狼陛下の花嫁(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『狼陛下の花嫁』とは2009年から2018年まで『LaLa』で連載された可歌まとによる人気ラブコメディ少女漫画。
舞台は中華風の国、白陽国の王宮と後宮、そして下町。
下町で働く汀 夕鈴(てい ゆうりん)が父の知人の紹介で”冷酷非情な狼陛下”と呼ばれる白陽国(はくようこく)国王、珀 黎翔(はく れいしょう)の臨時花嫁として雇われ、時に甘く、時に悲しく厳しい現実に立ち向かい数々の困難を周囲の協力を得て乗り越え成長していく物語である。

『狼陛下の花嫁』の概要

『狼陛下の花嫁』とは2009年から2018年まで『LaLa』で連載された可歌まとによる人気ラブコメディ少女漫画。
本作は最初読み切りとして数話掲載され、甘々な恋愛ストーリーだけではなく兄弟愛や仲間との協力の場面が感動を呼び、人気を博し連載を開始。

中華風の国、白陽国の王宮と後宮、そして下町を舞台に描かれている。
下町で働く主人公、汀夕鈴(てい ゆうりん)が”冷酷非情な狼陛下”と呼ばれる白陽国(はくようこく)国王、珀黎翔(はく れいしょう)の臨時花嫁として雇われ奔走していく物語である。

夕鈴は下級役人である父親の知人から「内容はわからないが割りのいい仕事」と紹介されて王宮に出向くとその仕事はなんと”狼陛下”と恐れられている国王の縁談避けの臨時花嫁を演じることだった。
下町で育った夕鈴にとって王宮は普段の生活とはかけ離れた煌びやかな生活。翻弄されながら日々を送っていく中で”狼陛下”である黎翔の裏の顔、子犬のような優しい一面を目撃してしまう。
この裏の顔は王宮でも一部の側近のみに知らされている秘密の事実で臣下や他国になめられないイメージ戦略であることを知る。
狼のような一面と子犬のような一面の二面性を持った陛下に振り回される夕鈴だが、だんだんと惹かれていく。その膨らんでゆく想いを隠しながら、白陽国を渦巻くさまざまな陰謀に立ち向かう。不器用ながら一生懸命な夕鈴が、無事臨時花嫁のバイトを達成することはできるのかを描いたラブコメディである。

『狼陛下の花嫁』のあらすじ・ストーリー

白陽国王、珀黎翔と汀夕鈴との出会い

白陽国(はくようこく)国王、珀黎翔(はく れいしょう)との出会い

下級役人である父親の知人から「内容はわからないが割りのいい仕事」を紹介され、王宮に出向く夕鈴。しかしその仕事内容は、縁談避けのための臨時花嫁を演じることだと知る。
「詳しい内容は王宮で」と言われていたことから、怪しいとは思っていたものの高賃金に惹かれ出向いてしまった。そんな自分の行動を後悔し、すぐさま辞めることを決意する。
国王の側近であり夕鈴の直属の上司である李順に辞めることを伝えに行こうと向かう道中に”狼陛下”の裏の顔を知ってしまう。
”狼陛下”の裏の顔は子犬のような優しい一面だった。それは側近のごく一部にしか知らされていないため話せば一族もろとも地上から消えてもらうと李順から脅され悩んだあげく偽の臨時花嫁の仕事を継続する決意をする。

春の宴

花の宴の責任者に抜擢された2人は顔を合わせる度喧嘩ばかりしており話が進まない

黎翔が即位してから中止されていた花の宴。別名、花恵宴(かけいえん)。新たな季節を迎えるにあたり心身の汚れを祓う儀式だがいつしか花の下で酒宴を楽しむようになった宮中儀式である。

宴の責任者を決めるため対立する氾家と柳家だったが夕鈴の一言で両家子息である柳方淵と氾水月がそれぞれ責任者に選ばれ、表立った対立は収まった。
だが、責任者に選ばれた2人は個人的能力は高いものの協調性に欠けていた。しかも2人の性格が真逆のため提案の内容も真逆で、一行に話がまとまらない。
その仲裁に入っている夕鈴だったが「わかってもいない部外者が口を挟まないで頂きたい」と言われてしまう。

花の宴について調べようと書庫へ向かう夕鈴は、白陽国宰相である周康蓮から「過去の清算と新たな出発を示す重要な儀である。柳家と氾家の協力を持って成功すれば国王にとって非常に幸先の良い門出となるでしょう」と予言を授かる。

花の宴の最後、妃である夕鈴が国王である黎翔に花を届ける

妃の役目の国王に花を届けるという重役を果たそうとする夕鈴だが花の宴の開催をよく思わない臣下達に妃が後宮から宴の会場へ移動するための花駕籠を壊されてしまう。
そこで夕鈴は臣下の反対を押し切り後宮から歩いて宴の会場まで向かい無事その役目を果たすのであった。

星祭り

離宮での星祭りの様子

王都から少し離れた離宮で行われる星祭りに避暑も兼ねて行くことになった夕鈴と黎翔。
そのロマンチックな響きから想像していたものとはかけ離れ夕鈴を襲ったのは離宮の人達による星読みについての勉強会だった。
星祭りが行われるまでの間、遊びの誘惑を行う黎翔に対し星祭りまで会わないことを決心した夕鈴。

夕鈴が真面目に勉強を行う中、離宮内では幽霊がでるといった不吉な噂で持ちきりになる。
そして星祭り当日、時間まで泉で身を清めている夕鈴だったが近くでだれもいないはずだが物音がしたことに気づく。
そこには妃に危害を加えようと雇われた刺客がいた。
無事、黎翔とその側近であり隠密の浩大に助けられことでなきを得、星祭りは粛々と執り行われた後、お土産に星読みのテキストを大量に渡され帰路に着いたのであった。

蒼玉国、瑠霞姫の来訪

蒼玉国の姫、瑠霞姫の天女のような美しさに驚く夕鈴

白陽国に黎翔の父方の叔母である瑠霞姫が突然帰省することになった。その天女のような美しい出立ちの瑠霞姫から夕鈴は話相手役に指名される。
同席した夕鈴の親友であり氾家令嬢の紅珠と共に”お妃様を囲う会”に参加している夕鈴だが黎翔との間柄を根掘り葉掘り聞かれ、また2人の恋愛トークについていけず疲弊してしまう。

ある日瑠霞姫から貴族の令嬢達や紅珠と共に白華園内でのピクニックに誘われたが、その中で瑠霞姫から「ここにいる令嬢達はいつでも後宮入りできるよう準備されている、黎翔からの愛がいつまで続くかわからない」と言われてしまう。それに対し夕鈴は「今までもこれからも変わりなく心ひとつであの方の味方です」と返す。

その後のお茶会で瑠霞姫から後宮やそこにいた黎翔の母のこと、嫉妬が渦巻く後宮でただ黎翔に守られるだけで覚悟がないようであれば一般庶民である夕鈴が生きていくには厳しい場所であることを聞く。
だが夕鈴を見て余計なお世話だったことに安心した瑠霞姫は、ほどなくして帰国が決まり「くだらぬ中傷はなかなか消えはしないし苦労も多いことだが、かつてとは違うこの後宮でそのままのあなたがあの子のそばにいてくれたらと思う」という優しい言葉を残し去っていく。
瑠霞姫は意中の男性に対しあの手この手を使い嫁いでいく嵐のような姫であることを知り、驚く夕鈴だったが良き縁が持てたことに安堵する。

壬州の閑積への地方視察

地方視察で赴いた壬州で黎翔の戻りを待つ夕鈴

堤防工事や収穫期の農民の様子を見に行くために壬州の閑積へ視察に向かう一行だったが、それは名目で黎翔の本当の目的は「久しぶりに会いたい知人がいて、どうせ会うなら人目を気にせず町などを見て回りたい」というお忍び視察だった。
そして変装して船に乗り込み到着したのは蓉州だった。

黎翔は夕鈴と遊ぶ時間がないことを文句を言いつつ目的地に到着。黎翔の”会いたい知人”は少々たてこんだ相手のため、夕鈴は黎翔の側近である徐克右と共に町で留守番することになる。
”会いたい知人”を昔の恋人かもしれないと疑う夕鈴だったが、真実は晏流公と呼ばれる黎翔の腹違いの弟だった。黎翔は即位後ほとんど会ったことがなかった弟に近くまで来たので会いたいということだったのだ。

予定がなかなか合わず町に滞在する間、一行は徐克右の仕事である”闇商人に関する情報収集”を手伝うことに。この闇商人が通るところには狼陛下や妃の悪い噂が流れるということを聞き情報収集を行う2人だが、黎翔のペースに巻き込まれデートのようになってしまう。
翌日、李順から晏流公の予定がついたことを聞かされ黎翔は会いにいく。
会いにといっても顔は合わせておらず晏流公の母である菫蘭瑶には内密だったため、隣室で授業風景を見るのみで姿はあまり良く見えず多分大きくなったということがわかる程度だった。

臨時花嫁バイト終了

突然李順から告げられる臨時花嫁の終了のお知らせ

夕鈴は李順から唐突に臨時花嫁の終了を告げられる。

黎翔は夕鈴に対し「なにか欲しいものや望むものはない?望むのなら嫁ぎ先も融通する。」と伝える。夕鈴は密かに想いを募らせていた黎翔から嫁ぎ先の話をされ、ショックだったがそれ以上に激怒する。
少し驚いた黎翔だったが悲しく笑い「君に優しくしなくていいなら私もどれだけ楽なんだろうな。」と言う。そして”狼陛下”の一面は演技ではないことを遠回しに伝える。
最後に口付けを交わしここにいてはダメかと聞く夕鈴に黎翔は「これまでの生活は君が見た悪い夢だ。全で忘れてしまえ。」と告げる。
そうして狼陛下の後宮から一人の妃が姿を消したが、元々どこから現れたかもわからない妃がどこへ消えたのか知る人はなく「後宮の花は枯れてしまった」と王宮内では囁かれた。

夕鈴は後宮での華やかな生活から普通の日常に戻ったが、思い出すのは黎翔のことばかり。考えても、もう手の届かない存在になってしまった黎翔に対して想いを募らせる。
もしもう1度会うことができれば玉砕覚悟で告白することを決意するのだった。

数日経ったある日、夕鈴の自宅に突然、周康蓮が訪れる。周康蓮が話す内容は王宮の人間が権力争いに夕鈴のことを利用しようと探すかもしれないということだった。
そのことを知った黎翔は「一旦、夕鈴を安全な地に身を隠し、ほとぼりが冷めた後は必ず元の生活に戻れるようするように」と周康蓮と命じる。
周康蓮は今も夕鈴と黎翔が本物の夫婦であるように見えると言い残し王宮に帰る。そして考えた結果夕鈴が望んだ避難先は蓉州だった。

蓉州、晏流公のお邸への潜入

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents