喧嘩商売・喧嘩稼業の名言・名セリフまとめ

喧嘩商売・喧嘩稼業は週刊ヤングマガジンに連載中の木多康昭による漫画作品。主人公、佐藤十兵衛を中心に繰り広げられる喧嘩・格闘技を描いた格闘漫画。単なる強さと強さのぶつかり合いだけでなく、戦いを優位に進める為の策略・巧みな心理戦なども描かれており戦闘中の会話などから名言・セリフも多い。

「喧嘩商売・喧嘩稼業」概要

喧嘩商売・喧嘩稼業は週刊ヤングマガジンに連載中の木多康昭による漫画作品。
2005年28号より連載開始、2010年40号で第一部を完結。その後長期休載となるが、2014年2・3合併号より喧嘩稼業とタイトルを改め第二部が開始し連載が再開されている。
主人公、佐藤十兵衛を中心とする様々なキャラクターによって繰り広げられる喧嘩・格闘技を描いた格闘漫画。命懸けの戦いを軸としたシリアスな面に加えて時事ネタや下ネタなども作中に盛り込まれており、そちらに期待しているファンも多い。単なる強さと強さのぶつかり合いだけでなく、戦いを優位に進める為の策略・巧みな心理戦なども描かれ戦闘中の会話などから名言・セリフも多く現実離れした内容にも関わらずリアリティを突くこともあり時としてファン・それ以外も巻き込んだ議論を起こす。

喧嘩商売・喧嘩稼業の名言・名セリフ

最強の格闘技は何か?~今現在最強の格闘技は決まっていない

登場キャラクターのセリフではないが「喧嘩商売」単行本の冒頭に毎回登場するフレーズ。これまでに多数のキャラクターが登場し空手・柔道などをバックボーンに強さ・戦法を披露しており、ファンの間ではそれを元に喧嘩商売・喧嘩稼業強さ議論が展開されている。格闘技最強を決める陰陽(インヤン)トーナメントの全容が明らかになり、出場者が出揃った時にはあのフレーズはこういうことだったのか、とファンから歓喜の声が挙がった。

「お前らコロポックルがやってるのはボクササイズ 」「 格闘家は強くなるために体を大きくしようとするものだがコロポックルどもは弱くなるのに体重を減らして弱いヤツ相手に勝って王者とか言ってるわけだろ 」「減量がきつかっただけに頑張りたいです、これって訳すと自分は弱いんでより弱いヤツ相手じゃないと勝てないので頑張って痩せましたって事だろ」

ヘビー級ボクサー・石橋強が中慮級ボクシング元世界王者・デビル塚山に放った一連のセリフ。
ヘビー級以外はボクシングとして認めない、たとえ世界王者であろうと弱い、減量するのは弱いヤツのやること、という石橋のセリフについて軽量級・中量級でヘビー級を超える試合はいくらでもあるという反論や、その通りだと肯定する意見で賛否両論となり本作で最も物議をかもした名言・セリフとして有名。

「プロっていうのは払った額以上の満足を客に与える事だ!!!」「 お前が客なら金を払って捕まった宇宙人みたいなチビガリの戦いを観たいか?」「一般人とは別次元の強さを魅せつけるのがプロボクサーなんだよ!!!」

こちらも石橋強がデビル塚山に放った一連のセリフ。またしてもヘビー級以外のボクシング・ボクサーを全否定する内容でこちらもファンの間で賛否両論となった。

「横綱は神の依り代といわれている ~ 本当に神というものがいて依り代を必要としているのなら 全人類の中から、いや地球上すべての生き物の中から 神は金隆山を選ぶだろう」

大相撲横綱・金隆山が体重1トンの闘牛を投げた後に太刀持ちが心の中でつぶやいたセリフ。金隆山は現役で生涯無敗、自ら突っ張り・張り手・閂・鯖折りを禁じ手としている。金隆山が今後陰陽トーナメントの戦いでどんな強さを見せるのかファンに期待を抱かせた。

「関は仁王の生まれ変わりなんかじゃねぇぇ!!!!! 関は仁王より強い!!!!!」

柔道オリンピック金メダリスト・関修一郎へ盟友・村井虎四郎が放ったセリフ。卑劣な策略で村井からオリンピック出場枠を奪った金田保と全日本選手権で対戦した関は初めて見せた一瞬の寝技で金田を絞め落とし村井の仇を取る。関の母親は修一郎を仁王の生まれ変わりだと言うが村井はいまだ底を見せない関の強さに仁王よりも強いと脱帽するのだった。格闘漫画では地味な部類として描かれる事が多い柔道キャラだが、このセリフで関がこの後陰陽トーナメントで一味違う強さを見せてくれるのかファンに期待させた。

「プロの厳しさを教えてやるとか言ってたから…世間の厳しさを教えてやろうと思って…」

元プロレスラーの総合格闘家・反町隆広のセリフ。大和プロレス入門テストに合格した反町にコーチ兼選手の薩摩柿ノ介はテスト後のスパーリングで「プロの厳しさを教えてやるから本気でかかってこい」と余裕を見せるが反町に肩を外され絞め落とされる。止めに入った先輩レスラーに反町はこのセリフを吐く。この後も反町に薩摩がやられる場面が何度も登場しファンからは面白い、鉄板と評価され「薩摩さんは登場するたびに反町さんに腕を折られてほしいです」という声もある。

「こんな卑怯なヤツ初めてだぜ」「そんなに褒められると照れるんだけど」

佐藤十兵衛と忍術・梶原柳剛流の梶原修人の会話。2人は陰陽トーナメントにエントリしており十兵衛は梶原の使う毒「屍(かばね)」を利用して戦いを有利に進めようと考え梶原に取引を持ち掛ける。勝つためには手段を選ばない十兵衛だが、梶原も同じく勝つために様々な策略を講じるタイプで駆け引きには長けており十兵衛は思惑通りに取引を進めることはできなかった。しかし毒を使ってまで勝とうとする梶原に卑怯者と言わしめたことで十兵衛は主人公でありながら最も卑怯なキャラ、とファンに印象づけた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents