ちひろさん(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちひろさん』は安田弘之が2013年から秋田書店より連載しているヒューマンドラマ作品である。『ちひろさん』はかつて同筆者が『モーニング』(講談社)で発表していた『ちひろ』の続編である。海辺のお弁当屋さんで働く元風俗嬢のちひろさんが個性豊かな周りの人々の悩みや迷いを多くは語らず、またちひろ自身の行動のみで解決していく物語である。物語の中でちひろが放つ言葉が名言だらけで心に刺さるとSNSで話題となっている。

工事現場で働くスキンヘッドの若者でちひろの飲み仲間である。マコトがよく懐いている。最初はとがった性格だったがちひろと出会い穏やかになっていく。

古河さん

マコトのクラスメイトでマコトが少し気になっている女の子。いつもニコニコしていて、我慢強い女の子。マコトが大事なネックレスをなくした時は一緒に探してくれた。

マダム

ちひろがマダムと呼んで慕うメスの野良猫。ちひろは「こんな女性になりたい」と思っている。

ユキナ

お好み焼き屋でバジ姐に一目惚れする女子高生。

ちひろが風俗嬢だった頃の知り合い

バジ姐

無口なニューハーフでちひろとは親友のような関係である。いつも強いちひろが弱音をはいたり相談をしたり出来る唯一の存在である。ちひろが風俗で働いていた時の店長に恋をしている。

店長

ちひろが働いていた風俗の元店長である。ちひろは店長の事が大好きで父親のように慕っている。風俗の店長をやめてからは金魚屋で働いている。バジ姐から好意を寄せられている。

すず

ちひろが風俗嬢だった頃の後輩。風俗をやっていた頃は押しに弱く、自分を押し殺して生きていたがちひろの影響で強い女になろうと決意する。風俗をやめ自分で会社を立ち上げ、ちひろを一緒に働こうと誘いに来るが「あのちひろさんが弁当屋なんて」という一言でちひろを怒らせてしまう。

『ちひろさん』の用語

のこのこ

ちひろが働く海辺のお弁当屋。ちひろが看板娘になった事で大繁盛する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents