目次

  1. プロフィール
  2. 結成
  3. メジャーデビュー
  4. カート・コバーンの死
  5. 主要メンバー
  6. カート・コバーン
  7. クリス・ノヴォセリック
  8. デイブ・グロール
  9. オリジナルアルバム
  10. 『BLEACH』
  11. 『NEVERMIND』
  12. 『IN UTERO』
  13. 代表曲
  14. 『Smells Like Teen Spirit』
  15. 『Heart-Shaped Box』
  16. 『Come As You Are』
  17. 『You Know You're Right』
  18. 『Rape Me』
  19. 関連リンク

プロフィール

結成

X 8f2b82bc

1987年、アメリカのワシントン州アバディーンで、ギターヴォーカルのカート・コバーン、ベースのクリス・ノヴォセリックを中心に結成される。
ドラマーは次々と入れ替わったが、最終的にチャド・チャニングに落ち着いた。

1989年、独立レーベルのサブ・ポップと契約を交わし、1stアルバム『BLEACH』をリリースした。
直後、技術的な問題からチャド・チャニングを解雇し、新たにデイブ・グロールをドラマーとして迎えた。

メジャーデビュー

Nirvana 1993 poster grungecake thumbnail

1990年、メジャーレーベルのゲフィン・レコードと契約する。
1991年、2ndアルバム『NEVERMIND』をリリースし、ビルボードで1位を記録した。
シングル『Smells Like Teen Spirit』がMTVで繰り返し放映され、人気絶頂だったヘヴィメタルを退けて、グランジの時代の幕開けとなった。

カート・コバーンの死

012 720x480

人気絶頂だったニルヴァーナだったが、カートのヘロイン中毒の問題があり、一時活動停止となった。それでも、1993年には3rdアルバム『IN UTERO』をリリース。アメリカとイギリスのチャートでトップを記録した。

ドラッグを常習していたカートは自殺未遂を繰り返していたが、ついに1994年4月5日、シアトルの自宅でショットガンで頭を撃ち自殺してしまった。
絶大な人気を誇るフロントマンを失ったことで、ニルヴァーナは解散となってしまった。

主要メンバー

カート・コバーン

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%b3

ヴォーカル兼ギター担当。
音楽業界の商業主義に反発していたが、自身が商業的な成功を収めたために、葛藤を感じていた。
ありのままの自分を表現するスタンスは、グランジの象徴ともいえる。
双極性障害と薬物に苦しんでおり、27歳の若さで自殺してしまった。

クリス・ノヴォセリック

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9

ベース担当。
セックスピストルズといったパンクバンドを好んで聴いていたことがきっかけで、カート・コバーンと出会った。
バンド解散後は、スウィート75、アイズ・アドリフトといったバンドを結成したが、人気が出ず、一時は音楽活動から離れていた。
2010年には、デイブ・グロールのバンド・Foo Fightersのレコーディングにゲスト参加した。

デイブ・グロール

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%96 %e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab

ドラム担当。
元々はスクリームというバンドで活動していたが解散してしまったため、ニルヴァーナのオーディションを受けて見事加入が決定した。
バンド解散後は、Foo Fightersを結成し、ヴォーカル兼ギタリストを務める。
Foo Fightersは総売り上げが2,000万枚以上を記録し、グラミー賞を11回受賞するほどの人気バンドとなっている。

オリジナルアルバム

『BLEACH』

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%81

1. Blew
2. Floyd, The Barber
3. About A Girl
4. School
5. Love Buzz
6. Paper Cuts
7. Negative Creep
8. Scoff
9. Swap Meet
10. Mr. Moustache
11. Sifting
12. Big Cheese
13. Downer

1989年にリリースされた1stアルバム。
当初は40,000枚ほどしか売れなかったが、『NEVERMIND』がリリースした後、1992年にリマスター版が発売されると、全米89位を記録した。結果、全世界で230万枚以上のセールスとなった。