映画 ギヴン(劇場アニメ)のネタバレ解説まとめ

『映画 ギヴン』とは、キヅナツキのBL漫画が原作のテレビアニメの2作目として、劇場版アニメ化された作品である。フジテレビの「ノイタミナ」で放送されたアニメでは、高校生の真冬と立夏の恋を中心に描いていた。だが、劇場版では、バンド内で大人組の春樹と秋彦、秋彦の元恋人の雨月の、苦く熱い恋を中心に描いている。春樹は長年にわたり、密かに秋彦に恋心を抱いていたが、秋彦は、天才ヴァイオリニスト・雨月の家に居候していた。秋彦と雨月は元恋人だが、きっぱりと離れることが出来ず、ズルズルと関係を続けていた。

『映画 ギヴン』の概要

『映画 ギヴン』本予告

『映画 ギヴン』とは、キヅナツキのBL漫画が原作のテレビアニメの2作目として、劇場版アニメ化された作品である。
バンドのメンバーたちが中心の、切ない青春群像劇。

登場キャラクターたちの細かな心の動きや、切ない恋愛の描写が繊細に描かれており、多くの人の共感を得ているのが魅力である。

また、BL作品でありながら、バンドものとしてもしっかりと楽しめるのも魅力。
ライブなど演奏シーンでは、細かい部分までしっかりと描写されている。
劇中の楽曲も素晴らしく、テレビアニメの劇中曲「まるつけ / 冬のはなし」は、オリコンチャート19位にランクインした。

フジテレビの「ノイタミナ」で放送されたアニメでは、高校生の佐藤真冬と上ノ山立夏の切なく淡い恋を中心に描いていた。
真冬と立夏が出会い、立夏が組んでいたバンドに誘うことで、真冬はバンドメンバーの中山春樹と梶秋彦とも出会う。
音楽は素人の真冬であったが、その歌声には天性の才能があり、4人での初ライブは大成功するのだった。
初ライブ後、バンド名を「ギヴン」に改名し、本格的な音楽活動をスタートさせる。

劇場版は、アニメのその後のストーリーになっている。
バンド内で大人組の中山春樹と梶秋彦、秋彦の元恋人の村田雨月の、苦く熱い恋を中心に描いている。
春樹は長年にわたり、密かに秋彦に恋心を抱いていたが、秋彦は、天才ヴァイオリニスト・雨月の家に居候していた。
秋彦と雨月は元恋人だが、きっぱりと離れることが出来ず、ズルズルと関係を続けていたのだった。

『映画 ギヴン』のあらすじ・ストーリー

「カウントダウンフェスアマチュアコンテスト」に向けての新曲作り

「カウントダウンフェスアマチュアコンテスト」の最終審査にライブ審査があると知り、喜ぶ真冬。

バンド「ギヴン」は、「カウントダウンフェスアマチュアコンテスト」に挑戦することになった。
書類審査を通過し、最終審査にまで残ったと、春樹のスマホに届いたメールで知った。
そして最終審査には、ライブ審査があるのだった。
またライブが出来ることに、素直に喜ぶ佐藤真冬。
その真冬の姿に、バンドメンバーの立夏・春樹・秋彦も刺激を受ける。
真冬は、そのライブ審査の為に、新曲を作りたいと意気込むのだった。

クラシックコンサートで、ヴァイオリンを演奏する雨月。

真冬は音楽の才能はあるものの、知識がなく、まだまだ初心者であった。
そこで、「音楽武者修行(音楽の勉強)」の為、秋彦と一緒に、クラシックコンサートへ足を運んだ。
そこに登壇していたのは、秋彦と同居している村田雨月だった。
雨月は、世界的に有名な天才ヴァイオリニストである。
真冬は雨月の奏でるヴァイオリンの音に大きな衝撃を受けると同時に、創作意欲と掻き立てられるのだった。

雨月を求める秋彦。

クラシックコンサートの後、自宅へ帰ってきた雨月。
しばらく海外で生活していた為、秋彦とは久しぶりの再会であった。
秋彦にコンサートの感想を聞いた雨月。
だが、秋彦は性急に彼の体を求めた。
そんな秋彦を、雨月も笑って受け入れるのだった。

真冬が秋彦を訪ねてやって来るが、ドアを開けたのは雨月だった。

真冬は秋彦の自宅を訪ねるが、ドアの向こうにいたのは、先日クラシックコンサートでヴァイオリンを演奏していた村田雨月だった。
この時初めて、真冬は雨月と秋彦が同居していることを知った。
真冬は雨月と秋彦の前で、制作中の新曲の一部を爪弾いた。
雨月はすぐに迷いのあるコードを指摘し、正しい音に導く。
本物の天才に、真冬は驚きを隠せなかった。

秋彦と雨月の馴れ初め

高校生の雨月。

雨月は会って間もない真冬を気に入った様子で、秋彦が出かけた後、秋彦との馴れ初めを打ち明けた。
高校生の時、秋彦の通う高校に、雨月が編入した。
秋彦も当時ヴァイオリンを志していたが、天才の雨月が現れたことで、挫折を味わうことになった。
音楽面ではライバル同士だが、二人は徐々に惹かれ合っていった。
秋彦の両親が離婚し、途方に暮れていた彼を家に誘い、自宅に居候させることにした。
そして距離が縮まり、付き合うことになった。

雨月は、秋彦が買ってきたお揃いのカップを割ってしまったが、秋彦は笑って許した。

だが雨月は、自分の存在が、秋彦の音楽への思いを苦しめていることに気づいてしまった。
ある日、雨月から突然別れを告げた。
だが、お互いに好きな気持ちを消せない二人は、別れた現在も同居は継続中。

秋彦が死ぬほど好きだと打ち明ける雨月。

真冬に秋彦との馴れ初め語った雨月は、「秋彦が死ぬほど好き」と、素直に本音を口にした。
「新曲のネタにでもして」と軽く言い、雨月も部屋を出るのだった。

秋彦の隠し事

秋彦からサラッと明かされた「同居人」の存在に、春樹は動揺する。

一方、秋彦は春樹と車で移動中。
何気ない会話の中で、秋彦からサラッと明かされた「同居人」の存在に、春樹は動揺する。

音楽に関しては素人だった真冬が、色々なジャンルの音楽を勉強して急成長していく。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents