ポプテピピック(Pop Team Epic)の名言・名セリフまとめ

ポプテピピック(Pop Team Epic)とは、大川ぶくぶによるパロディやトレンドを題材とした4コマ漫画。ポプ子とピピ美等のデフォルメ調のキャラが発する天衣無縫とも言えるセリフの数々を今回は紹介する。

『ポプテピピック』の概要

『ポプテピピック』は、大川ぶくぶによる4コマ漫画。2014年から『まんがライフWIN』にて連載開始。キャッチコピーは『とびっきりのクソ4コマ!』。
2015年の11月に一度、連載を終了するが、その後の2016年の2月からはセカンドシーズンとして再び連載を再開。その後の2017年4月に二度連載が終了してしまうものの、同年の10月からサードシーズンとして連載されている。ファーストシーズン、セカンドシーズンはそれぞれ単行本化されている。

ギャグ漫画にありがちな、いわゆるボケに対するツッコミの概念はほとんど無く、他人を煽ったり、取りあえず有名な作品の一部をパロったりする破天荒中学生ポプ子と、ミステリアスで何かと言動が格好良い謎中学生ピピ美の日常が描かれている。
ポプ子とピピ美がメインでありながら2人が登場せずに、謎のモブキャラクターだけで話が展開される事もあったり、やりたい放題である。

アニメ化もされ、2018年の1月から『TOKYO MX』等で放送されている。アニメではパートの概念は無く、前半に放送したものを後半では声優を変えてオープニングも含めた再放送をしたり、声優のアフレコ現場での台本への罵りの様子を実写にしたり、制作スタッフが声をあてた実写紙芝居劇場を展開したり、絶対に本編で放送される事の無いフェイクアニメの次回予告が毎回あったりと、斬新な見せ方が話題となっており原作よりも破天荒ぶりに拍車がかかっている。
アニメの放送毎、前後編でメインキャラクターであるポプ子とピピ美を演じる声優が変わるのも作品の特徴で、女性キャラクターでありながら男性声優が演じる事もあり、視聴者に見たアニメを間違えたかと思わせる程のインパクトを与える事も。
2016年には全国に展開する『プリンセスカフェ』と期間限定でコラボイベントを行った。

『ポプテピピック』の名言・名セリフ

私だよ、私だよ!! …私だよ!!!!

セカンドシーズンの冒頭のフェイク漫画『☆色ガールドロップ』内のヒロイン・星降そそぐの顔を破りながらポプ子が放った一言。ファーストシーズンが終了し、『まんがライフWIN』では大川ぶくぶによる新連載『☆色ガールドロップ』が告知され、実際に連載がスタートしたが、物語の後半になるとそそぐの様子が急変、「私だよ!!!!」の一言と共にポプ子が現れ、その一種のホラー要素とサプライズに多くの読者は困惑、あるいは驚愕した。この『☆色ガールドロップ』自体がセカンドシーズンの壮大な前フリであり、インパクト抜群のこのセリフがポプ子の破天荒ぶりが健在である事を如実に表している。

アニメでも同様のシーンはあるが、こちらは星降そそぐの顔ではなく、サブタイトルを破って現れるものに変更されている。

竹書房ゥァア゙ーッ

ファーストシーズン最終回でポプ子が発したセリフ。最終回に涙を流しながら悲しむポプ子だが、次のコマにはいきなり咆哮を上げ、巨大化しながら竹書房のビルを破壊し、打ち切られた作者の憤怒を代弁している。最後のコマではピピ美が「ラスボスってこうやって生まれるんだナー」とのん気に静観している。

同様のセリフでは「竹書…房ァ゙ァ゙ーイ゙!!!」「竹書房ォ゙ーイ゙」等のバリエーションも確認でき、ビル破壊等とあわせてポプ子のお家芸となっており、作品の重要なアクセントとなっている。

アタイ…ゆるせへんっ!!

ひき逃げに対してポプ子が言ったセリフ。何故か次のコマでは「ゆるせへん…アタイ……!!」とセリフの順番を入れ替えただけの発言を繰り返す。ピピ美に「巧妙なコマ稼ぎ」と言われ、ポプ子は「巧妙なコマ稼ぎも許せへんアタイッ!!」と言い返し、論点が完全にすり替わってしまう。結局オチは無かった訳だが、読者の多くにエモい(何とも言えない)読後感を与えたこの一言も汎用性のあるセリフと言える。

もしもし。ポリスメン?

ファーストシーズン作品内で竹書房ビル前での一言。ポプ子の「単行本出さゃオッラーン!」という咆哮に対し、竹書房はだんまりを決め込んだ。業を煮やしたポプ子は、竹書房の看板に指定暴力団とペンで書き足し、警察に通報する。ブラックジョークとも言えるポプ子の発言に魅了された読者も多いだろう。

いっぱいちゅき

ファーストシーズンの10話で「私は神だ」「知りたい事何でも教えよう」と言うピピ美に対して、ポプ子は「私のことどれくらい好きか教えて」と質問する。それに対してピピ美が答えたセリフ。返答した際のピピ美の顔が紅潮している一幕が見れる。ピピ美はクールでミステリアスな発言が多い中、このようなポプ子に対するいわゆるデレたセリフは貴重であり、印象に残っている読者も多い。

ああ、血の色をごまかせるな

中学生にも関わらず何故かショールームで車を試乗しながらピピ美が放ったセリフ。セールスマンが「赤い色すてきでしょう」と車の色を褒めたのに対して、にべもなく言い放ったこのセリフはピピ美の隠れた冷酷さを読者に印象づけた。ハイブリットで静かという説明に対しては「ああ、音もなく殺せるな」と臆面もなく返答しており、ピピ美のミステリアスに拍車がかかっている。

あーそーゆーことね完全に理解した

イケメンブスランキングを作ったピピ美に対して、ポプ子が言ったセリフ。イケメンブスランキングの事がよく分かっていないポプ子へ、「こちらの図をご覧下さい」と言うピピ美。最後のコマで「あーそういうことね完全に理解した」と返答するが、矢印で『わかっていない』と補足されてしまう。読者の多くが「あるある」と感じてしまう『知ったかぶり』が上手く表現されているセリフで、思わずクスッと笑ってしまう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポプテピピック(Pop Team Epic)のネタバレ解説まとめ

『ポプテピピック』とは、大川ぶくぶによるギャグ4コマ漫画、およびそこから派生したアニメ作品。WEBコミックサイト『まんがライフWIN』(竹書房)にて、2014年8月より原作シーズン1の連載が開始され、2018年1月よりキングレコード制作でアニメ化された。時事、風刺、ナンセンス、パロディーなど、多様なネタを豊富に盛り込んだ、シュールかつブラックでカオスなギャグが特徴的な作品となっている。

Read Article

ポプテピピック(第12話「THE AGE OF POP TEAM EPIC」)のあらすじと感想・考察まとめ

第12話前半では、ポプ子役に小山茉美、ピピ美役に三石琴乃が担当。後半では、ポプ子役に速水奨、ピピ美役に中田譲治が声をあてていた。最終回ということで、ポプ子とピピ美はラスボスである「キングレコード」と戦うことになる。キングレコードは「ポプテピピック」を美少女アニメにしたかったが、叶わなかったため怒っているのだ。ちなみに声優の蒼井翔太も実写で登場する。 今回は「ポプテピピック」第12話『THE AGE OF POP TEAM EPIC』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第2話『異次元遊戯 ヴァンヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

2話にして初のオープニング初公開、そして第1話とは違うキャストにて放送された。メインストーリー「異次元遊戯ヴァンヴー」では、ポプ子とピピ美がラフスケッチのみで描かれた世界に召喚される。その他制作スタジオを映した実写パートや、NHKの「たなくじ」のパロディネタなども大きく話題になった。 今回は「ポプテピピック」第2話『異次元遊戯 ヴァンヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ポプテピピック』とは、大川ぶくぶによるギャグ4コマ漫画、およびそこから派生したアニメ作品。2018年1月よりアニメ化され、12話まで放送された。シュールでブラックなギャグが特徴的であり、風刺やパロディネタも豊富に盛り込まれている。また、毎話ごとにポプ子とピピ美の担当声優が変わっており、アニメ界の常識を覆すような作品だった。

Read Article

ポプテピピック(第6話『第30期電脳戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

今回のキャストは三瓶由布子さん、名塚佳織さん、梶裕貴さん、下野紘さんという4名だった。 メインストーリーである「第30期電脳戦」では、「ヒカルの碁」のパロディである将棋ネタが放送された。その他「けものフレンズ」などの人気アニメから、芸人「ブルゾンちえみ」のパロディなど、マニアックなネタよりは、大半の視聴者に分かりやすいメジャーなネタが大半を占めていた。 今回は「ポプテピピック」第6話『第30期電脳戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第10話『銀座ホステス探偵』)のあらすじと感想・考察まとめ

第10話前半では、ポプ子役を徳井青空、ピピ美役を三森すずこが担当した。後半では小山力也、ピピ美役として高木渉が出演している。今回のメインストーリー「銀座ホステス探偵」では、「名探偵コナン」のようなサスペンス推理を行っている。その他ジブリの「かぐや姫の物語」パロディや、料理コーナーである「ポプテピクッキング」などもあった。 今回は「ポプテピピック」第10話『銀座ホステス探偵』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第3話『ザ・ドキュメント』)のあらすじと感想・考察まとめ

お約束のキャスト変更に加え、3次元アイドルからプリパラまで、パロディネタも豊富。今回のメインストーリーである「ザ・ドキュメント」では、アイドルに扮したポプ子が登場し、AKBからハロプロまで、多方面からのアイドルネタが盛り込まれている。また1話以来のフランス語コーナーもあり、充実の内容である。 今回は「ポプテピピック」第3話『ザ・ドキュメント』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第7話『ヘルシェイク矢野』)のあらすじと感想・考察まとめ

第7話の声優は、前半では「クレヨンしんちゃん」の兄妹役のこおろぎさとみさん・矢島晶子さんが登場した。後半では数々の乙女向け作品で共演している森久保祥太郎さんと鳥海浩輔さんが担当する。 アニメ本編では、「さてはアンチだなオメー」などの原作ネタの消化から、ボブネミミッミを担当していたAC部の超大作の紙芝居「ヘルシェイク矢野」まで、盛りだくさんの内容だった。 今回は「ポプテピピック」第7話『ヘルシェイク矢野』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第9話『奇跡とダンスを』)のあらすじと感想・考察まとめ

第9話前半では、ポプ子役を中村繪里子、ピピ美役を今井麻美が担当する。後半では斉藤壮馬、石川界人が担当した。アニメ内容としては、アメリカ人の少年がポプ子やピピ美と出会う話「奇跡とダンスを」や、うさぎのお茶会がテーマの「ボブネミミッミ」など、今回も盛りだくさんの内容である。 今回は「ポプテピピック」第9話『奇跡とダンスを』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第4話『SWGP2018』)のあらすじと感想・考察まとめ

第4話では、オリンピックが盛り上がっていた最中で、スケルトンがメインテーマだった。選手であるポプ子の前に様々な敵が立ちはだかるが、またもや今回も視聴者のツッコミが追い付かないほどカオスな展開である。 また、2話以来のぬいぐるみダンスもあった。こちらも「Earth, Wind & Fire」の楽曲「Let’s Groove」が元ネタであり、意味のわかる視聴者は困惑していた。 今回は「ポプテピピック」第4話『SWGP2018』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第8話『飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~』)のあらすじと感想・考察まとめ

第8話前半では、ポプ子役を諸星すみれ、ピピ美役を田所あずさが担当する。後半では小野坂昌也、浪川大輔、そしてサブキャラクター5役を小西克幸が担当していた。 アニメ内容としては、極道パロディの「飯田橋の昇竜~復讐のピピ」や、謎のキャラクター「ベーコンムシャムシャくん」の登場に、ツイッター界も大盛り上がりだった。 今回は「ポプテピピック」第8話『飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第1話『出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

初っ端からはじまる別のアニメ、そして事前に発表されていたキャストが変更されるなど、1話からかなりの注目を集めた。また、大人気映画「君の名は。」のパロディから「となりのトトロ」「るろうに剣心」まで、視聴者のツッコミが追い付かないほどのパロディシーンがあった。 今回は「ポプテピピック」第1話『出会い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第11話『呪館』)のあらすじと感想・考察まとめ

第11話前半では、ポプ子役を水樹奈々、ピピ美役を能登麻美子が担当した。続く後半では郷田ほづみ、銀河万丈が声をあてている。今回のメインストーリーである「呪館」では、ポプ子とピピ美が幽霊役で登場する。ホラー要素もふんだんに含まれていた。そのほかボブネミミッミや料理コーナー「ポプテピクッキング」、さらに第8話でも登場した「エイサイハラマスコイ踊り」も再び登場する。 今回は「ポプテピピック」第11話『呪館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ポプテピピック(第5話『イモ☆ヨバ』)のあらすじと感想・考察まとめ

第5話に出演する声優は、金田朋子と小林ゆうコンビ、そして声優予想アンケートにて1位だった杉田智和と中村悠一コンビである。声優のキャラが濃く、元ネタに忠実なミッキーのモノマネなど、アドリブも満載だった。本編では初のラブコメ展開「イモ☆ヨバ」も放送された。他にも「ときめきメモリアル」などゲーム作品のパロディも登場する。また今回は危険なディズニーパロディにまで挑戦している。 今回は「ポプテピピック」第5話『イモ☆ヨバ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介する。

Read Article

目次 - Contents