目次

  1. 「クリード チャンプを継ぐ男」が傑作すぎて震えた!!
  2. 一気に観たら「ロッキー」シリーズの評価が大いに上方修正された!!
  3. 「ロッキー」
  4. 「ロッキー 2」
  5. 「ロッキー 3」
  6. 「ロッキー 4/炎の友情」
  7. 「ロッキー 5/最後のドラマ」
  8. 「ロッキー・ザ・ファイナル」
  9. まとめ|「クリード」を観たら「ロッキー」シリーズは必ず掘り返すべき!!

「クリード チャンプを継ぐ男」が傑作すぎて震えた!!

往年のロッキーファンをも唸らせた「クリード チャンプを継ぐ男」。予告編と概要はこんな感じ。

シルベスター・スタローンを一躍スターに押し上げた代名詞「ロッキー」シリーズの新たな物語。ロッキーのライバルであり盟友であったアポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソンが主人公となり、スタローン演じるロッキーもセコンドとして登場する。自分が生まれる前に死んでしまったため、父アポロ・クリードについて良く知らないまま育ったアドニスだったが、彼には父から受け継いだボクシングの才能があった。亡き父が伝説的な戦いを繰り広げたフィラデルフィアの地に降り立ったアドニスは、父と死闘を繰り広げた男、ロッキー・バルボアにトレーナーになってほしいと頼む。ボクシングから身を引いていたロッキーは、アドニスの中にアポロと同じ強さを見出し、トレーナー役を引き受ける。アドニス役は「フルートベール駅で」の演技が高く評価されたマイケル・B・ジョーダン。同じく「フルートベール駅で」で注目された新鋭ライアン・クーグラーが、監督・脚本を務めた。

出典: EIGA.COM

ロッキーの永遠のライバルであり、親友でもあるアポロ・クリードの息子アドニスが、ロッキーの助けを借りてアイデンティティを確立していく物語。。ということで、往年のロッキーファンは「ロッキー」初作であり、シルベスタ・スタローンの人生そのものに思いをはせずにはいられません。で、仕上がりも素晴らしかった「クリード チャンプを継ぐ男」を鑑賞してテンションの上がった筆者の同世代ファンの間でオリジナルの「ロッキー」シリーズ全6作を一気に見返すブームが巻き起こり、私の半径5mの世界では寝不足の中年男性が続出している次第。

一気に観たら「ロッキー」シリーズの評価が大いに上方修正された!!

歴代の「ロッキー」シリーズ全6作の予告編はこんな感じ。ざっくりとしたストーリーと雰囲気だけでもつかんでいただければ。。

「ロッキー」

記念すべき「ロッキー」初作にして、作品の質としては圧倒的な大傑作。無名のボクサーが一躍世界の注目を集めアイデンティティを確立していく様は、当時無名の俳優だったシルベスタ・スタローンがみずからの脚本をみずから演じて一気にスターダムへのし上がる、という彼の実人生をも体現しています。また、「クリード チャンプを継ぐ男」への影響にもっとも大きな影響を与えているシリーズで、「クリード」でもさまざまな形でインスパイアや引用表現がありますね。

「ロッキー 2」

大ヒットを記録した第1作の続編として、「クリード」の主人公=アドニスの父親であるアポロと再戦し見事勝利する「ロッキー2」。「クリード」で登場するニワトリを追いかけてフットワークを鍛えるトレーニングはこの「2」へのオマージュ。

「ロッキー 3」

ヘビー級王者となり度重なる防衛に成功するも、トレーナーであるミッキーの死もあり失意の底にいたロッキーが、盟友と化したアポロとともに野獣の目を取り戻して獰猛なチャレンジャーを退ける!ロッキーとアポロのブロマンスとしての評価も高い!? 「ロッキー3」。

「ロッキー 4/炎の友情」

アポロ死す!という衝撃展開や、米ソの代理戦争としてのボクシング、そして極めつけはジェイムズ・ブラウンにより超ハイテンションなリングイン・シーンなど、4作目にしてテンション高すぎな「ロッキー 4/炎の友情」。いま観てもアガる!!

「ロッキー 5/最後のドラマ」

えー!? 最後のドラマはストリートファイトかよ~と、公開当時はまったくのれなかったシリーズ5作目ですが、若くしてこの世を去ったスタローンの実子=セイジ・スタローンの出演や、「クリード」ではまた悪化しちゃたってたロッキーと息子との関係性など、いま観ると興味深い要素も結構多くて。。結局、面白く観ちゃいました。

「ロッキー・ザ・ファイナル」

え!? ロッキーって前作が最後のドラマじゃなかったの!? なんて貪欲な。。と鑑賞前からハードルが下がりまくってた「ファイナル」ですが、これもいま観ると、なんでか胸に去来するものがありますね。。60歳で現役復帰って!あんたスゴ過ぎるよ!と、公開当時はアラサーだった私もいまやアラフォーとなり、この作品に対する見方もだいぶ変わってきた気がします。あと、エンドロールの脱力感もサイコーです。

まとめ|「クリード」を観たら「ロッキー」シリーズは必ず掘り返すべき!!

ある意味、「ロッキー」シリーズ初作のリブート的な役割にもなっている「クリード チャンプを継ぐ男」を観ることで、「ロッキー」シリーズの魅力が倍加されたような気がするのはアタクシだけでしょうか。一気に観るにはひと晩かかっちゃいますが、寝不足してでも観る価値アリだと思いますよ!!