『集英社』から全三巻のコミックスが出版されている。路地裏で気ままに暮らすはみ出し者たちと無邪気な女の子が繰り広げる少年漫画。
路地裏でマツゲがリンチされているところにお嬢様キティが現れ、怖いもの知らずのキティはチンピラに正論で立ち向かうも暴力を振るわれそうになる。そこへ鳩を連れフードを被った謎の男が現れ圧倒的強さでチンピラをねじ伏せていく。無邪気で怖いもの知らずのお嬢様「キティ」と訳あり最強ジジィ「ハト」の交流が始まる。

『路地裏バンチ』のあらすじ・ストーリー

コンタクト

路地裏に住む青年がチンピラ達に絡まれリンチされているところに少女が現れてチンピラに向かって石を投げる。少女は仁王立ちし、チンピラに向かって生で見たクズ「生クズ」だと言い放った。チンピラ達が少女に暴力での躾をしようとしたところ、鳩と共にフードを深く被り顔を隠した男性が現れ、チンピラの一人をあっという間に倒してしまう。残りのチンピラはフードの男に恐れをなして逃げ出し、フードの男は何も言わず立ち去っていった。少女は青年に自分が追われていると話すと、放っておけなくなった青年は少女を匿う為に路地裏に連れていくことにしたのだった。
路地裏の住人達の集まる塒に着くと、少女は初めて見るアジトみたいな場所に「生アジト」と言って大興奮した。突然現れた少女を路地裏の住人はキティと呼ぶことにして、キティを連れてきた青年をマツゲと呼んだのだった。青年がマツゲと呼ばれていることを知ったキティは「コードネームで呼び合うスパイみたいだ」と言って喜んだ。マツゲは「路地裏ではみんなそれぞれ事情があって本名や素性を伏せて過ごしているから詮索しないように」とキティに言った。路地裏には気のいい人ばかりではなくヤバい前歴がある可能性もあり、キティを助けたハトと呼ばれるフードの男も普段から人を寄せ付けず路地裏の住人から怖がられる存在だった。マツゲはキティにむやみに近づかないように言おうとしたが、既にキティはハトに駆け寄り助けてもらったお礼を言っていた。躊躇なく手を握りお礼を言うキティにハトは触るなと言って立ち去ろうとする。キティはハトを引き留めようとコートを引っ張った。

キティ(右)がコートを引っ張ったことでハト(左)の素顔が露わになってしまう。

キティがフードを引っ張ると、フードが脱げてその下に隠されていた素顔が露わになってしまう。キティは禿げた頭を見て「ハゲでも気にしないわ!!!」と言いながら抱き着いた。ハトは何かを押し殺したよう様子で路地裏の住人達を睨み、キティを「元居た場所に帰してくるように」と言った。そして、キティがハトの事を「ヒーロー」だと言って「助けて欲しい」と願ったが、ハトは「そんな人間じゃない」と言って、誰にも関わりたくないというように路地裏に消えてしまう。
キティはハトを負ったが見失ってしまった。キティを心配したマツゲが「追いかけてきてまた危ない目にあったらどうするのか」と話していると、案の定黒服たちに見つかってしまった。マツゲはあわててキティを抱えて表通りを逃げながら黒服を撒き路地裏へと戻った。やばい組織に殺されると心配するマツゲを見たキティは巻き込んだことを謝った。キティは黒服たちは警護の人間でキティが家を抜け出したから探していると話した。それを聞いてヤバい組織じゃないとわかったマツゲはほっとして、キティが家出をしたおかげで助けられたとお礼を言ったのだった。そこへ黒服の一人が現れ見つかってしまう。マツゲは今度は家の人に言ってからくるように言ったのだった。
その時、マツゲを殴っていたチンピラが仲間を連れて現れ、黒服を背後からバットで殴る。黒服は倒れマツゲとキティはチンピラたちに囲まれてしまう。マツゲはリンチされ、ハトに復讐する為にキティは人質に取られてしまった。マツゲはハトに「キティが信じて待っている」と助けに行くように言ったのだった。ハトはマツゲの「あんたのことは何も知らないけど、あんたを信じてるキティを見捨てるならあんたはただのゴミだ」という言葉に心動かされた。そしてハトはキティを助けに行くことにした。マツゲは自分が言ってもしょうがないとわかりながらキティをそのままにしておけず後を追った。

ハトはキティを見つけると周りにいたチンピラ達をあっという間に倒してしまった。

ハトはキティを見つけると周りにいたチンピラ達をあっという間に倒し、マツゲが追いついたころにはすべて終わっていた。キティは「離れろ、汚れる」と言うハトに構わずハトに抱き着き「平気よっあなたは私のヒーローなんだから」と言ったのだった。その後黒服が目を覚まし、キティを助けてくれたことの礼を言った。

キテ(右)ィはハト(左)に抱き着き告白した。その告白を聞いた黒服は卒倒してしまう。

謝礼を払おうとする黒服にハトは「くだらんヒーローごっこにつき合っただけだ」と言って立ち去ろうとしたところ、キティが慌てて追いかけて「好き!!!」と言って抱き、その告白を聞いた黒服は卒倒してしまった。
次の日、キティはハトに会うために沢山のプレゼントを持って路地裏に来ていた。キティはハトにプレゼントを渡そうとしたがそっけなく断られ、路地裏の住人たちは昨日何があったのかと気になっていた。だが、昨日の経緯を知っていそうなマツゲはリンチされた傷でボロボロになっていた。マツゲは住人達に昨日の出来事を話そうとしたが、ハトがチンピラ達をあっという間に倒してしまったことを思い出して、そのあまりの惨劇具合に口を閉ざした。黙り込んだマツゲに見てはいけないものを見たんだと察した住人達は、ハトに対する認識を以前よりもヤバいやつに改めたのだった。マツゲはハトの事をそんなに悪い奴ではないと住人達の誤解を解こうとしたが、住人達は庇わなければいけないほどヤバい奴だと勘違いされてしまう。
その時、ハトが怖い顔でマツゲに向かって歩いてきた。住人達は蜘蛛の子を散らすように逃げていき、マツゲは思わず近くにあったニットと呼ばれる男の段ボールハウスに逃げ込んだ。今まで人を避け続けていたハトが自分から近づいてきたことにマツゲはもしや口封じかと不安になった。
住人達が寝静まった頃、マツゲは不安な状況に耐えられずひっそりと路地裏を抜け出し何処かへ逃げようとしていた。マツゲは逃げてばかりの自分を情けなく思ったがどうしようもなかった。日が昇り、人ごみの中を歩いていると、遠くにハトを見つけて反射的に逃げてしまう。執拗に追ってくるハトにマツゲは、惨劇の目撃者を口封じするつもりなんだと思った。そこでふと惨劇をキティも目撃していたことを思い出した。キティの身を案じたマツゲは自分だけ逃げるわけにはいかないと隠れていたゴミ箱から飛び出した。マツゲが走り出そうとしたところ、昨日の報復の為にハトやマツゲを探していたチンピラ達に見つかってしまう。チンピラの一人は銃を持ち、マツゲを殺そうとしてきた。しかしそこへマツゲを追っていたハトが現れ、間一髪銃を持っていたチンピラを倒しマツゲは助かった。ハトはマツゲがチンピラ達に襲撃されるのを心配して追ってきていたのだった。マツゲはハトのことを言葉が少なく目つきが鋭いだけで本当は親切なのではと思って、今まで誤解していただけだと考えた。マツゲがハトと路地裏に戻るとキティがハトへのプレゼントを持って待っていた。キティはハトにどうしたら喜んでもらえるのか自分なりに考えて、ハトといつも一緒にいる鳩のごはんを持ってきていた。鳩のごはんにと持ってきたパンくずは家でコックの手伝いをしてパンを分けてもらい、小さくちぎったものだった。

キティ(右)がキラキラした目でハト(左)にパンくずの入った鍋を差し出すと、ハトはため息をつきながらもキティから鍋を受け取り一緒に鳩にごはんをあげだした。

キティがキラキラした目でハトにパンくずの入った鍋を差し出すと、ハトはため息をつきながらもキティから鍋を受け取り一緒に鳩にごはんをあげだした。路地裏の住人達はその光景を見て、ハトはもしかしたらそんなに怖い人じゃないかもしれないと思ったのだった。

アンストッパブル

ある日、路地裏ではキティと住人達によるお茶会が開かれていた。通りがかったハトもお茶会に誘ったが住人達を無視して一人で本を読み始めてしまう。一人でいようとするハトを見てキティは、寂しくないのかと疑問に思った。ハトの事が気になったキティはハトのところへ行き無反応なハトに構わず一方的に話しかけ続けた。
そこへボロボロになった黒服のスミスが現れる。スミスは以前キティがハトに好きだと告白したときに倒れてしまった人物であった。路地裏の住人達も何があったんだと注目していると、燕尾服を着た老紳士が突然現れて住人達を小ばかにしつつも自己紹介しだした。名刺のようなものを差し出した老紳士だったがそれはキティの成長記録を収めた写真だった。写真を見てキティのあまりの愛らしさに涙した老紳士は、「路地裏に通うようになった原因は誰だ」と言って凄んだ。手近なところにいたマツゲが犠牲者になりそうなところにキティが現れて老紳士をジィと呼び、いじめをやめるように言った。スミスをボロボロにしたのもジィの仕業だったようで、真摯な見かけとは違い短気なジィにキティは怒っていた。だが、ジィはキティを危険な場所に通わせていたスミスを罰しただけだった。ジィは大切なお嬢様であるキティが治安の悪い路地裏に通うことを許せなかったのだ。ジィがキティに言い聞かせていると、ハトが現れてキティに帰るように言った。突然出しゃばってきたハトに切れるジィだったが、キティの好きな人発言に放心してしまう。

ハト(右)を亡き者にしようと殴り掛かるジィ(左)

ハゲでジジイでホームレスの男を好きな人と言い張るキティだったが、現実を受け入れられないジィはキティを誑かしたと思われるハトを亡き者にするために襲い掛かった。ハトとジィの戦いは路地裏の段ボールハウスで寝ていたニットの家を破壊しながら路地裏を破壊し続けていた。路地裏の住人の一人、白衣を着たドクも飛んできた瓦礫の破片に当たって倒れ、路地裏の住人達はハトとジィを止めたかったが怖くてできなかった。サンタの帽子を被ったグリンチはハトと仲の良いように見えたマツゲに戦いを止めてくるように言ったが、強くもないマツゲには無理な話だった。そうこうしているうちに飛んできた瓦礫に当たりグリンチも倒れてしまう。冷静に戦いを観察し続けていた細目の紳士スマイリーもマツゲに戦いを止めてくるように言った。

初めて見る生の戦いにキティ(右)はもちもちしていた。

マツゲはキティなら戦いを止められるのではと声をかけるが、キティは生で見る映画のような戦いにもちもちしていた。「2人を止めないと」と、マツゲが言うとキティはがっかりした。マツゲはこのままでは塒がメチャクチャになってしまうと説得してキティに戦いを止めてもらった。「路地裏の住人達に誑かされている」と言ったジィにキティは、「みんな自分の友達だ」と言って、自分のせいで塒がメチャクチャになったことを謝ったのだった。ジィは路地裏の住人達を低劣だと言って、こんな奴らとは付き合ってはいけないとキティに言い聞かせようとするが、キティは友達を悪く言われたことに怒ってジィとはもう口を利かないと怒った。そして家を捨てて路地裏に住もうとする。
だがそこにハトが現れ、「簡単に家を捨てるな」と言って帰るべきだとキティを説得した。マツゲも「キティの事を心配してるんだから家の人とちゃんと話し合うように」と言った。キティはジィに黙って抜け出したことを謝ったが、「友達を悪く言ったことはまだ怒っているから家に帰って話し合おう」とジィに言って帰ることにした。帰り際、キティはいつか私がハトの帰る家になると爆弾発言をして帰って行ったのだった。マツゲはまっすぐに気持ちをぶつけてくるキティに感動して泣きそうになっていた。だが、反対にハトはどこか苦しそうにしかめっ面をして歩き去ったのだった。

氷の微笑

ハトとジィの戦いによって破壊された路地裏の修理が進んでいる中、ハトがどこからともなく現れ廃材を置いて去って行ってしまう。きっとハトなりの誠意の表れだとマツゲは受け取り、廃材を使わせてもらうことにしたが、ほかの住人達は怖がって廃材を使おうとしなかった。この間の戦いから路地裏の住人達はますますハトのことを怖がっていたが、その中でも唯一スマイリーだけはハトに普通に話しかけていた。マツゲは「他の皆のハトに対する誤解を解きたい」とスマイリーに話してみたが、「ハトが打ち解けたいと望んでいるかわからないのに深入りしない方がいい」と言ってデートに向かった。デートを目撃したのはマツゲだけではなくキティもだった。キティはジィと一緒に路地裏に行く途中でスマイリーと女性を目撃し、そのまま電話をしていたジィを置いてハトのところへ来たのだった。ハトはスマイリーの事を気になって詮索しようとしているキティを止めた。前にもマツゲに注意されたのにまたやってしまったと落ち込むキティに、ハトはパンくずを渡して、鳩を集めることで元気づけたのだった。
その頃、キティがいないことに気づいたジィはマツゲを罵りながらキティを探すために歩き出した。罵られ、キティを探す協力を断られたマツゲもまた、キティを心配して1人で路地裏を探していた。その時、路地裏から飛び出してきた男とぶつかってしまう。男は封筒を持ち、せわしなく周りを伺い、警戒するそぶりを見せていた。そしてマツゲがホームレスだとわかると金を握らせて「封筒を預かって欲しい」と言ってきた。封戸を取りに来た時にまた金をやるからと言う男にマツゲはヤバい感じを察知して断り続けたが、封筒の男は金額を増やして交渉する。それでもマツゲが断り続けていると、封筒の男がどこかから狙撃され死んでしまう。その拍子で封筒の中身が出てしまいマツゲは中身を見てしまう。

封筒の男を狙撃したのはスマイリーだった。

そこにはハトに関する調査報告書があったのだった。マツゲはなぜハトのことが書かれた書類がここにあるのわからなかった。実はこの報告書は、ジィが秘密裏にハトの事を調べさせていたものだった。そして封筒を持った男を狙撃したのはスマイリーだった。スマイリーは封筒の中身を取ろうとするマツゲを狙撃しようと引き金を引いた。
弾がマツゲに当たる寸前、ハトがマツゲの服をつかみ後ろに引いたことで間一髪マツゲは死なずにすんだ。封筒から出た書類を目にしたハトが反応したのを見て、マツゲはそのまま置いておけないと拾おうとしたが、ハトによって止められ屋内に隠れることになった。マツゲは、ハトの知られたくない情報をそのままにしておけないと言って拾いに行こうとした。だがハトは「命を張るほどの事じゃない。オレは人殺しで今あの書類をどうかしたところでその事実は消えない」と言った。それを聞いたマツゲはハトを見る目が変わるわけではなく、いい奴だという認識は変わらなかった。ハトは追手から隠れる為、マツゲを引きずって逃げたのだった。

ハトとマツゲが去った路地裏に来た女(右)とスマイリー(左)には繋がりがあった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents