目次

  1. はじめに
  2. 1.花山薫VSスペック
  3. 2.愚地独歩VSドリアン
  4. 3.ガイアVSシコルスキー
  5. 4.オリバVS龍書文
  6. 5.範馬勇次郎VS郭海皇
  7. まとめ

はじめに

前作「グラップラーバキ」で地下闘技場の最強トーナメントで見事優勝した主人公の高校生・範馬刃牙。
普段は普通の高校生活を送りながら、父である「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎を超えるべくトレーニングを続けています。
ある日、地下闘技場の運営・管理者である徳川光成に呼ばれ、そこに現れたのは5人の脱走死刑囚達。
彼らは「敗北を知りたい」という目的のもと、地下闘技場に集まり彼らと対峙するのは前作の最強トーナメント出場者から選出された5人です。
その場は解散となり、後日お互い街で会ったときにその場で試合開始です。

今作は前半はこの「死刑囚編」。後半は「中国大擂台賽(-だいらいたいさい)編」で構成されています。

その中から特に印象の残った5試合をこれからご紹介します!!

1.花山薫VSスペック

暴力団組長であり「最強の喧嘩師」と評される花山と、5分間の無呼吸運動が出来るという人間離れした巨人死刑囚スペックの超ヘビー級対決です。
この試合はインパクトのあるシーンがたくさんあるので画像を多めに貼ります。

Hp1

いきなりスペックの不意打ち!!

709ed0255e54924bc4bb941de2db8dd4

お互い同じポーズからのスペックの無呼吸乱打!!

4c26d75f9cc29c43779d180cb86c248c

しかし、花山の一撃の方が勝る!!

E04f9d45cfe19dd25a2b66c7f65d907c

花山の口に銃弾を放り込み口内で爆発させる!!

4d63398085096b84d98779db6c9b3f51

それでも花山は倒れずスペックをノックアウト!!

A9b3b2998c0ed38dec2b0395635f72a8

そして警察署までスペックを引きずり連れてくる花山!

ここで勝者・花山!!
と読者の誰もが思いますが、その後・・・



76f72a99bd89af5c6e63c5bb95b2ae25

一瞬の隙に警察官を撲滅し、花山の乗る車を後ろで持ち上げているスペック!!

03d2d4bfdcfa0cb840d50757e84dddc1

そして思いっきり車をひっくり返す!!

73abac96c89318dba13f0263ef5aedac

警棒で何発もぶっ叩いた後に・・・

8255e409b99171bf66c26471c80caf94

拳銃を使用!!

389ba96a6104bb3c169ba9896bc9deab

拳銃で撃たれても攻撃をやめない花山に手こずるスペックは凶器攻撃をやめます。

F7a1b92c9c606273dae627fa797c6f43

驚異的な握力を持つ花山に腕を握られたスペックは技を外します。

4be42ba51d4202169749501ee8ecf90f

耳の奥に指を突っ込むスペック!!

716544a0f9cf53e334285d819993eef0

対して花山はスペックの喉を潰す!!

F2ac0b80e4a7c1be28cc31e8c6ecdc26

やっとのことでスペックに勝利する花山!

死刑囚編で最初のまともの試合がこの試合でした。
凶器の使用がOKだとここまで凄惨な試合になるのか、と今後の試合に期待が持たれました。

その後、負けたスペックは一気に体が老体化しそのまま死亡します。

2.愚地独歩VSドリアン

神心会空手の館長である愚地独歩と中国拳法の使い手である死刑囚のドリアン。
二人は初めの地下闘技場での顔合わせの直後に接触しており、その際に独歩は左手を切断されています。
ドリアンも他の死刑囚同様に凶器を多分に使用します。
街中だったこともあり、その場は勝負がつかず終わります。

その後もドリアンは神心会空手を相手に暴れまわります。

独歩不在中に神心会本部に現れ、独歩の義理の息子である克己を倒し、門下生である加藤と末道も別の場面でそれぞれ倒します。

独歩が再びドリアンと対峙します。

左手が無いと思われた独歩は、無事左手を結合することに成功し・・・

T02200293 0400053312041332836

思いっきりドリアンの顔面にぶち込みます!!