ちひろさん(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちひろさん』は安田弘之が2013年から秋田書店より連載しているヒューマンドラマ作品である。『ちひろさん』はかつて同筆者が『モーニング』(講談社)で発表していた『ちひろ』の続編である。海辺のお弁当屋さんで働く元風俗嬢のちひろさんが個性豊かな周りの人々の悩みや迷いを多くは語らず、またちひろ自身の行動のみで解決していく物語である。物語の中でちひろが放つ言葉が名言だらけで心に刺さるとSNSで話題となっている。

「のこのこ」で働く従業員でぽっちゃり外見におだやかな性格だ。永井さんと共に噂話が大好きだ。

初音さん

永井さんの息子の嫁で永井さんがギックリ腰になった時にのこのこに手伝い来た。料理が上手で良い嫁である。

ゆり

最終回にてのこのこで働いている女性。元々はのこのこの常連客である。

海辺の街の人々

オカジ

どこにでもいる普通の女子高生である。学校では友達の話にのっかり自分の意見は言えず、家庭では父親の機嫌をとるために本当の事が言えないでいたが、ちひろに出会い本当の自分を見つける為に他人の機嫌や顔色を気にせずに自分の意見を家族や友達にぶつけるようになる。べっちんとは親友で、マコトの面倒もよく見る優しい一面もある。

マコト

ちひろに懐く小学生である。出会った当初は自転車をパンクさせたりちひろに怪我をさせたりなど問題の多い少年だった。ちひろと出会い話をしていくうちに心を開き、素直な少年へと変わっていく。

師匠

ちひろが気に入り面倒を見る街のホームレス。街で冷たくなっているところをちひろが発見し、山に埋葬する。

べっちん

ちひろがよく行っている廃墟で出会う女子高生で学校にはあまり行っていない。オカジと出会う事で本当の友達になる。オカジの気持ちをよく理解してくれている。

マコトの母

ちひろに懐く小学生「マコト」の母親で、ちひろがマコトの面倒を見ている事を良く思っていない。ちひろの働くお弁当屋に文句を言いに行き、犬猿の中となるが最後は和解する。

谷口

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents