目次

  1. オブチ
  2. オブチ→うんこちゃん
  3. うんこちゃん
  4. うんこちゃん(生主)
  5. うんこちゃん→加藤純一
  6. 加藤純一

オブチ

伝説の始まり。
彼がオブチとしてまず最初に投稿した動画。よく見てみると、このころからすでに彼の特徴が現れたりしています。
しかし、この動画はさほど有名にはならず。
真の伝説はこのあとから始まります。

オブチ→うんこちゃん

ポケモン六画面実況プレイ。
オブチとして始まり、そして名前がうんこちゃんとして固まったのはこのシリーズです。
動画ではオブチと名乗っていますが、投稿者の名前としてはうんこちゃんと名乗っていたので、視聴者からの呼称はうんこちゃんと固定。
いつからか、自分自身でもうんこちゃんと名乗るようになりました。

うんこちゃん

名前がうんこちゃんに固定されてからも動画投稿を続けました。
しかし、うんこちゃんの動画投稿としてはこれらと6ポケで最後に。
投稿中もちょくちょく配信はしていましたが、以降は完全に生配信主のうんこちゃんとして活動を続けていきます。

うんこちゃん(生主)

さて、一度はアカウント・コミュニティを削除してしまったうんこちゃん。
しかし、彼はそう間を置かずにネットの世界に帰ってきました。
以降、ゲーム配信や雑談、さまざまな企画をニコ生他、さまざまな生配信サイトで行っていました。

この生主時代のうんこちゃんが一番長く、数年間はこの形式で行われていました。
さまざまな事情から、引退→復帰を数回繰り返し、引退すると言っても視聴者から、次はいつ帰ってくるのかと言われる程度には信用されていない(ある意味されている)ような感じでした。

そしてニコ生や、配信録画がアップされるニコニコ動画でも大人気となっていったうんこちゃんは自身のチャンネルを手に入れます。

CH.NICOVIDEO.JP

数いるニコ生主の中でも一握りの人しか得ることの出来ないニコニコチャンネル。
しかし、彼は生配信の利便性のためにチャンネルを手に入れたとし、本来なら会員費や有料配信などでお金を稼ぐことの出来るチャンネルを持ちながらも、それによって手に入るお金は全額寄付をすると公言。
しかし、この善意が悲劇を生みます。

うんこちゃん→加藤純一

外国の大使館に寄付をしにいった直後、予想だにしていなかった悲劇に見舞われます。
ニコ生主ということも暴露し、度々配信にも存在が確認されていた当時の恋人・通称ゴロリ氏が、なんとその大使館に寄付をしたのだという旨の発言をツイッターでしてしまうという事件が。
当然、それは視聴者によって発見され、うんこちゃんの本名(正確にはその一部)と、ゴロリ氏の本名が暴露するという事件が起きてしまいました。
これにより、うんこちゃんは自身の活動を一から見直す覚悟を決めました。

加藤純一

そしてうんこちゃんは、本名が加藤純一であると自ら暴露。
ここから、うんこちゃんであると同時に加藤純一でもあるという状態に。
とはいえ、活動が今までとほぼ変わらず、ゲームや雑談などをしていました。