目次

  1. ポイントその1! 事前の準備をしっかりとする!!!
  2. 必要な持ち物一覧表!!!
  3. ポイントその2!! まわり方を決めておく!!! 
  4. ポイントその3!! 当日の動き方のコツ!!!
  5. 最後に…

ポイントその1! 事前の準備をしっかりとする!!!

Rijf2014 025

最高に楽しむためには持ち物などの準備をすることが不可欠です。
しかし、何を持っていったらいいかわからない…という人はぜひこのリストをご覧ください!!!

必要な持ち物一覧表!!!

1. タオル

まずはタオル! 汗を拭きとるのにもライブを盛り上げるにも防寒にも大活躍!!
自分の好きなアーティストを主張するもよし、そのフェス限定のタオルを買って楽しむのもよし!! 自分流のスタイルを追求しよう!!!
フェスでは1日中身に着けることになるので、2~3枚持っていくのがベスト◎

2. 動きやすい服装

ライブを楽しむためには動きやすい服装が不可欠!!!
夏場はTシャツ(出演アーティストやフェスのグッズを着用している人が多め)1枚で十分。
冬場など肌寒い時期にはインナーが活躍すること間違いなし!!!
パーカーなど羽織るものがあれば体を冷やすことがないので便利ですね☆
また、靴にも注意。
ヒールなどは危険なため、マナーとして避けるべき。スニーカーや運動靴がベスト。
こちらも替えが必須。かさばらない2~3枚前後が目安になるかと!

3. モバイルバッテリー

多くの方は友人と行かれると思いますが、大人数いるフェスでははぐれることも多く、特に初めてのときは充電があっさりきれてしまうことも…。
緊急用に1つは持っておくと安心です。
(ライブが終わった後の集合場所などを細かく決めておくと充電を使わず、スムーズに動けます!)

4. ポケットポーチ

特に初めて行く方は忘れがちですが、必需品の1つであるポケットポーチ。
携帯やクローク(荷物を預け入れる場所)の控え、鍵や小銭などの小物を保管するときに活躍してくれます。
飛んだり跳ねたりするライブでも邪魔にならないタイプを用意しよう!!!
大抵は会場のグッズで販売されていることが多いので、持ってない人はチェックしよう。

5. ボディペーパーなど

フェスは出演者・スタッフ・そして参加しているすべての人々が楽しむ環境。
そのため、ある程度のエチケットは必要でしょう。
ボディーペーパーなどは忘れがちですが、用意が必要です。
他の参加者とも一緒に楽しめるように、準備を怠らないようにしましょう!!!


他にも、好きなアーティストのリストバンドやラバーバンドを持っていくとさらに楽しいかも!!!
自分流のスタイルを追求していくと、思いがけない出会いがあるかも…?
(共通の好きなアーティストのグッズを持っていて、それがきっかけで友達になるなんて事例もあったりしますからね!)

前の晩は早く寝ることをおススメします。
万全の体調でフェスを楽しもう!!!!!

ポイントその2!! まわり方を決めておく!!! 

Rijf2014 158

フェスではお目当てであったり、気になっているアーティストを生で見ることができます。
ですが、残念ながら「タイムテーブル」というものが存在するため、自分の好きなように回ることはできません。
そこで、ある程度まわり方の予定を立てておくことが必要になります!!!

確認するポイントは3つ!!!


1.出演時間
どの時間にそのアーティストが出るかをチェック!!

2.ステージ
フェスではステージがいくつも存在します。
どのステージでやるのかによって予定の立て方も大きく変わります!

3.優先順位
人によって、どのアーティストがどれだけ見たいかは変わってくるはず。
自分で予定を立てるときも、
「絶対見たいアーティスト」・「なるべくみたいアーティスト」・「見れたらいいなというアーティスト」
の3段階に分けておくと当日の柔軟性も利きやすく、便利です◎

ポイントその3!! 当日の動き方のコツ!!!

Rijf2014 077

まず、会場についたらはぐれたときの待ち合わせ場所と連絡方法を確認しましょう!!!
せっかくのフェスを楽しめなくなってしまう可能性があります。

そして、早めに着いて各ステージの場所と、行き方を確認しましょう!
移動をスムーズにするためにも、最初のチェックは肝心です!!

あとは、立てた予定をベースに満喫すればOK!!!

各フェスによって名所や「フェス飯」と呼ばれる名物などがあったりするので、プレイガイドなどをチェックしておきましょう!
休憩の合間にいろんなブースを回ったりできると、フェスをより楽しむことができるでしょう!!!

最後に…

フェスは参加している全員で楽しむものです!

自分だけでなく、他の参加者たちにも楽しめるように心がけておくと良いでしょう◎

あとは、予定にとらわれず、柔軟に動くことも楽しむポイントの1つ!
思わぬ出来事があったりするのもフェスの醍醐味です!!

自分なりにフェスの世界を満喫しましょう!!!


読んでくれた皆さんがフェスを楽しんでくれることを祈っています☆

%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3