シュガー*ソルジャー(酒井まゆ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー*ソルジャー』とは、ファンタジーと恋愛要素が溢れる酒井まゆによる学園恋愛漫画である。『りぼん』で47回にわたって掲載され、酒井まゆにとって最長寿作品である。平凡な外見の主人公、麻琴は幼い頃からモデルのようにきれいな姉の莉華と比較され、外見コンプレックスを抱えていた。高校に入学し学年でも人気の入谷に恋をする。「努力して可愛くなって、入谷君に告白したい」と奮闘する麻琴の純粋なラブストーリーを描かれている。読んでいると思わず応援したくなるような、麻琴の姿は読者から絶大な人気を獲得した。

『シュガー*ソルジャー』の概要

『シュガー*ソルジャー』は、ファンタジーと恋愛要素で溢れる酒井まゆによる学園恋愛漫画である。恋愛漫画であるが、作者の目線から登場人物にツッコミをいれるウサギがストーリーの節々に登場するという要素がある。平凡な外見の主人公、麻琴は幼い頃からモデルのようにきれいな姉の莉華と比較され、外見コンプレックスを抱えていた。莉華は幼いころから顔だちがよく、周囲に「かわいい」とちやほやされてきて、それとは正反対の態度を取られ続けた麻琴だが、メイクやファッションを勉強すれば必ず可愛くなれると信じている。そして高校に入学して、入学式の初日に入谷瞬に一目ぼれをした。入谷に告白するため、平凡な自分から生まれ変わろうと決意した。 学校で身につけるアクセサリーや、髪型、服も慎重に選び、入谷の彼女として相応しい女子に近づこうとする。ストーリー中では入谷とのキスシーンだけでなく、お互いの気持ちが離れかけている時も描かれており、順風満帆にはいかない恋の様子も、見届けたくなる要素の一つである。麻琴の頑張っている姿は読者から絶大な人気を獲得した。恋愛だけでなく、笑いも誘う工夫は、読者から「細部まで拘っていて面白い!」と高評価を得ている。その人気ぶりから、7巻を発売した時点で累計80万部を売り上げた。掲載誌『りぼん』で47回にわたって掲載され、酒井まゆにとって、最長寿作品である。

『シュガー*ソルジャー』のあらすじ・ストーリー

憧れの高校生デビュー

入学式当日、小学校からの親友である雨季に「制服、似合ってんじゃん!」と褒められ、「春休みに女子力を磨いてきて良かった」と麻琴は安心する。

如月麻琴(きさらぎまこと)は、双子の姉、如月莉華(きさらぎりか)がいる。莉華はスタイルがよく、女性ファッション雑誌であるHEAVENTEENのカリスマ読者モデルで人気を集める。麻琴は幼い頃からスタイルの良い姉と比べられることが多く、中学では「莉華さんの妹?地味じゃね?」と周囲から噂されていた。莉華とべられることを嫌がり、中学校3年間は目立たないように過ごしてきた。「可愛い」という言葉は今まで姉の莉華にかけられる言葉だった。しかし、麻琴も「可愛くなって、キラキラ高校生になりたい」と思い、入学までの春休みはかわいいメイク、ファッションを研究した。入学式当日には「妹けっこー可愛いじゃん」と言っているのが聞こえ、「頑張ってよかった」と嬉しさをかみしめた。

目立ってしまった入学式

入学式が始まる前、麻琴が廊下に整列していると、前でサッカーボールで遊ぶ男子生徒たちがいた。その一人、入谷瞬(いりやしゅん)がボールを追いかけながら麻琴のほうへ後ろ向きで近づいてくる。入谷が麻琴に気づいたのが遅かったため、よけきれず麻琴の上に倒れてしまう。麻琴に怪我はなかったが、落ちていた紙パックのジュースの飲みかけを背中で押しつぶしていた。結果、ブレザーが汚れてしまい、入学式にはワイシャツで出席した。後ろに座る上級生から「なんであの子だけブレザー着てないの?」とひそひそと話す声が聞こえた。それは入谷の耳にも入り、入谷は麻琴のブレザーが汚れたことに責任を感じたため、自分のブレザーを麻琴に着せてあげる。さらに目立ってしまい、麻琴は少し恥ずかしかった。

同級生と親睦会へ行く

姉の莉華が来ると麻琴は考えていなかったため、「クラスのみんなが私と比較するかもしれない」と一気に劣等感に襲われた。莉華に「制服似合ってんじゃん」と言われると、クラスの数人から「やっぱり莉華さんがアドバイスとかしたんですか?」と聞かれた。

学校が終わると、麻琴は同じクラスのメンバーから親睦会に誘われた。みんなで急遽遊びに行くことになり、校舎の外に出ると莉華がいた。麻琴の様子が心配で見に来ていた莉華。カリスマ読者モデルである莉華を目の前で見た麻琴の同級生たちは、「並べちゃうと全然違うね。莉華さんきれい」と話し始めた。それを聞いた麻琴は劣等感を感じ、その場にいづらくなりグループから外れる。同級生の姿が見えなくなるところまで走ってきたところで、同じ高校の2年生の男子生徒に突然話しかけられ、「今度一緒に遊ぼうよ!これ俺のメルアド」とメモを渡される。麻琴は一瞬嬉しくなったが、「お姉さんに渡してくれる?」と付け足され、自分に気があるわけではないことにショックを感じた。また劣等感を感じた麻琴だったが、笑顔でそのメルアドを莉華に渡すことを約束した。その様子を、麻琴を追いかけに来てくれた入谷が見ていた。入谷に「無理して姉ちゃんと張り合わなくても、そのままでいいんじゃない?」と言われる。麻琴は、可愛くなりたい理由を伝えた。

麻琴が可愛くなりたい理由

入谷にメイクやファッションを研究して頑張っている理由を伝え、「女の子って、可愛くなるって思うと強くなれるんです!」と話す麻琴。

麻琴が中学2年生の時、別のクラスの渡瀬(わたせ)は麻琴のことが好き、という噂があった。麻琴は友達からその噂を聞いたとき「お姉ちゃんならまだしも、ないない」と否定していた。ある日麻琴は渡瀬に「ちょっといい?」と呼び出されて2人きりになる。麻琴は「渡瀬が麻琴のことを好き」という噂を思い出したが、「莉華には彼氏がいるのかどうかを聞かれるのだろう」と決めつけてしまった。渡瀬から「あのさ如月」と言われて、麻琴はとっさに「お姉ちゃんなら今彼氏いるから、だからごめんね!」と言い、逃げてしまった。3日後、渡瀬は転校した。麻琴は友人から「渡瀬は一年の時から麻琴のこと好きだったらしいよ」と言われた。幼い頃から莉華と比べられてばかりで、「かわいい」と言われることがほとんどなかった麻琴は、「自分を好きになる人なんていない」と自分に自信が持てなかった。「告白を期待した末に、自分への告白でなかったら傷つく」と怖がり、渡瀬の告白を聞くこともせずに勝手に逃げ出して、渡瀬を傷つけたことを後悔していた。そのため、「可愛くなって、自分に自信がもてるようになりたい」と決めた。

校外学習の班決め・入谷と同班

1年生最初の行事は森林公園のキャンプ場で飯盒炊さんだった。中学から友達の森永雨季(もりながうき)と人気者の入谷と同じ班になれたので、麻琴は嬉しく当日が楽しみになった。女子3人、男子3人での班であった。残りの女子1人は、入谷と中学の時からの同級生の白雪ななみ(しらゆきななみ)だった。麻琴が「なんて読んだらいい?」と聞くと「それでは、プリンセス・スノウホワイト」と白雪は答えた。白雪のことをミステリアスな雰囲気だと感じた麻琴だった。

私服選びに奔走する

校外学習で、班ごとに役割分担をされる。麻琴たちの班は食材の買い出しだったため、班のメンバー全員で日曜日に買い出しに行くことになった。入谷と初めて私服で会うため、どんな私服にしようかと麻琴は悩んだ。日曜日、初めて入谷の私服を見た麻琴はドキッとした。また、最後に到着した白雪はゴシック調のフリルの黒いワンピースに、黒いフリルの日傘を指していた。派手な私服に麻琴は驚く。スーパーにつくと白雪の私服は周囲の目を引き、小さい女の子にも「おひめさまになりたいの!どうやったらなれるの?」と話しかけられる。「信じた人にだけ王国の扉は開かれるのよ」と言っていたのを麻琴は聞いた。白雪が周囲から物珍しく見られても全く気にせずにふるまっていたのを見て、麻琴は「白雪さんは他人がどう思うかは関係ないと思っているんだ。自分が好きだと思うものを信じ、強く持っている」と尊敬した。

告白現場に遭遇

校外学習当日、麻琴と白雪は飯盒炊さんで使った用具を戻しに行った。その途中、入谷が学年でトップ3に入るほどかわいいといわれている美菜と、美菜の友人と話しているのを目撃する。美菜の友人が「美菜が入谷君のこと好きなんだって!お似合いだし、彼女作らないともったいないよ!」と入谷に言った。入谷は彼女を作る気はなかった。告白されても、「彼女作ったほうが良いって勝手に決められちゃうのは嫌かな。気持ちは嬉しいよ。ありがとう」と断った。こっそり陰から見ていた麻琴も、同様に入谷のことが気になっている。彼女を作る気はないと聞き、自分には全くチャンスがないことを知り、ショックを受ける。

入谷が本当に好きだと気付く

携帯電話を取りに行ってなかなか戻ってこない麻琴を気にかけ、入谷は飯盒炊爨を行った場所へ向かった。雷の勢いに気絶した麻琴は入谷におぶられ、ふもとまで運ばれることになった。入谷は麻琴の携帯が開いていることに気付き、待ち受けが2ショットを取ったときの写真であることに気付く。

校外学習が終わり、バスに乗って帰る時間になる。帰る直前で、麻琴は自分の携帯を飯盒炊さんを行った流し場に忘れたことに気付く。一人で取りに行こうと引き返そうとすると、入谷が「俺も行こうか?」と心配してくれる。 しかし、携帯の待ち受け画面が入谷の写真だったため、「見られたら恥ずかしい」と思い、一人で行く。飯盒炊さんをした流し場に到着し、携帯を見つけ。すぐに帰ろうとしたが、急に大きな雷がなったため、びっくりして動けなくなってしまった。その時、入谷が助けに来てくれた。麻琴は、入学式の日から自分に優しくしてくれる入谷に、「好き」と伝えたくなる。しかし、「彼女を作る気はない」と言っていたのを思い出した。それでも優しくしてくれる入谷に、「好きになっちゃダメなんて無理すぎる」と言う。しかし、熱っぽかった麻琴はすぐに意識がもうろうとしてしまい、入谷におんぶをされてバスまで向かった。入谷は雨季に道を教えてもらいながら、麻琴の自宅まで寝ている麻琴を送った。その時、莉華が出迎えた。

入谷と放課後デートの約束をする

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents