目次

  1. あらすじ
  2. 久しぶりに純粋な恐怖を見た気がした
  3. ワンアイデア押しは変わらず、できればもう1つツイストが欲しかった
  4. まとめ

あらすじ

Thevisit

休暇を過ごすため田舎にある母方の祖父母の家を訪れた姉弟は、優しく穏やかな二人に歓迎されるが、三つの奇妙な約束を伝えられる。楽しい時間を過ごす、好きなものは遠慮なく食べる、そして夜9時半以降は部屋から出てはいけないという内容だった。しかし、夜に変な気配を察知し起きてしまった姉弟は、恐怖のあまり約束を破ってドアを開けてしまい……。

出典: MOVIES.YAHOO.CO.JP

久しぶりに純粋な恐怖を見た気がした

Vi 011

この映画には幽霊も怪物も登場しませんし、また超常現象も起こりません。存在するのは生身の人間のみ。だからこそこの映画は怖いんです。ひたひたと背後から忍び寄る足音をそっと振り返るような描写が続き、POV方式によって姉弟の生の恐怖が切り取られています。やはり魅せ方が抜群に上手い。間の取り方といいカメラワークといい、恐怖の演出の仕方が巧みすぎて息をするのを忘れてしまいます。

何かが起こりそうで起こらない。確かに派手なシーンはありませんが、恐怖は存分に味わえます。得体のしれないものへの恐怖というものが余すところなく描かれており、純粋なホラーというものを久しぶりに感じることができました。できれば夜中、部屋を暗くして観てほしい一作。背筋がうすら寒くなります。

ワンアイデア押しは変わらず、できればもう1つツイストが欲しかった

Visit photo2 large

シャマラン監督といえば終盤のどんでん返しがもはや定番と化していますが、それはこの映画にも言えることです。どんでん返しは気持ち良いし、騙されれば映画の評価もグンと上がるのですが、この監督の場合はどんでん返しが比較的予測しやすく、またツイストがそのたった1つだけで終わってしまうのが難点。ジェットコースターの一際大きな降下があって、そのままゴールへと一直線に下っていってしまいます。もう1つくらい波が欲しい。

序盤から中盤終わりまでの雰囲気が抜群だっただけに、終盤の展開が惜しい。そもそもなぜそうなったのかの部分も説明不十分で、消化不良の感は否めません。多分こんな感じだろうなという予測はたつものの、あくまでそれも予測の範疇に留まるものとなってしまい、できれば根拠となる部分をはっきりと示さないまでもぼんやりと思い描けるだけのヒントは転がしてほしかった。ラストは弟のラップで締め。遊び心があって割と好きなエンディングでした。

まとめ

ホラーとしての雰囲気はさすがと言えます。大味な恐怖演出のホラー作品が多い中でこの作品は頭2つ分くらい飛び抜けていますね。だからこそ終盤の展開が惜しいとも言えるのですが。ホラー作品にそれなりに接している方は全体を通してみれば物足りなく感じられるかもしれません。しかしホラーをあまり観ていない人などは間違いなく楽しめるでしょう。監督が有名なだけに評価が厳しくなってしまう部分もありますが、普通に観れば十分平均以上の作品ですからね。興味のある方はご観賞ください。