東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説まとめ

『東のエデン』とは、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

『東のエデン』の概要

『東のエデン』は2009年4月より同年6月までフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。「ノイタミナ」初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治、キャラクター原作は『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』を手掛けた羽海野チカ、アニメーション制作は『攻殻機動隊S.A.C.』や『ギルティクラウン』などを手掛けたProduction I.Gである。「ノイタミナ」の15作品目にあたり、「ノイタミナ」の名前を一躍有名にした、代表作の一つである。2009年11月と2010年3月には2部作に渡って、テレビアニメ版のその後のストーリーを描いた映画も発表されており、「ノイタミナ」初の映画化作品でもある。
物語の主人公は、記憶喪失の青年・滝沢朗。記憶もないまま、全裸姿だったが、唯一手にしていたものは「ノブレス携帯」と呼ばれる謎の携帯電話と拳銃だった。その携帯電話には82億円もの電子マネーが入っていた。そんな滝沢は大学卒業旅行中だった森美咲と出会い、咲の所属する大学サークル「東のエデン」を巻き込んで、この国の「空気」に戦いを挑むのだった。「王様のいないこの国で、彼は王子様になった」というサブタイトルがあり、戦後復興期の勢いも消え、ニートや非正規労働者、ワーキングプアなど、日本はいつの間にか世界でも社会問題が多い現代国家となっていた。そんな淀んだ「空気」に自ら損な役回りを演じ、国の救世主となるべく戦った滝沢と、それを見守った咲の11日間の物語である。
世界観は『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの前時代にあたるとされている。原作・脚本・監督を務めた神山健治が同作品の監督を務めており、またアニメーション制作を担当しているProduction I.Gも同作品の制作元であるため、作品間でも繋がりが多く存在する。
政治・経済・社会問題などをエンターテインメントとして映像化し、日本のアニメーションとしての評価は高く、第14回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門受賞、東京国際アニメフェア2010・第9回東京アニメアワード優秀賞テレビ部門を受賞している。2009年(平成21年)度文化庁メディア芸術祭(第13回)審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)にも選ばれた。

『東のエデン』のあらすじ・ストーリー

第1話「王子様を拾ったよ」

ホワイトハウスの噴水めがけてコインを投げる咲

舞台はアメリカ合衆国・ワシントンD.C.。記憶を失っている青年・滝沢は、ホワイトハウスの前で目覚める。自分が全裸であり、持ち物は謎の携帯電話と拳銃のみ。自身が何者であるかもわからなかった。そこでその謎の携帯電話をいじっていると、何者かに電話がつながる。電話の相手はジュイスと名乗った。滝沢はジュイスに自分が何者なのかと問うが、ジュイスは記憶消去にあたって新しい経歴を指示されていないため、何者かは答えかねると言うのだった。ただ、次の行き先だけを伝えろと言われているためその地図を送ると言うのだった。誰の指示かもわからない地図をメールで受け取り困惑する滝沢。そんなとき、卒業旅行でニューヨークを訪れていた大学4年生の森美咲と出会う。咲はどうしてもホワイトハウスが見たいと思い、仲間と別行動をとり、ホワイトハウスを訪れていたのだった。「ここが世界の中心」と思っていた咲はホワイトハウスの噴水めがけてコインを投げていた。それを目撃していた警官に「何を投げた」と詰め寄られる咲。そこで滝沢は道路に飛び出し、警官の目を自身に向ける。通りがかったトラックに乗って逃走したように見せかけ、茂みに隠れて警官をやり過ごすのだった。咲は、突然全裸で現れた不審な青年に驚く。だが、助けてくれたお礼にと自身が身に着けていた帽子、マフラー、コートをあげるのだった。

自分の局部を晒すという方法で警官をやり過ごす滝沢

咲に礼を言い、走り去る滝沢。そこで咲は滝沢に渡したコートのポケットにパスポートを入れたままだったことに気付く。急いで滝沢を追う咲は、通りがかりの会社員からズボンをもらっている滝沢を見つける。咲が追いかけていくと、滝沢はあるアパートに入っていくのだった。滝沢は地図で示されたアパートの部屋に入る。そこは自分の家とのことだったが、何も思い出せない。クローゼットには大量の銃と、いくつもの偽造パスポートと思われるものが入っていた。そして、滝沢はある写真を見つける。そこには大量の裸の男たちを一か所に集めて、自分は階上からピースをしている滝沢の姿が写っていた。自分はテロリストなのではと疑う滝沢。
一方咲は、アパートから出てきた住人に、滝沢の部屋番号を訪ね、その部屋へと向かう。チャイムを鳴らすと滝沢が出てきた。事情を説明して、パスポートを返してもらおうとする咲。そこで滝沢は一度部屋へと戻り、咲のパスポートと見比べ、年が近いパスポートを選ぶ。そこには「滝沢朗」という名前と自分の写真があった。そのパスポート以外をトースターで焼却処分し、着替えてから部屋を出る滝沢。そこに、ホワイトハウスの一件により二人をマークしていた警官が現れる。監視カメラの写真を見せ、君達だろうと言う警官だが、滝沢は自身の局部を晒し、写真とは違うことを証明して切り抜ける。監視カメラで撮られたときは、寒かったから小さくなっていたが、現在のサイズを見て警官は違うと判断したようだった。

東京にミサイルが撃ち込まれたというニュースを目撃する滝沢と咲

咲が今から日本に帰国する予定だが、ホワイトハウスの前に自分のキャリーバッグを忘れてきてしまったと言う。そこで滝沢は俺に任せてと言って、タクシーに乗り込み警察へと向かうのだった。咲のバッグの盗難届を出し、大使館で盗難にあった旨を伝え、航空券を手配してもらった滝沢と咲は、空港へ向かう。そこで、二人は東京にミサイル攻撃があったというニュースを知るのだった。

第2話「憂鬱な月曜日」

「迂闊な月曜日」のミサイル跡

滝沢と咲の二人は、大使館で手配してもらった航空券で日本へと帰国していた。東京上空、飛行機の窓からミサイルの跡から煙が出ていた。しかし、そのほかにもミサイルの跡らしき物があり、滝沢は咲にあの跡は何かと尋ねた。咲は「迂闊な月曜日」について答える。去年の11月の月曜日に、東京にミサイルが放たれたのだった。幸い負傷者は出なかったのだが、その際に首相が会見で「迂闊でした」と答えたため、「迂闊な月曜日」と呼ばれているのだった。

ミサイルによって墜落した旅客機のニュース

二人は無事に空港へ到着するが、空港は大混雑だった。そこで、ミサイルによって墜落した旅客機から生存者が発見されたというニュースを目撃する滝沢。咲は、ミサイルで死者が出たことに驚いていた。「迂闊な月曜日」の際は、事前に爆心地近くの避難などがあり、幸い死者が一人も出なかったのだ。そんなとき、滝沢の携帯が鳴る。ジュイスからだった。「セレソンシステムの有効圏内に入りました。ただちに持てる者の義務を遂行してください」と告げるジュイス。分からないことだらけの滝沢は、ジュイスに自身のことや携帯のことについて尋ねる。ジュイスは滝沢から頼まれて記憶の消去方法を伝えたこと、そしてその携帯には82億円が入っており、その全額を使い切る義務があること、用命があれば何でもできることを伝える。滝沢は「何でもできるんだったら、早く空港から出してくれ」とジュイスに頼む。ジュイスが「受理されました」と告げると、人でごった返している空港内で、滝沢と咲のもとへカートに乗って空港職員が来て、そのカートで案内されるのだった。

滝沢の行動が他のセレソンに伝わる

空港の外では、刑事の近藤が車で滝沢と同じ形の携帯電話を見ていた。滝沢のほかにも全部で12人セレソンとよばれる選ばれし者が存在し、滝沢はセレソンナンバー9。12人のセレソンそれぞれがこの「ノブレス携帯」という携帯電話を持っているのだった。そして、それぞれのお金の使い方は他のセレソンにも共有されていた。滝沢が入国管理局職員への賄賂を支払ったことをノブレス携帯で確認する近藤も、同じくセレソンの一人であり、セレソンナンバー4だった。

女子トイレで咲と再会する滝沢

無事空港から出られた二人。咲は、このあとの予定が狂っちゃったから、一緒にお茶でもしないかと、滝沢を誘う。しかし滝沢は、記憶がないことを咲に告げ、自分のパスポートに書いてある住所へ行ってみようと思うから、ここでお別れだと断るのだった。咲は、断られたことで、自分の笑顔が足りなかったのかなと女子トイレで悩んでいた。するとそこに、別れたはずの滝沢が現れる。女子トイレという場所にも関わらず入ってくる滝沢に驚く咲に滝沢は、住所である豊洲への行き方を教えてほしいと言うのだった。

近藤に話しかける滝沢

滝沢は咲とパスポートの住所である豊洲へ向かう途中で、同じ携帯電話を持つ近藤と出会う。ノブレス携帯を掲げ、おそろいだねと話しかける滝沢。同じく記憶喪失なのかと尋ねる滝沢に、近藤は「お前セレソンか?」と聞くのだった。近藤は警察手帳を見せ、身分証明書の提示を求める。近藤自身もナンバー9の動向を探っていたのだった。名前と住所を見て、パスポートを返す近藤は立ち去る滝沢に「ナンバー9、下手うったな」とつぶやくのだった。

一緒に写真を撮る滝沢と咲

滝沢と咲は、豊洲へ向かう船着き場にいた。この先は一人でも行けそうだから、大丈夫だよと告げる滝沢。そして二人は船が来るまでの間少し話をするのだった。自分は空っぽだから、君のことを教えてと言う滝沢に、咲は自分の親がもう亡くなっていて、姉とその旦那と二人の子供と4人で住んでいると語る。咲の話を聞いて滝沢は母から小さい頃に小遣いをもらったときのことを思い出す。そして、船に乗り込む滝沢に、咲は待ってとつぶやく。すると滝沢は咲に手を差し伸べる。咲はその手を掴み、船に飛び乗るのだった。
一方近藤は、一人居酒屋で滝沢の今までのセレソンとしての活動をノブレス携帯で調べていた。そこに借金取りが姿を現す。近藤には2000万円の借金があったのだった。
船に乗り込んだ滝沢と咲。咲は一緒に暮らす姉に空港で足止めされていたと嘘の電話をしていた。電話を終えた咲に滝沢はニューヨークでの話を聞かせてと言う。咲はニューヨークで行った場所を、写真で見せながら滝沢に話す。その写真の中には、9.11のグラウンドゼロにできた新しいビルの写真もあった。東京に撃ちこまれたミサイルの煙を眺めながら、9.11がもう10年前だけど、忘れちゃいけないような気がすると言う咲に、滝沢は東京のミサイル跡をバックに「グラウンドゼロ」と言って一緒に写真を撮るのだった。

自分の活動履歴を確かめる近藤

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、S.A.C. 2nd GIG、Solid State Society(神山版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊S.A.C.』は2002年放送のTVアニメ及びそのシリーズ。AD2030年、内務省直轄独立攻性部隊・公安9課が「笑い男事件」を追うストーリー。 続編の『S.A.C. 2nd GIG』ではテロリスト「個別の11人」を追う事件、『Solid State Society』は主人公・草薙素子が失踪後に謎のハッカー「傀儡廻し」に関わる事件となっている。 神山健治監督版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents