恋する小惑星(恋アス)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋する小惑星』とはQuroによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。
高校に入学した主人公である木ノ幡みらは幼い頃にした将来小惑星を見つけて名前をつけるという約束を叶えるために、地学部に入部する。そこで幼い頃の約束の相手である真中あおと再会する。そこから他の地学部のメンバーと一緒に地質分野を学んだり、バーベキューをしたり、合宿に行ったり、ワークショップに参加したり、新しい後輩を歓迎したりと様々な活動をして成長していく物語である。

『恋する小惑星』の概要

『恋する小惑星』とは2020年冬に放送されたテレビアニメ作品。読み方は「恋するアステロイド」。略称は「恋アス」など。原作は『まんがタイムきららキャラット』で、2017年3月号から連載されている。原作者はQuro。アニメの監督は平牧大輔で、制作会社は動画工房である。作品の魅力としては地質や天文といった分野に関して地学部の日常を通して楽しく触れることができる。このアニメは地質分野に触れた日常系アニメが少ない中、地質分野を題材とし、多くの視聴者が地学に触れるようになるきっかけを作った。

高校の地学部を舞台として、個性的なキャラクターたちがそれぞれの目的や目標に向かって、部活動をともにして、たくさんの楽しい思い出を作る物語である。2020年冬の放送では、主人公の木ノ幡みらの入学から2年生の夏までの出来事を描いている。

高校に入学した主人公である木ノ幡みらは幼い頃にした将来小惑星を見つけて名前をつけるというあおとの約束を叶えるために、天文部に入部しようとする。しかし天文部は部員不足で、地質研と合併して、地学部になっていた。そこで幼い頃の約束の相手である真中あおと再会する。そこから他の地学部のメンバーと様々な活動をする。河原で石拾いをしたり、地質標本館に行ったりして地質について学んだり、小惑星を見つけるワークショップであるきら星チャレンジに参加して実際に小惑星を探す方法を教わったりした。他にはバーベキューや鍋を食べたり、海に行ったり、いろんな種類の石を売っているミネラルショーを見に行くなどのことも行った。あおがきら星チャレンジの予選に落ちたり、あおとケンカしたり、あおの親が転勤になってあおもともに引っ越さなければならなくなったりと困ったことはたくさん起きるが、その度に地学部のメンバーや周りの人に助けてもらいながら、一歩ずつ小惑星を発見するという目標に向かって前進して行くストーリーである。

『恋する小惑星』のあらすじ・ストーリー

第1話 二人の約束

小惑星を見つけることを約束した幼い頃のみらとあお

主人公、みら(木ノ幡みら)は幼い頃にキャンプで出会った「あお」という子と将来小惑星を発見し、小惑星に「あお」という名前をつけることを約束した。そして高校生になったみらは天文部に入部しようとしたが、なんと天文部は地質研と合併して、地学部となっていた。

部室に入ってきたみら達をみる桜とイノ

地学部の部室に行くと、部長のモンロー(森野真理)、副部長の桜(桜井美景)、2年生のイノ(猪瀬舞)と出会う。さらにそこには幼い頃の約束の相手「あお」こと真中あおがいた。久しぶりにみらと会ったために、最初はみらとの距離感に悩んでいたあおも、みらと電話をしたりメッセージを送り合うといったコミュニケーションをとるにつれて次第にみらと打ち解けていく。

第2話 河原の天の川

石と間違えて犬の糞を拾い掛けたみらを助けた桜

顧問の遠藤先生(遠藤幸)の提案でバーベーキューをしていた地学部のメンバーたち。バーベーキュー以外にもすず(鈴矢萌)の家で作っているパンを食べたり、みらの上級生に対するあだ名づけ、河原で石ころハンティング、天体観測などをして楽しんでいた。

みらからの会報のアイデアが送られてきた時のあお

部活の方では会報を作ることにした地学部。部員がそれぞれ各々の持ち味を生かした記事を作っている中、みらはどのような内容にしようか悩んで生徒会に所属する姉のみさ(木ノ幡みさ)に相談したところ、みさにみらの記事の内容にみららしさががないと厳しく指摘されたため、みらは拗ねてしまった。みらはあおからの会報用のイラストを描いて欲しいという頼みごとをきっかけに、会報の内容をマンガにすることに決め、その会報もみさの宣伝もあり、好評ですぐになくなってしまった。その後会報制作のお疲れ様会で温泉に行った地学部一同は温泉でも温泉の効能や温泉に置いてある岩などについての地学の豆知識で盛り上がる。

第3話 思い出はたからもの

アルバイトの説明をするすず

数学の試験の再試のためにみらの家で勉強しているみらとあお。そこにすずも勉強を教えにやってくる。歌を歌って公式を覚えたり、すずがみらの秘密の自作マンガをあおにバラしたりして騒がしくなる。その後みらとあおはすずの実家のパン屋でアルバイトをすることになる。忙しく働いていると、部活から帰ってきたすずの妹のめぐ(鈴矢芽)と出会う。

地図を持って探検をするイノとすず

とある休日にイノとすずが一緒にいるところに遭遇したみらとあお。尾行するも、見つかってしまう。イノ達は市町村の領域ではあるが、地理的に離れている飛び地を見にきていたのだった。その後イノが幼い頃に地図を使って宝探しをしていたことをきっかけにして地図にハマったこと聞き、イノに宝の地図を書くように頼むみら。後日、宝の地図をもらったみら達は校内を探検し、無事イノの宝物である飛び地での記念写真を発見することに成功する。

第4話 わくわく!夏合宿!

地質標本館で興奮する地質班とその様子を見て一線をひく天文班

地学部の夏合宿ではまず地質標本館、JAXAに向かった。地質標本館では桜は様々な石を見て大興奮、みらは川で拾った化石の鑑定をしてもらった。一方JAXAではみらとあおが小惑星発見のヒントを得るため職員に質問し、モンローも宇宙飛行士という夢に近づくため真剣に話を聞いていた。またみらとあおの小惑星を見つけるという夢を知った顧問の遠藤先生は小惑星を見つけるワークショップであるきら星チャレンジへの応募を提案する。そしてみんなの夢を聞いたイノはずっと行きたかった国土地理院に見学に行くことを決意する。

第5話 それぞれの夏休み

あおに勝負を挑むすず

イノ、すず、みら、あおの4人で海にやってきた。すずはあおとみらの仲の良い様子をみて、あおにみらの親友の座を賭けて勝負を挑む。それはみらの好きな食べ物を当てる、あおとすずで泳ぎの速さを競うといった内容のものだった。結果、すずとあおとみらはイノの「3人で親友になればいい」という提案を受け入れ、さらに仲良くなった。

snufkin319
snufkin319
@snufkin319

目次 - Contents