目次

  1. 伊藤開示
  2. 限定ジャンケン
  3. 人間競馬
  4. 市民 皇帝 奴隷

伊藤開示

Image

物語の主人公 伊藤開示
働きもせず、仲間とかけトランプするさえない青年。
憂さ晴らしに高級車にいたずらして回ったりしている。
特にベンツを標的にしている。
古畑武志の借金の保証人になっていて、
それの取り立てで遠藤勇次と出会う。
遠藤に促され狂気のギャンブルへ足を踏み入れていく。

限定ジャンケン

Image

借金をを返すために乗り込んだエスポワールで
最初に行われたギャンブルが限定ジャンケン。
まず百万から一千万の貸し付けからスタートしている。
何が行われるかわからない状態の中カイジは、一千万の上限いっぱい
借りている。これがのちにポイントにもなっている。
カードを使ったジャンケン。
グー、チョキ、パーがそれぞれ4枚ずつ配られている。
と同時に星も3つ配られている。
ボックスに対戦者二人が対峙して、
カードを伏せた状態で置く、オープンの声とともに
カードを表にして勝敗が決まる。
負けたほうが星1つ勝者に渡すのが基本ルール。
あいこでの星の移動はなく、勝敗、あいこに関わらず
出したカードは破棄される。
基本ジャンケンと変わらない勝負だが、
カードが破棄されることによりグー、チョキ、パーの優劣が変わり、
駆け引きの要素が生まれてくる。
そこにカードの買い占め戦略。星の売買などからみ複雑さが増していく。

人間競馬

Yjimage

鉄骨を渡り切るというもの。
落ちても死にはしないが、重傷は負ってしまう高さに設定されている。
1本の鉄骨で同時に3人スタートする。先頭でゴールしなければならない。
先頭は逃げ切らなきゃ押され落ちてしまう危険との葛藤。
2番手は先頭の人間を押して落とさなければ、
後ろの3番手に押されてしまう危険。
最後を行く3番手は前を行く2人を押し2人を落とし重傷を負わせなければ
先頭でゴールができない罪悪感と闘うことになる。

市民 皇帝 奴隷

Yjimage

カイジが利根川と対決したEカード。
皇帝側 市民4枚、皇帝1枚。
奴隷側 市民4枚、奴隷1枚。

市民VS市民 引き分け
市民VS皇帝 皇帝の勝ち
市民VS奴隷 市民の勝ち
皇帝VS奴隷 奴隷の勝ち

皇帝>市民>奴隷>皇帝

皇帝が基本一番強いが、奴隷には負けてしまうという
いかに奴隷を皇帝にぶつけるかの勝負。

カイジはお金の代わりに聴力を賭ける。
利根川のインチキにカイジの捨て身で対抗する。

Yjimage

Eカード勝負を終え、大金を手にしたカイジ。
兵頭との自身の指を賭けたクジ引きに挑む。