ラーメン大好き小泉さん(第11話『おいしいラーメン / 大阪』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e5%a4%a7%e5%a5%bd%e3%81%8d%e5%b0%8f%e6%b3%89%e3%81%95%e3%82%93renotetop

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。
悠は、家庭科室で思い出のラーメンの味を再現しようとしていた。美沙と潤は味見役である。思い出のラーメンというのは、悠が小さい時に祖母がいる大阪・道頓堀で食べたラーメンであった。
今回は「ラーメン大好き小泉さん」第11話『おいしいラーメン / 大阪』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ラーメン大好き小泉さん」第11話『おいしいラーメン / 大阪』のあらすじ・ストーリー

『おいしいラーメン』

01

家庭科室で昔食べたラーメンを再現しようとする悠

家庭科室で悠は、思い出のラーメンの味を再現しようとしていた。美沙と潤は味見役である。思い出のラーメンというのは、悠が小さい時に祖母がいる大阪・道頓堀で食べたラーメンであった。「あれを再現して、うまいこと小泉さんを籠絡しようとおもったのになぁ」と下心を口にする悠に、美沙と潤はあきれ顔であった。
ラーメンの詳細が思い出せない悠は、潤の勧めで兄の修に大阪で食べたラーメンのことをメールで聞くことにした。しかし、修からの返信は「おいしいラーメンだ」というものだった。兄の感想を求めてたわけではなかった悠は、自力で思い出そうとするが、うまく思い出せない。そこへ小泉さんが通りがかった。小泉さんは、悠のラーメンを美味しく完食すると、「再現しようとしているラーメンは「おいしいラーメン」ではないか?」と言った。そのラーメンを出している店は東京にも支店があるという。早速、小泉さんと悠はその店に行くことにした。

02

「神座」の「おいしいラーメン」

新宿歌舞伎町の店に着いた悠は、「神座」に「おいしいラーメン」というメニューがあることを知った。運ばれて来たラーメンを食べた悠は、思い出のラーメンの味が「神座」のラーメンの味だったと確信するのだった。熱々のスープと白菜の甘み、香味脂のコクが相まって、小泉さんも悠も箸が止まらなかった。食べ終えた後、スープまできれいに飲みきったどんぶりの底には「おおきに」の文字が見えた。その文字を小泉さんは見つめながら、何かを考えているようだった。
その翌日、小泉さんはラーメンを食べに、大阪へ向うのだった。

『大阪』

03

「麺屋 丈六」のラーメン

04

ナンパを回避するため絢音は小泉さんのボディーガードとなった

大阪旅行中のある日の夜、小泉さんは難波にある「麺屋 丈六」にてラーメンを美味しそうに食べていた。その様子を見ていた女性がいた。

翌日、小泉さんは道頓堀の戎橋にいた。小泉さんは橋を渡りきるまでに、既に10人からナンパされており、うんざりしていた。そこへ女性が、「お待たせ〜、シャルロット。遅れてごめんな〜。そしたら行こか。」と声をかけてくれ、ナンパから助けてくれたのだった。

小泉さん「あの、シャルロットって誰ですか?そして、あなたは誰ですか?」
女性「ふふふ、お嬢ちゃん、見た目シャルロットっぽいやん?さっきからナンパされまくりで、可哀想やったから」

その女性は、昨晩「麺屋 丈六」にて小泉さんを見ていた女性であった。大阪ラーメン(高井田系)について熱く語る小泉さんに感化された女性は、ラーメン食べ歩きに同行を申し出た。小泉さんは断るが、ナンパから逃れられないと分かると、女性にボディガードをお願いすることにした。女性は絢音(あやね)といい、25歳で乙女座のO型と自己紹介した。

絢音「いやぁ、ごめんなぁ。大阪のうまいラーメンとやらを食べてみたいし、うちも今日で最後やから」

そう付け加える絢音を小泉さんは怪訝そうに見つめるのだった。

05

小泉さんが注文した鶏白湯(とりぱいたん)ラーメン

06

絢音が注文した「極濃鶏白湯ラーメン」

心斎橋にある「ぼっこ志」に2人は来ていた。昨日までに「大阪ブラック」と呼ばれる真っ黒な醤油ラーメンを食べ尽くした小泉さんは、今日は新店巡りということで、真っ白な白湯ラーメンを食べていた。
その後、2人は「龍旗信RIZE 大阪なんば店」、「らーめんstyle JUNK STORY」、「麺のようじ」と続けざまにラーメンを食べ歩くのだった。

08

小泉さんが注文した「龍旗信RIZE 大阪なんば店」の「鶏炊いたん塩そば」

09

絢音が注文した「龍旗信RIZE 大阪なんば店」の「塩そば」

07

「らーめんstyle JUNK STORY」の「塩のキラメキ」

10

「麺のようじ」の「鶏白湯らーめん」

4店舗のラーメンを完食後、小泉さんはせっかく大阪に来たからということで、たこ焼きを歩きながら食べた。絢音は「ラーメン食べたら、お酒が飲みたくなってきた」と言うも、「感傷的な気分のときはお酒は飲まない方が良い」と言って、身の上話を始めるのだった。

絢音「うちなぁ、仕事辞めてん。今後は親戚のツテで東京で働く。つう訳で今日は大阪最後の日なんや。好きな事を仕事にしとったけど、いろいろしんどなってなぁ。」

絢音は、昨晩、友達と飲んだものの楽しい気分になることが出来なかった。そこで、昔行ったラーメン屋「ぼっこ志」に立ち寄ったということだった。
続けて、「白湯や塩もええけど、うちはやっぱり醤油やな。ナルトとか乗ってるシンプルなやつ。」と言い、大学時代に行ったラーメンが食べたいが店名が思い出せないと絢音はぼやいた。小泉さんはその店に心当たりがあったので、次はその店に行くことになった。

11

「カドヤ食堂 総本店」の「中華そば」

西長堀にある「カドヤ食堂 総本店」で「中華そば」を注文した2人。以前、鶴見緑地にあったこの店は、数年前に西長堀に引っ越していた。場所は変わったが、以前食べたラーメンより美味しいと絢音は感じていた。

小泉さん「老舗の店ほどラーメンの改良に余念がなかったりしますから」
絢音「同じ様に見えても変化し続けてるんやなぁ」

と、大阪から東京へ引っ越す自分を重ね、心打たれるのだった。

12

「世界一暇なラーメン屋」の「KUROFUNE」

最後に2人は、中之島のオフィス街にある「世界一暇なラーメン屋」に来ていた。絢音はちゃっかりビールを注文した。

小泉さん「感傷的な時はお酒を飲まないのでは?」
絢音「メニューにあったから…いや、ちゃうな。新たな旅立ちの前に25年間住み慣れた街で、かわいいお嬢ちゃんとおいしいラーメン、感傷を通り越して、もぉとっくにめっちゃええ気分やねん!」

絢音は、グラスいっぱいのビールを飲み干し、笑顔で答えるのだった。2人は「KUROFUNE」という大判のチャーシューが乗ったしっかり味の醤油ラーメンを口いっぱいにほお張った。

Koizumisan11

新大阪駅で小泉さんと絢音に出会ったことに驚く悠

店を出た絢音は、小泉さんに自分の連絡先を書いた紙を渡した。そこには「大澤絢音」と書かれていた。絢音は悠と修のいとこだったのだ。小泉さんは何かを感づいた。絢音の引っ越しを手伝う為に、東京からいとこが手伝いに来る予定だということで、新大阪駅に絢音と小泉さんは向かった。小泉さんが予見した通り、悠と修に遭遇した。悠は大阪で小泉さんに会えたことに喜んでいたが、小泉さんは、そんな悠をするりとかわして、その足で東京へ帰るのだった。

noru-hana
noru-hana
@noru-hana

Related Articles関連記事

ラーメン大好き小泉さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』は、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無類のラーメン好きである小泉さんは、日々美味しいラーメンを探求している。しかし、ラーメン以外には全く興味がない。ミステリアスな転入生の小泉さんとクラスメイトである大澤悠、中村美沙、髙橋潤とのラーメンを通した友情が描かれている。 作中のラーメン屋は、実店舗が存在するものばかりで、グルメアニメとしても定評が有る。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画、及びそのアニメ作品。 放課後、小泉さんはトマトラーメンを食べに来ていた。小泉さんはツルツルしたちぢれ麺に絡むほのかな酸味のトマトスープにとろとろのチーズを勢いよく食べていった。隣には悠がおり、その姿を見ているのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第5話『トマトラーメン / ミドリムシ / 行列』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは筑波山に来ていた。木立の中の階段を抜けた先にある道幅の広くなっている山道で、小泉さんはレジャーシートを広げ、ラーメンを食べる準備をしていた。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第9話『山 / 豚野郎 / 背脂』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第2話『北極 / コココココイズミサン』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 ある日の休日、美沙はデートに出かけるが、初めての彼氏に突然フラレてしまう。そこに小泉さんが偶然通りかかる。フラレた現場を見られた美沙は、小泉さんの後を付けて、ラーメン屋に入るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第2話『北極 / コココココイズミサン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 ある日の早朝、小泉さんは煮干しラーメンを食べていた。店外には「我が煮干しに一片の悔いなし」と書かれた提灯が光る。運ばれて来た「すごい煮干しラーメン」を目の前にして、小泉さんは眠そうに小さく「いただきます」とつぶやくのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第6話『朝ラーメン / 冷やし / 博物館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 小泉さんは「水色ラーメン」、悠は「ココアラーメン」を注文した。先に運ばれてきた水色のラーメンを見て、悠は目を見張った。色合いが完全に海外アニメのモンスターの様な鮮やかな色だったからだ。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第10話『未知味の拉麺 / まわるラーメン / 挑戦受付中!!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 悠は小泉さんをワックに誘うが、いつも通りあっさりと断られる。それを聞いた美沙と潤から、ラーメン以外のものを食べている小泉さんが想像出来ないと言われる。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第3話『サイミン / 味集中カウンター / 即席麺』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第7話『全国』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 夏休みが始まり、悠と美沙と潤は遊びや旅行の計画を話し合っていた。悠が小泉さんを誘うが、小泉さんは明日から日本全国に旅行に行くからと断るのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第7話『全国』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 無口で他人と馴れ合わない転校生の小泉さん。彼女に興味をもったクラスメイトの大澤悠が、下校時にあるラーメン屋の前を通りかかると、行列に並ぶ小泉さんに出くわす。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第1話『ヤサイマシニンニクカラメ / まーゆ / こってり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第12話『名古屋 / 再会』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』は、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 美沙と潤が喫茶店でお茶しているところに、悠から潤の携帯に助けを求める電話がかかってきた。名古屋で迷子になったということだった。話を聞いて混乱した潤は、どういう経緯で迷子になっているのか聞くことにした。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第12話『名古屋 / 再会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 放課後、小泉さんはクラスメイトの男子たちから遊びの誘いを受けるが、小泉さんは用事があると言って帰ってしまう。それを見た悠は、小泉さんはラーメン一筋だと男子たちを哀れむが、急に不安になり、小泉さんの後をつけるのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第4話『ていしょくや / 赤or白 / コンビニ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ラーメン大好き小泉さん(第8話『ご当地袋麺 / 家系』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ラーメン大好き小泉さん』とは、鳴見なるによる漫画ならびにアニメ作品。 夏休み中の図書館で潤は小泉さんと偶然会い、夏休みの課題がうまく進まないことについて話をする。図書館からの帰り道、潤はラーメンを眺めに行くという小泉さんに付いて行くのだった。 今回は「ラーメン大好き小泉さん」第8話『ご当地袋麺 / 家系』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents