ちひろさん(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちひろさん』は安田弘之が2013年から秋田書店より連載しているヒューマンドラマ作品である。『ちひろさん』はかつて同筆者が『モーニング』(講談社)で発表していた『ちひろ』の続編である。海辺のお弁当屋さんで働く元風俗嬢のちひろさんが個性豊かな周りの人々の悩みや迷いを多くは語らず、またちひろ自身の行動のみで解決していく物語である。物語の中でちひろが放つ言葉が名言だらけで心に刺さるとSNSで話題となっている。

『ちひろさん』の概要

『ちひろさん』は安田弘之が2013年から秋田書店より連載しているヒューマンドラマ作品である。『ちひろさん』とは作者である安田弘之がかつて『モーニング』(講談社)で発表していた『ちひろ』の続編である。『ちひろさん』の1巻は2014年に発売されている。安田弘之といえば代表作『ショムニ』がで江角マキコ主演でドラマ化された事でも知られている。そんな安田弘之が描く漫画『ちひろさん』は元風俗嬢のちひろが海辺のお弁当屋さんで働きながらその周りの人物との関わりを描いたヒューマンストーリーである。ちひろの周りには様々な問題を抱えた人や心を閉ざした人がやってくる。そんな人がちひろの生き方に感化されていく物語で、ちひろの言葉や生き様に多くの人が共感し、Twitter上で話題となっている。漫画上で出てくる様々な名言が共感できると話題だ。

『ちひろさん』のあらすじ・ストーリー

元風俗嬢が街のお弁当屋で働く

お弁当屋の面接にきたちひろ

「古澤綾」こと「ちひろ」は海辺の小さなお弁当や「のこのこ」に現れる。のこのこの店長が面接をし、採用の際に「古澤綾さん…」と名前を呼ぼうとすると「ちひろでいいですよ」と店長に言う。「だってそれ全然違う名前じゃ…あだ名?」と聞くと「源氏名という事で」と明るく答えた。驚く店長だったが、そのまま「ちひろ」という名を使い働く事となる。「ちひろ」とはかつて風俗で勤めていた時の源氏名である。

店長の心配をよそに元風俗嬢という事を隠す事なく同僚に話すちひろ

ちひろは持ち前の愛想と聞き上手でたちまち人気者となる。店長が隠していた経歴をちひろは何の迷いもなく同僚や街のみんなに話していた。ちひろは自分の過去が明かされる事をちっとも恐れていなかった。むしろその反応を楽しんでいるのだ。

ホームレスに対するちひろの反応

ホームレスと楽しくお酒を飲むちひろ

ある日海岸を歩いていると小学生にいじめられているホームレスを発見するちひろ。小学生を追っ払うとちひろはそのホームレスに一方的に話しかける。ビールを飲みながら話すちひろをホームレスはそっと見守っていた。ちひろはそのホームレスを「師匠」と呼ぶ事にした。そしてちひろはその師匠を自宅に招きお風呂に入れ身なりを整えた。その後また楽しく話をするのだが深夜になり師匠はまた街の徘徊へと戻って行った。その日からちひろは師匠を見かけるたびに声をかけていた。

冷たくなった師匠を山に運ぶちひろ

ある日ちひろはいつものように師匠の分のお弁当を届けようとしたところ道端に倒れている師匠を発見する。もうすぐにわかるほど師匠は冷たくなっていた。友達が自殺した時も涙が出なかったちひろだったがなぜか師匠の姿を見たら涙がこぼれてきた。そしてちひろがとった行動は師匠を山に埋める事だった。静かに手を合わせ、またいつもの日常へと戻っていくのであった。

ちひろに興味をもつ女子高生「オカジ」との出会い

すべてを見透かされた気がしてちひろの目に動揺するオカジ

どこにでもいる普通の女子高生「オカジ」は日々の生活に不満や違和感を抱いていた。そんな時お弁当屋で働くちひろを発見する。最初は「変な人だな」と思っていたがだんだんとちひろに興味が湧いてくる。毎日のようにちひろを観察しては写真を撮っていて意を決してちひろの働くお弁当屋に行くと盗撮していた事がちひろにバレていた。その後もちひろの事が気になり友達との遊びを断って会いに行くようになる。ちひろの目を見たオカジは「恐ろしい目」「優しい目」「嘘もごまかしも許さない目」「底の見えない哀しい目」と思い、なんだか涙が止まらなくなる。「なんだか会いたかった人に会えた気がする」とちひろに出会えた事でオカジは変わっていく。今まで学校では話題についていこうと必死にアニメを見ていたり、家庭では父親の機嫌をとるように行きたくない場所にも喜んで行ったりしていた。しかしちひろに出会ったことでオカジは自分を偽わることをやめ、そういった行為をしなくなった。その結果、学校では友達との関係がぎくしゃくし、家庭では怒った父親が物を壊して怒鳴り散らし、家の雰囲気が悪くなった。オカジはその変化に心を痛めるが、周りに負けないようちひろのように強くなりたいと考えるようになる。

廃墟で初めて出会うオカジとべっちん

オカジは友達との携帯のやり取りで初めて「あのアニメは微妙だった」と自分の本当の気持ちをさらけだす。次の日学校へ行くと友達と気まずい状況になってしまう。その日の帰り道にちひろがよく行っている廃墟に行ってみると一人の女の子と出会う。その子は「べっちん」という名前で同じ高校だった。その子とちひろの話や学校での話、微妙だったアニメの話をしているうちに二人は仲良くなっていった。

街でいたずらをする小学生「マコト」との出会い

犯人がマコトだと気づき怒るちひろ

ある日街では自転車がパンクさせられる事件が多発する。その事件の犯人を見つけようとちひろは公園で待っていた。そんな時に現れたのが小学生の「マコト」である。マコトはちひろに虫のおもちゃで悪戯をする。しかしちひろの反応は他の大人とは違った。そしてマコトの手にアイスピックのような物がある事に気づき、パンク事件について問い詰める。動揺したマコトはとっさにちひろの腕を刺してしまう。しかしちひろは動揺する事なくマコトに説教を続ける。

マコトにお弁当をあげるちひろ

ちひろはマコトを海に連れて行った。マコトはちひろがつけている勾玉のネックレスを触っているのを見てちひろはそれをマコトに渡した。マコトは勾玉のネックレスをお守りのように大切にしていた。そのネックレスをなくした時にはいつもランドセルを叩くなどの意地悪をしていた同級生の女の子である「古河さん」が一緒に探してくれたのだ。ちひろからお弁当をもらったりオカジと一緒に遊んだり、古河さんからの優しさを感じる事によってマコトはだんだんと心優しい少年へと変わっていく。

風邪をひいたちひろの元に現れた親友

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents