『ZARD』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

1

ZARDとは、ボーカルを務めていた坂井泉水氏を中心とした日本の音楽ユニットである。
結成当初は坂井氏を含め5名のグループだったが、結成から約1~2年の間に坂井氏以外のすべてのメンバーが脱退し、坂井氏が逝去したあとは残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどの活動がプロデューサーの長戸大幸氏を中心とする制作スタッフによって続けられている。

概要

街頭でスカウトされてモデル活動をしていた坂井泉水氏が、テレビドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌歌手として抜擢されてメジャーデビューしたことから活動が開始する。デビュー当時は坂井氏のソロユニットで、楽曲制作に不慣れな坂井氏をプロデューサーの長戸大幸氏がサポートしていた。

その後、2ndアルバム『もう探さない』からバックバンドの4人(ギターの町田文人氏、ベースの星弘泰氏、ドラムスの道倉康介氏、キーボードの池澤公隆氏)がクレジットされ、約1年の間、これらのメンバーが脱退するまでボーカルの坂井氏とバックバンド4名の計5名で『ZARD』として活動していた。

ソロユニットに戻った後にも多数のミリオンヒットを達成している。特にアルバムでは9作が連続でミリオンを達成しており、これは史上最多記録である(オリコン調べ)。

2006年に42ndシングル『ハートに火をつけて』を発売し、その直後に坂井氏が子宮頸がんで入院。その後、手術で一度は回復に向かったのだが、翌年にがんが転移していることがわかり長期治療をしなければならない状況となってしまった。しかし、2007年の5月に、坂井氏が入院先の病院で散歩中に階段から転落。後頭部を強打し、そのまま帰らぬ人となった。このことはファンだけでなく、日本中に衝撃を与え、ファンを中心にたくさんの人々が深い悲しみに包まれた。

坂井氏の逝去後は、プロデューサーの長戸大幸氏を中心とするスタッフによって活動が続いていて、2007年12月に坂井氏の遺作となる43ndシングル『グロリアスマインド』が、そして2017年には未発表のセルフカバーである『翼を広げて』を最後の新曲として発表した。
それ以降はフィルム・コンサートやベストアルバム制作などの活動をしており、2016年2月10日にデビュー25周年を迎えた。

ZARDの名前の由来

『ZARD』という名前は『blizzard』『hazard』『wizard』といった英単語から取っていて、響きや語感が良いことからつけられた。
なお、プロデューサーの長戸大幸氏が命名したということがファンクラブの会報で明らかにされてる。

この命名について坂井氏はテレビの情報番組『おはよう朝日です』にゲスト出演した際に『Zから始まるバンド名はハードな響きがあることで決まっていた』などとコメントしている。

メンバー

坂井泉水(さかい いずみ)

2

1967年2月6日生まれのA型。両親と弟と妹の5人家族である。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。
20代前半まではモデルやレースクイーンとして活躍していたが、歌手になりたいという夢を持ち続け、1991年にZARDとして歌手デビューを果たす。
ZARDとしての所属事務所はビーインググループのレコード会社『B-Gram RECORDS』である。
日本中で大ブレイクした『負けないで』や『マイフレンド』などの数々のヒット曲を発表した。

2007年5月27日に入院先の病院で散歩中、スロープから転落したことによる脳挫傷で死去。満40歳没。
彼女の死は日本だけでなく、海外のファンへも大きなショックと悲しみを与えた。

旧メンバー

それぞれのメンバーの脱退は、公式には発表されていないのだが、脱退以降は発表された作品のクレジットには記載されていない。

町田文人ーギター担当。1993年4月に発売された『君がいない』の後に脱退。
星弘泰 ーベース担当。1992年に発売された『IN MY ARMS TONIGHT』のレコーディング後に脱退。テレビの仕事は、1992年9月放送のフジテレビ系『SOUND ARENA』での出演が最後となっている。
道倉康介ードラムス担当。ベースの星氏と同じ『IN MY ARMS TONIGHT』のレコーディング後に脱退。テレビの仕事も『SOUND ARENA』での出演が最後となっている。
池澤公隆 ーキーボード担当。ギターの町田氏と同じ1993年発売の『君がいない』後に脱退。

代表曲

負けないで

1993年にリリースされた6枚目のシングル。ZARDという音楽ユニットの知名度、人気を爆発的に上げた、ZARD最大のヒット曲でもある。
日本テレビ系列『24時間テレビ「愛は地球を救う」』内のチャリティーマラソンでは、出場者のゴール直前に出演者で合唱することが定番となっている。
また、同じ日本テレビ系列である『第13回全国高等学校クイズ選手権』というテレビ番組のエンディングテーマ曲にも使用された。
ほかにも様々なテーマ曲に起用されており、国民的に人気のある楽曲となっている。
なお、この曲のミュージックビデオは、日本青年館で撮影された。

揺れる想い

前述した『負けないで』と同年である1993年に発売された。ZARDの8枚目のシングルとなる。
ZARDのシングルとしては『負けないで』に次ぐヒット曲となっている。こちらの曲も『負けないで』ほどではないが知名度が高い人気曲。
清涼飲料水『ポカリスエット』のCMソングに起用され、ZARD初の初登場1位を記録した曲でもある。ちなみに『ポカリスエット』のCMソングでは歴代1位のヒット曲である。

マイフレンド

前述した2曲とは少しあとの、1996年に発売された17枚目のシングルである。
テレビアニメ『SLAM DUNK』のエンディングテーマに起用され、ZARD初のアニメ主題歌となった。
2007年に日本テレビ系で放送された『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では『負けないで』『揺れる想い』と共に坂井氏の追悼コーナーで女性出演者達によって歌われた。

オリジナルアルバム

Good-bye My Loneliness

3

1.Good-bye My Loneliness
2.愛は暗闇の中で
3.恋女の憂鬱
4.Oh!Sugar Baby
5.女でいたい
6.It's a Boy

デビューからわずか2ヶ月で発売されたデビューアルバム。
この時はアーティスト名が本来の『ZARD』ではなく『Zard』という表記になっている。
デビュー曲である『Good-bye My Loneliness』や、テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニング主題歌及び映画主題歌に起用された『愛は暗闇の中で』などが収録されている。

keeper
keeper
@keeper

Contents