サレタガワのブルー(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サレタガワのブルー』はセモトちかがスマホアプリ『マンガMee』にて2018年から連載しているフルカラー不倫漫画である。2021年には単行本が発売され、注目を集めている。2021年7月にはMBS・TBS系にてドラマ化が発表された。主人公である田川暢は妻の藍子と幸せな日々を送っていたのだがある日藍子の不倫に気づき、真実を確かめていく中の苦悩や不倫された側の辛さをリアルに描いた作品だ。「読めば必ず不倫したくなくなる」とSNSでも注目を集めている。

『サレタガワのブルー』の概要

『サレタガワのブルー』は2018年よりセモトちかがスマホアプリ『マンガMee』にて毎週金曜日に更新のフルカラー不倫漫画である。作者のセモトちかはcomico公式で『星になる前に君と』を更新していた。そちらは現在完結している。『サレタガワのブルー』は電子版で第一章が終了しており、2021年5月には第二章が始まった。同時に単行本が発売され、さらに7月にはMBS・TBS系「ドラマイズム」枠で犬飼貴丈が暢役、堀未央奈が藍子役でドラマ化されており、SNSでも注目を浴びている。Twitterでは芸人のニューヨークの屋敷裕政が「読んでいるうちに夢中になった」とコメントを残している。
主人公の田川暢(たがわのぶる)はイケメンで家事を完璧にこなす旦那で、妻の藍子と幸せな結婚生活を送っていた。しかし藍子の怪しい行動に気づいてしまい不信感を持つ。藍子を溺愛している暢だが真実を突き止めようとしているところに藍子の不倫相手も結婚している事実を知る。そして藍子の不倫相手の奥さんと協力しながら離婚に向けて証拠を集めていく物語だ。不倫された側の苦悩や辛さ、葛藤をリアルに描いている作品である。

『サレタガワのブルー』のあらすじ・ストーリー

幸せな結婚生活

結婚式で幸せそうな暢と藍子

田川暢(たがわのぶる)は妻の藍子と結婚式で永遠の愛を誓った。結婚して一年半が経った二人だが変わらず仲良しだ。暢はグラフィックデザイナーで自宅で仕事をしている。藍子はOLをしていて家の事はすべて暢が行っていた。
ある朝藍子を起こしに行くと「あと5分だけ」と甘える藍子に暢は幸せを感じていた。朝ごはんとお弁当を作り水筒にルイボスティーを注いで仕事へと見送った。藍子は最近残業で忙しく、暢は寂しさを感じていた。午前の仕事がひと段落し、食材の買い物に出かけようとしたところ寝室でスマホが鳴っている事に気がついた。スマホを手に取ろうとしたところ藍子が息を切らしスマホを取りに帰ってきた。スマホを見たか確認する藍子に暢は「見ていない」と答えた。玄関を出て仕事に戻ろうとする藍子は意味深な笑みを浮かべ「セーフ」と呟いた。

残業の藍子に気遣いのLINEを送る暢

暢は幼馴染の友人である「たみ」が働いている美容室でカットモデルをしにいく。美容室で読んでいる雑誌には不倫の話題があり、たみからもお客さんに不倫している人がいる話を聞く。たみは冗談まじりで「藍子さんは大丈夫?」と暢に聞く。暢は自分の夫婦は不倫とは無縁だと話す。カットが終わり写真を藍子に送った暢は帰宅して夕ご飯の準備をしていた。テレビでも不倫の話題になっており不満に思った暢はテレビを消して手の込んだ夕飯を作りながら藍子の帰りを待っていた。すると藍子から「残業で帰れない」とLINEが送られてくる。落ち込む暢だったが怒る事も疑う事もなく藍子に気遣いのLINEを送るのだった。

藍子の本当の正体

不貞行為を咄嗟にごまかす藍子

暢が自宅で夕飯を作っている頃藍子はベッドの上で男性と一緒にいた。残業だと嘘をついて会社の上司である「森和正」と不倫をしていたのだった。暢は一人藍子の帰りを待っていたが、帰ってきたのは夜12時が過ぎた頃だった。翌日、暢は藍子の首筋に赤い跡がついている事に気づく。昨晩の事を思い出し一瞬ヒヤッとする藍子だったが、「虫刺されかも。かゆい」と咄嗟にごまかしいつものように仕事に行った。そして職場につき、不倫相手の上司と密会していた。

映画館で見た不倫中の藍子について考えるたみ

藍子がキスマークの事に関して文句を言うと和正はお詫びと言いながら誕生日プレゼントのネックレスを渡し、「今夜映画に行こう」と誘うのだった。一方その頃、暢はたみに映画に誘われていた。映画館に行くとなんと藍子と和正も同じ映画を観ていたのだった。暢は藍子がいる事に気づいていなかったが、たみがトイレに行こうとした時に藍子を見かけたのだった。驚くたみだったが確証が持てず、すぐには暢に言わなかった。映画が終わって居酒屋に行くたみと暢だったが、さっき見た光景に心ここにあらずなたみに暢は心配した。しかし暢には言わずうまくごまかした。何も知らない暢はいつもと変わらず藍子の話をしていた。暢が藍子の写真を見せるとなんとさっき見た藍子と同じ服を着ていたのだった。たみはそこで「藍子が不倫をしている」と確証を持つ。たみは決心して暢に自分が見た事を話すが暢は「気のせいだ」と言って信じなかった。しかし心の中では最近の残業やキスマーク、スマホへの執着などを思い返し不安になるのだった。

藍子の誕生日に不倫疑惑浮上

暢の機嫌をとり不倫をしにいく藍子

藍子の誕生日である日曜日に「後輩がミスをして仕事に行かなくてはいけない」と突然言い出した。藍子の誕生日のために色々と準備をしていた暢だったが仕方ないと文句を言わずに藍子を送り出す。がっかりしている暢に「夕飯前には帰るから今夜は仲良しして寝ようね」と微笑む藍子に暢は笑顔を取り戻すのだった。それを見た藍子は心の中で「扱いやすい旦那」と思うのだった。藍子を見送った暢は「怪しさがハンパない。せめてバレないようにやってくれ」と疑いがさらに加速した。藍子が帰宅したあとに暢は全力で藍子のお祝いをした。藍子は「うざいけどSNS映えする」と考えていた。「お仕事お疲れ様」と笑顔で言う暢に藍子は「ありがとう」と抱きついた。その時に暢はほんのりとタバコの匂いがする事に気づくのだった。

和正のスマホを見て不倫を知る梢

その頃藍子の不倫相手である和正は自宅で妻の梢に「上司に呼ばれたから仕事へ行く」と言って家を出ようとする。その日は梢と子供と公園に行く約束をしていたのだった。「約束したのに」と梢が言うと和正は逆ギレをして家を出て行った。梢は和正が不倫をしている事を知っていたのだった。ワンオペ育児で心が病んでいた梢はこっそり和正のスマホを見ていたのだ。このままではいけないと行動にうつす決意をするのだった。その日梢は息子を託児所に預け、和正の車に仕込んだタブレットの位置情報から尾行をする。ホテルの近くまできた梢は和正の車がないか確認する。しかしそこには車はなかった。そして背後から「何をしている」と和正から声をかけられる。タブレットを仕込んだ事が和正にバレていたのだった。「亭主が休日返上して仕事を頑張っているのにまさか浮気を疑っているのか。お前はクソ女だ」と梢を罵り、息子を預けた事を知ると「浮気調査だなんてくだらない事のために俺が稼いだお金を使うな」と激怒して梢の髪の毛を掴み頬を叩いた。

言い訳をする藍子

藍子の会社に傘を届けに行く暢

誕生日の翌日に藍子はいつものように会社で暢が作ったお弁当を食べている。そこに後輩の「高橋」が現れお弁当を褒める。すると藍子は「自分が作っている」と嘘をつく。そこに和正が現れて藍子のお弁当を褒めながらアイコンタクトをして夜にホテルへ行こうと約束するのだった。藍子は暢に残業で帰れないという内容のLINEを送り、ホテルへ向かった。暢はこれまでの疑いもあり、会社に藍子がいるのか確認しに行こうか悩んでいたところ大雨がふってきた。朝家を出る時に藍子が傘を持っていない事を思い出した暢は「あくまで傘を会社に届けに行くだけだ」と心の中で自分に言いきかせ、藍子の会社に行く。入り口で迷っているところに高橋が現れ、「藍子さんなら帰りましたよ」と告げられる。すかさず藍子に電話をかけるが和正と不倫中の藍子は気づくはずもなかった。暢はそのままたみの自宅へ行き、今日あった事を話した。たみの自宅にはたみの彼女である「麻衣」もいて一緒に話を聞いていた。嘘をついていたがまだ不倫したかわからないと言う暢に麻衣は「絶対に不倫している」と激怒する。帰り際にたみから励まされた暢は藍子としっかりと話をしようと決意する。

泣きながら必死に言い訳をする藍子

暢が帰宅すると藍子が心配した表情で出迎えた。藍子の傘を持っている事に気づくと「どうして嘘をついたのか」という暢の言葉を遮り、泣きながら「疑っているの?ひどい」と言い訳を始めた。暢は藍子の無理のある言い訳を聞きながら呆然としていた。その頃たみと麻衣は藍子がSNSで何か呟いていないかと調べていた。藍子の誕生日だった事を話したたみのヒントに麻衣は「#誕生日」で調べた。すると「ひみつのあいにゃん」というアカウントを見つけその内容に絶句するのだった。

藍子の不倫疑惑が確信へと変わる

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents