目次

  1. 世界観
  2. 『サグ』と『ナユグ』
  3. 新ヨゴ皇国
  4. カンバル王国
  5. ストーリー
  6. 「女用心棒バルサ」
  7. 「逃げる者・追う者」
  8. 「トロガイの文」
  9. 「チャグムの決意」
  10. 「渇きのシュガ」
  11. 「結び目」
  12. 「夭折」
  13. 「いにしえの村」
  14. 「逃亡」
  15. 「狩穴へ」
  16. 「ジグロ・ムサ」
  17. 「目覚めの季」
  18. 「シグ・サルアを追って」
  19. 「最後の希望」
  20. 「宴」
  21. 「旅立ち」
  22. 登場人物
  23. バルサ
  24. チャグム
  25. トーヤ
  26. サヤ
  27. タンダ
  28. シュガ
  29. トロガイ
  30. 二ノ妃
  31. ジグロ ・ムサ
  32. カルナ・ヨンサ
  33. ヒビ・トナン
  34. ガカイ
  35. モン
  36. ジン
  37. ゼン
  38. ユン
  39. ライ
  40. ヒョク
  41. タガ
  42. スン
  43. 一ノ妃
  44. サグム
  45. 刀鍛冶
  46. ニムカ
  47. ソウヤ
  48. カルボ
  49. セーナ
  50. タンドル
  51. テホイ
  52. ジュロ
  53. テホイの部下
  54. ヨナ・ロ・ガイ
  55. 作品に登場する小物など
  56. シグサルアの花
  57. 大松明
  58. 火矢
  59. 長槍
  60. ラ・ルンガ
  61. ニュンガロイムの卵
  62. 用語解説
  63. サグ
  64. ナユグ
  65. 水妖
  66. 精霊の卵
  67. 星読博士
  68. 狩人
  69. 無人
  70. 乾の相(かわきのそう)
  71. 魂抜け・魂呼ばい
  72. 結び目
  73. 宴の地・サーナン
  74. 春の等しき日
  75. 青池
  76. シグ・サルア
  77. ナージ
  78. 狩穴
  79. 王の槍
  80. ルチャ

世界観

『サグ』と『ナユグ』

この物語の世界には、人々が生活するこちら側の世界である『サグ』と普通の人では見ることもかなわない、あちら側の世界『ナユグ』がある。
この二つの世界は時に重なり、時に離れたりしながらも同時平行的に存在しお互いに影響しあっており無関係の存在ではない。この世界で生きる呪術師はあちら側の世界ナユグを見たり、ナユグの住人と会話をしたりできる。

この物語は、100年に一度ナユグの生き物である『水の精霊』が寿命をむかえる時にサグの生物に次代の『卵』を産み付けることで始まる。水の精霊は本来、サグに水の恵みをもたらす。もし精霊の卵が無事孵化しなければサグは大かんばつをむかえてしまうのだ。しかし、人々は本来の歴史を忘却し、水の精霊を『水妖』と呼び大かんばつをもたらす存在だと思っていた。そんな水の精霊の卵がよりにもよって新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムの体内に産み付けられてしまったのである。

新ヨゴ皇国

先住民族ヤクーの住む地に、200年ほど前に南方にあるヨゴ皇国から王位継承権争いを忌み、新しい国土を求めて渡ってきた聖祖トルガルがヤクー人たちからの願いを聞き届けヤクー人を苦しめる化け物『水妖』を倒した、という体裁で歴史を作り、その優位性をもってヤクー人から支配権と土地を奪い樹立したヨゴ人による新国家。
200年後の現在、ヨゴ人とヤクー人は混血が進み、純粋なるヤクー人は山奥などわずかにしか存在しなくなっている。

カンバル王国

新ヨゴ皇国の北方、青霧山脈を越えた先にある国。バルサやジグロの祖国。
国土の大半は山地で、土地はやせほそりほそぼそと酪農などをして人々は暮らしている。
カンバル王を中心として9つの氏族からもっとも精強な武人によってなる『王の槍』が王直属の側近として仕えている。

ストーリー

「女用心棒バルサ」

3840010d4b917dfd494

2年ぶりに新ヨゴ皇国にやってきた短槍使いの女用心棒バルサ。ヨゴ皇国は田植えの季節。人も土地も穏やかだった。旅を続けてきたバルサも一時の平穏を味わう。
橋に差し掛かったとき、皇族を載せた牛車の牛が暴れ皇族の子が川に投げ出されてしまい、バルサはとっさに救出に向かう。

皇子を抱えるも、流される牛に巻き込まれ濁流に沈む。その時、不可思議な力がバルサと皇子を包み込んだ。

不可思議な力に守られ、無事、王族の子を救出したバルサ。
その後、バルサに皇族の使いがやってくる。遣わしたのは皇子の母、二の妃だった。命を救った礼にと豪勢な食事によって歓待を受けたバルサ。夜分、寝入りかけたところに、なんと二の妃自身が皇子を伴って忍んでやってくる。
皇子の名はチャグム。チャグムは得体の知れぬ存在にとり憑かれた身であったのだった。それを聞きつけた父帝は得体の知れない存在を『水妖』と予想。水妖の出現によって世界に大干ばつを起こすと言われており、国家の安寧を脅かすものとしてチャグムは命を狙われていたのだ。既に幾度か命を狙われており、先の牛車の謎の暴走も事故を装った帝からの暗殺で、逃れるためにはもはや姿をくらますしかなかった。そこで腕利きと評判のバルサを見込んで二の妃はチャグムを連れて逃げてほしい、というのだ。
とんでもない事態に巻き込まれることとなったバルサだが、やむをえないと二の妃の願いを聞き入れる。そしてただちにチャグムの住まいである二の宮に火をかけさせて、帝の目をくらませ逃走を開始する。
何より、バルサにはひとつの誓いがあったからだ。バルサは8人の命の犠牲の上に生き延びており、その償いのために8人の命を救うという誓いを立てていた。そして、チャグムこそがその8人目だったのである。

「逃げる者・追う者」

Mb02c124 t2 34

焼け落ちんとする二の宮をチャグムを連れて脱出するバルサ。バルサはとりあえず顔なじみである、頼まれ屋という仕事で生計を立てる孤児トーヤとサヤの家に身を隠し、旅立ちの準備を始める。
一方、炎上する二の宮を見つめる一人の人物がいた。若き英才にして将来を期待される星読博士シュガである。
聖導師と話すシュガ。聖導師は女用心棒がチャグムを連れて逃れたであろう事を知っていた。また、チャグムに取り憑いた異変は『水妖』であること。チャグムを連れ戻したあかつきには、『水妖』を唯一滅ぼしうる聖なる帝の手によって倒さねばならない、と語る。それはすなわち、父の手によって子の命を絶つ、ということに他ならなかった。
聖導師はチャグムを密かに奪回するため、帝と聖導師しか存在を知らない影の実行部隊『狩人』を討手(うって)としてバルサに差し向けるのであった。

60401918

夜分、出立するバルサとチャグム。しかし、その夜は二つ月の晩だった。2つの月が世界を照らし、夜にも関わらず明るかった。しかもそこは水田で身を隠せる場所もなかった。
そんな二人に狩人がせまる。
チャグムを先に逃がし、4人もの狩人に囲まれながらも奮戦するバルサ。狩人は完璧に統率され常人離れした戦闘能力をもつ恐るべき武人だった。幾度かの打ち合いによって前々から修繕が必要だった槍がついに壊れてしまう。狩人の刀を腹部に受けながらも渾身の力で反撃、昏倒させチャグムとはぐれて森に逃げ込む。
狩人の一人、ジンは木に隠れていたチャグムをたやすく捕獲した。若い頃厳しい鍛錬で傷ついたジンにお菓子を与えてくれたチャグムに恩義を感じていたジンは、帝の手にかかる不幸にあわせるくらいならどれほどの罪業になろうとも自分の手で、とチャグムに刃をつきたてようとする。だがまさにそのとき、最後の力を振り絞って駆けつけたバルサがジンを打ち倒し、チャグムを救出することに成功する。とはいえ、最後の力を使い果たし道端に倒れたバルサはチャグムに薬師で生計をたてるタンダに救援を求めるよう息も切れ切れに言う。
皇宮を一歩も出たことがなかったチャグムに、夜の森の歩行は困難は極めた。しかし、バルサの身を案じ必死に駆けタンダの家、山小屋にたどりつく。

「トロガイの文」

Mb05 c010 t1 1  1

バルサがタンダによって救われ、手当てを受けている頃。タンダの師匠にして稀代の呪術師トロガイはあちらの世界『ナユグ』の住人と接触、世界の異変の原因が『卵』にあると知る。そして、トロガイを狙っていた狩人2人を赤子の手をひねるかのごとくあっさり意識を奪うと、世界の異変を知らせるべく聖導師に文を送る。なぜなら、それ以前に二の后から相談をうけたシュガがトロガイにチャグムにとり憑いた存在について助言を求めて文を送っていたこともあり、皇国とトロガイは無関係ではなかったからだ。しかし、聖導師は自身の地位を誇るあまり、ヤクー人であるトロガイを蔑視していたのだ。だが、世界に起こりつつある異変を知らせるトロガイの文を軽視できず、新ヨゴ皇国建国の偉人大聖導師ナナイの遺した碑文解読の命をシュガに下す。
タンダによって治療を受けるバルサ。はじめて空腹というものを知るチャグム。狩人に顔を覚えられてしまい街から脱出したトーヤとサヤも無事に合流を果たし食事をとっていたとき「卵卵」とつぶやくトロガイがタンダの家、山小屋に入ってくるのであった。

二の后からの文によりある程度は状況を知っていたトロガイ。チャグムの中に宿っているのが卵『精霊の卵』であることを山小屋にいる一同に教える。それは、こちらの世界『サグ』では水妖と呼ばれあちらの世界『ナユグ』では『ニュンガ・ロ・イム』と呼ばれるもの。新ヨゴ皇国に古くから住む先住民ヤクーの民が『水の精霊』と呼ぶ存在が100年に一度産み付けるものであった。そして、その卵を産み付けられたものをナユグでは『ニュンガ・ロ・チャガ』、ヤクーでいうところの『精霊の守り人』と呼んでいた。

Mb06 c027 t1 05

朝、見た目を変えるべく髪を切り、平民になりきるチャグム。生き延びるためと理解はしつつも、もはや戻れぬ生活を実感し涙をこぼす。
一方、狩人たちはカンバル出身のバルサなら青霧山脈を越えるはずと見当をつけ、狩人のモンとゼンが追う。そして、やがてついにバルサの姿をとらえる。
逃げるバルサ、しかし、まだ傷が完全には癒えておらず馬を走らせるにも苦労をする。そんなバルサをモンの刀が捉えんとした、まさにその時、巨大な狼がバルサたちをくわえ、毒霧に包まれた谷底に落ちてしまうのであった。
谷底に落ちてしまった皇子を救わんと、思わず毒霧が立ち込める谷底を下ろうとするモンをゼンが押しとどめた。青霧山脈に、皇子奪還に失敗したモンの絶叫が響くのであった。