掃除屋K(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『掃除屋K』とは、シン・ジヌとホン・スンシクの二人によって、2018年3月から公開された、裏社会・アングラがテーマの縦スクロールのWEBマンガ作品。作品の舞台は韓国であり、登場人物も韓国人がメインである。主人公は主に隠密、暗殺任務を行っている、国家情報院の諜報員、キム・ジン。娘のスヒが性的暴行を受け、自らの命を絶ってしまう。絶望したジンは、加害者たちへの復讐を始める。アクション映画のような戦闘シーンや多勢にたった一人で戦いを挑むジンの姿が魅力の作品。

『掃除屋K』の概要

ジンは娘のために復讐を始める

『掃除屋K』とは、シン・ジヌとホン・スンシクの二人によって、2018年3月から公開された、裏社会・アングラがテーマの縦スクロールのWEBマンガ作品。単行本は全25巻で完結済である。作品の舞台は韓国であり、登場人物も韓国人がメインである。

主人公は主に隠密や暗殺任務を行っている国家情報院の諜報員、キム・ジン。ある日、海外任務を終え帰国すると、娘であるスヒが、同じ高校の先輩に集団で性的暴行されたと連絡を受ける。

警察に相談するが、担当刑事はまともに取り合ってくれない。加害者の親たちと会話するが、反省するどころか事件を不起訴扱いにしていた。加害者の親は検事や市議会議員や大企業の会長など、みな上流階級であり権力者だったのである。

そんな中、スヒは自身のレイプ画像がネットに拡散され、多くの誹謗中傷を目にする。絶望したスヒは自ら命を絶ってしまう。ジンは娘の復讐のため、加害者とその家族への復讐を始める。

『掃除屋K』のあらすじ・ストーリー

中国で人質を救出するジン

人質救出のため潜入するジン

キム・ジンは国家情報院に所属する、潜入、暗殺を専門とする諜報員である。コードネームは「掃除屋K」。

ジンは中国に来ていた。韓国の要人2人が中国人グループに拉致されたためである。
中国人グループ複数人相手でも、ジンは怯むことなく次々と倒していく。

ジンは囚われていた2人を無事救助することに成功するが、彼らに対し激しい怒りを見せる。
そのうちの一人が市議会議員でありながら、海外の若い女漁りをしていたところを拉致されたからである。

議員に対し、次の選挙には出馬をするなと言い残し、ジンはその場を去っていった。

娘のスヒが性的暴行を受け入院する

性的暴行を受けたスヒ

任務を終えたジンは、韓国大使館にいた。
戻ったばかりのジンに韓国にいる家族から連絡が入る。

娘のスヒに何かがあったとだけ連絡があり、ジンはすぐにソウルへ向かった。
病院に着くと、スヒは顔中に暴行された跡があった。

教会の先輩たちがスヒに無理やり酒を飲ませた後、郊外の山に連れていき、散々殴った後に集団で強姦したという。
更には、医者によると子供を産める状態では無くなってしまったとのことだった。

ジンは事件を担当する刑事に呼ばれて警察署に向かった。担当刑事は加害者全員を書類送検で済ませて、帰らせてしまっていた。さらには被害者側にも責任があるとまで話す。事件を軽んじていて、捜査に全く積極的でない担当刑事の態度にジンは怒りを覚える。そして、担当検事から加害者の親の名刺を渡された。加害者の親は検事であり、連絡が欲しいと言われ会うことになった。

加害者の親たちと対面

加害者の親たち

ジンが連絡があった場所に向かうと、加害者の親がいた。部屋に入るなり、女性が立ち上がりジンに平手打ちをする。

息子の人生の大きな汚点になったと話し、自分の息子がしたことに対してまるで反省していなかった。平手打ちした女性は周りの者にいったん連れ出されて外に退出し、代表検事と会話する。ジンは国家情報院であることを明かさず、表向きのペーパーカンパニーの名刺を検事に渡す。

検事は「示談金を出すので、訴えを取り下げて欲しい」とジンに話した。
ジンは謝罪の一言もなく、罪の意識も持たない彼らに怒りをあらわにする。

検事はジンに対し、強者こそが法だと語る。「ジンが働いている貿易会社も簡単に倒産させられる」と脅迫めいたことまで口にするのだった。

ジンは加害者の親についての情報を集め始める。担当刑事はホ・サムス。調べてみると、先ほどの検事のオフィスにいた受付嬢から、二千万ウォンを受け取っていたことが判明する。

さらに調べると、ジンをビンタした女性は現職の教育部長官だった。他にも牧師でありかつ大学の理事長を務めているナム・ソンギ。市議会議員のソ・インギュ。いずれも上流階級の者たちばかりだった。

さらに、彼らは汚職、脱税、不倫などスキャンダルにまみれていたことが判明する。
ジンはこれらの情報を持って、新聞記者に記事にするようお願いする。

スヒの自殺

ネットで誹謗中傷を受けるスヒ

病院にいたスヒは、ネット上に自身のレイプ画像がUPされていることを知る。
その直後、自分のスマホに多くの誹謗中傷のメッセージが送られてきていた。

人生に絶望したスヒはジンに最後のメッセージを送る。「また生まれ変わってもパパの娘になって可愛がってもらいたいな...いいよね?今の人生はもう、本当に全然ダメ」
「パパ、本当にありがとう。そしてごめんなさい。そして、大好きです」「さようなら」。

それは自分の人生に対する絶望と、ジンへの感謝と最後の別れの言葉だった。直後、スヒは屋上から飛び降り、自殺してしまう。
ジンはスヒの自殺を止められなかったことを後悔し、悲しみに暮れる。

一方、ジンから情報をもらった記者は記事を作り始めていた。
その時、家族から電話が来る。住宅費のために4千万ウォンが必要とのことだった。記者には4千万ウォンを払う金がなく、苦悩することとなる。

記者は悩んだ末に、検事に電話するのであった。

ジェヨン検事と記者の会話

検事に公表前の記事を見せる記者

記者は公表前の記事を持って、ジェヨン検事に会う。ジェヨン検事は記者の目的を訪ねた。
記者は正直に4千万ウォンが必要だと伝える。

ジェヨン検事は記事に4千万ウォンを支払う条件として、情報提供者が誰なのかを聞いた。
記者はジンのことをジェヨン検事に伝えるのだった。

そのころ、ジンはスヒの葬儀をしており、悲しみに暮れていた。そこへジェヨン検事から電話がかかってくる。
ジェヨン検事は記者が記事を持って来たことをジンに告げた。さらには本人の承諾を得ずに身辺調査したことで、ジンを捕まえると話した。

ジンはジェヨン検事に対し、検事とその息子の首を必ず取ると宣言するのだった。

ジンの復讐が始まる

スヒの墓前で復讐を誓うジン

ジンはスヒの墓の前にいた。スヒが受けた苦しみを何倍にもして加害者たちに与えると誓い、行動を始める。

一方ジェヨン検事は、ジンを捕まえるため、早速検察をジンの家に送った。
だが、ジンはすでに家にはいなかった。

ジンはモデルガンを販売する老人の元へ向かう。老人はジンと顔馴染みのようで、銃は売らないとジンに伝える。
しかし、ジンは壁に薄くつぎはぎがされていることに気付く。壁を強くたたくとそこには銃が隠されていた。そして、俺のために銃を売ってほしいと頼むのだった。

検察はジンの働く会社に来ていた。だが、様子がおかしいことに気付く。
机があるだけで人がおらず、書類も見当たらない。ペーパーカンパニーだったことが明らかになる。

さらにジンの自宅で指紋採取しても何も見つけられなかった。自分が触れたところの指紋を拭き取ったとしか考えられない事態であった。

通常は考えられない事態だが、中にはそういった癖を持つものが存在するという。
それは連続殺人鬼やプロの殺し屋の中にそういった癖を持つものがいるとのことだった。

この時、ジェヨン検事は初めて異様な事態が起きていることに気付いたのだった。

ジェヨン検事の息子を誘拐

復讐を始めるジン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents