Luck Stealer(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Luck Stearler』とは、『ジャンプSQ.』にて2007年12月から2012年2月まで連載されていたかずはじめの作品。
勧善懲悪を軸に、運を生成できない愛娘・来栖花梨のために、父の来栖悠聖が奮闘する物語。
クライアントからの依頼に大小問わず運を略奪することで悪を滅する前半と世界を掌握せんとする組織との戦う後半に、に大きく別れた作品である。
悪を滅する作風はかずはじめが以前連載していた、記憶や精神を破壊して悪を滅する設定だった『MIND ASSASSIN』を彷彿させる。

『Luck Stealer』の概要

『Luck Stealer(ラック スティーラー)』は2007年かずはじめ、『ジャンプSQ.』の創刊と同時に連載を始めた作品。
連載前に2度プロトタイプとして『ジャンプ増刊号』に読み切りが掲載された上での連載となった。
創刊当初の『ジャンプSQ.』は『月刊少年ジャンプ』から移籍してきた『テガミバチ』や『ギャグ漫画日和』、『クレイモア』、『ロザリオとバンパイア』を除くと全て新作となっており、『Luck Stealer』は『ジャンプSQ.』初期を支えた作品でもある。
連載期間は2007年2月から2012年2月。

主人公である来栖悠聖は素手で掴んだ人間の運を盗むことができる。それに対して愛娘である来栖花梨は運を生成できない体質だった。
悠聖は花梨に運を与えることができるため、悪人の運を奪って花梨に与える日々を送っていた。
初期は1話完結を中心に物語が徐々に進行していく構成を取っていたものの、後半は花梨を守るべく世界を裏から操る組織の陰謀に立ち向かう壮大な物語へと変化していく。
そのため前半と後半では大きく作風が異なる。

『Luck Stealer』のあらすじ・ストーリー

序章 来栖悠聖の日々

来栖悠聖(くるすゆうせい)、コードネーム「ラックステイラー」は中藤(なかとう)の運営するカジノバー「FLAMINGO」に所属する始末屋。
運を生成できない愛娘来栖花梨(くるすかりん)のために、依頼人に頼まれた悪者から運を吸い取り、花梨に運を分け与えている。

依頼人から頼まれたターゲットを裁くこともあれば、花梨のクラスメイトを救うために教師に制裁を下したり、時には友人を狙うヤミ金業者を。
悠聖の手には不思議な能力が備わっており、時に加減を行うことがあるものの基本的には、「『運』を全て失った人間は 必ず『偶然』何かが起こって死ぬ」。

悠聖の送る毎日は失敗は許されず、平穏な日常とはほど遠い。
しかし、全ては愛する花梨のため。
常にリスクを背負いながら悠聖は危険な毎日を送っていた。

この作品の象徴とも言えるシーン。
悪党ならば悠聖は一切情を見せない。

転機

物語の転機はこの3巻。ここから1話完結形式のエピソードは少なくなる。

物語が大きく動き出すのはロアの登場。
悠聖の元へ依頼をしにFLAMINGOへ訪れた際、ロアは「標的を殺すところを見たい」と同行を志願する。
悠聖は最初拒否するものの、ターゲットが姿を現すパーティ現場に向かうにはパートナーが必要と言うことでやむを得ずロアの同行を悠聖は許可。
ロアをパートナーにパーティ会場に向かった悠聖は予定通り、ターゲットの殺害に成功する。
しかし悠聖の殺害方法を目撃したロアは悠聖のことを思わず「神聖なる血脈(グラチェア)」と叫んでしまう。

なんとかパーティ会場を脱出すると悠聖はロアから「神聖なる血脈」の説明を受けるが、「神聖なる血脈」とは「この世にただ一人しかいない運命を操る事が出来る存在」とのこと。
ロアは悠聖こそその人物で、「教会は神聖なる血脈を守ろうとしている」、「弟は神聖なる血脈の力でしか治せない」と話すものの悠聖は半信半疑。
とはいえ花梨を救う手がかりはここにあると考えた悠聖はロアに協力することにした。
自身は「与える力」は持ってなく「奪う力」しかないと偽った上で。

だが同じ頃、花梨の運は弱くなり始めていた。
花梨が悠聖に手袋をプレゼントすべく、花梨の祖父母の店で働いているアルバイトの広瀬愛莉(ひろせあいり)と共にショッピングモールへ足を運んだところ、花梨の運が尽き始め次々と不幸が生じる。
花梨の元へ電話が繋がらなくなったり、愛莉が塗れた床を滑ってしまったり、換気扇が落下したりと次々と不幸に遭遇するようになってしまったのだ。

遂には橋が落下するアクシデントを引き起こすまでになってしまったもののそこへ悠聖が駆け込み間一髪。
命には別状がなかったものの、悠聖は花梨に運を与える瞬間を尾行していたロアに目撃されてしまう。

場所は変わって病院。
今回の事態を踏まえて、悠聖は運を与えるペースを早めることを検討するが、花梨は悠聖や愛莉を傷つけてしまったショックから「花梨はどうして人を傷つけちゃうの?」と嘆く。
それは悠聖が子供の頃に抱いていた感情でもあった。

このシーンの時点で数々の不幸が起こっているが、この後に橋が崩れるとんでもないシーンが来ることに。

過去編

花梨を傷つけてしまった悠聖は中藤に悟られるほど、疲弊した表情を見せていた。
中藤から仕事を制止され、帰宅した悠聖は1人過去のことを思い出す。

幼少期から悠聖は「触れた物の運を奪ってしまう」今と変わらない体質を宿らせており、自身の両親や周囲の人間、孤児院の人々と悠聖に触れた人間は次々に不幸へ。
中学の頃には不良と関わるようになり、高校の頃には不良グループの一員になってしまった。
「触れた物の運を奪ってしまう」体質もこの頃に自覚している。

後に職場の上司となる中藤とはこの時期に対面。
中藤は手袋を装着していたこともあり、悠聖に運を奪われることなく圧倒したが、同時に悠聖に興味も示していた。

悠聖の周りにいる人物には次々と不幸が訪れる。
彼が壊れていくのは必然だ。

そんな悠生にとって転機となったのは悠生にとって悪友であった大村が亡くなった現場で木下理花(きのしたりか)と出会いだった。

初めて理花と出会って以来、理花のことが気になっていた悠生は彼女が「不良が大嫌い」という話を聞く。
そのため、周囲の協力も頼りに少しずつ変化していき告白も成功したかに見えた。
しかし告白の帰りにかつて対峙した不良グループに遭遇してしまい、悠聖は自分の本性を見られてしまい距離が離れ行くように見えた。
だが悠聖の友人である福原が理花に悠聖の生い立ちを知り、悠聖が自分に惚れていることを知りもう1度話そうとしたところ不良グループに誘拐。
絶体絶命の理花であったが、悠聖がその場に駆けつけなんとか助かるとその数日後に理花は悠聖に手袋をプレゼント。
悠聖の性質上、手袋を装着しなければならないものの普通に悠聖と理花は接することが出来るようになった。

悠聖の特徴でもある手袋は理花からの贈り物。
これによって悠聖は手袋を装着すれば普通に生活できるようになる。

こうして悠聖は理花と付き合いを始め、徐々に更生していった。
けれども理花の父親は悠生と理花が付き合うことを認めず、悠聖は何度家を訪れても態度に変化なし。
その結果理花は家を飛び出し悠聖との子供を授かった後も認めらずにいたが偶然訪れたショッピングモールで見かけた悠聖の行動でようやく2人の関係を受け入れることに。
そして悠生の愛娘である花梨が誕生することになる。

花梨の誕生によって悠聖は花梨を溺愛する親ばかになっていくが、花梨にはどういうわけか立て続けに不幸と直面。
悠聖と理花は相次ぐ不幸の連続に苦悩するようになる。

そんなかで悠聖は高校時代の同級生である真中(まなか)と再会。
レストランで会話しつつ真中には自身の能力を悠生は明かすが、その時に真中は「花梨が生まれつき運がないのでは?」と考える。
その日の夜、悠聖はたまたま花梨に自身の腕を触れさせてしまう。
ただこの時、花梨に不幸は生じず運を吸い取るような描写が見られた。
これにより花梨は悠聖の運を吸い取れることが明らかになり、悠聖は花梨に運を分け与えるようになる。

けれどもこの行為は、悠聖自身の運を分け与える事でもある。
そのため、運が少なくなった悠聖自身が不幸に遭うようになってしまった。

花梨は運を生成できないため、供給源である悠聖の死は花梨が死ぬことに等しい。
運をどのように調達するかで悩む悠聖だったが…。

花梨が悠聖の腕に触れて運を吸い取ったシーン。
この事故がなければ花梨に運を託せることは分からないままだった。

そうして悠聖がたどり着いたのは始末屋だった。
悠聖が出向いたのはかつて制裁を下されたFRAMINGO。

FRAMINGOに出向いた悠聖は中藤(なかどう)に「殺し屋として雇って欲しい」と懇願する。
自身の能力を見せつつ、中藤は「リスクが多すぎる。やめとけ。」と忠告されるも悠聖の意思は変わらず、天崎真也(あまざきしんや)ことミッドナイトの指導の下で殺し屋に。

最初は真也の仕事風景に衝撃を隠しきれずにいたものの徐々に慣れていき、1人で仕事をこなせるようになっていく。
しかしながら慣れてきた矢先、人質の子供に動揺し悠聖は刃物で刺されてしまう。
なんとか仕事は完遂したものの、重傷を負い病院に搬送。
その際、理花は悠聖に自らの運を託してその後に事故死した。

本編開始時点では既に理花は故人となっていた。
どのようにして亡くなったのか、関心を抱いていた読者は多い。

目を覚ました悠聖はそのことを理花の父親を聞くと悠聖は暴れてしまう事態になってしまった。

退院後、悠聖は理花が残したメールを見つける。
そこには、理花が悠聖がどんな仕事を行っているか把握していたことが明らかとなり、涙を流せずにはいられなかった。
この理花の死をきっかけに悠生は中藤に「ターゲットを悪者」だけに絞り込むように頼む。
この過去を思い出したことで悠生は立ち直り、花梨を守ることを決意していくのだった。

出会いと再会

ViVid-lYricAl-6ku
ViVid-lYricAl-6ku
@ViVid-lYricAl-6ku

目次 - Contents