目次

  1. 課題曲の歴史についておおまかにたどってみる
  2. 2008年度 手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ
  3. 2009年度 YELL/いきものがかり
  4. 2010年度 I ♥ XXX(アイ・ラヴ)/大塚愛
  5. 2011年度 証/flumpool
  6. 2012年度 fight/YUI
  7. 2013年度 友~旅立ちの時~/ゆず
  8. 2014年度 桜の季節/EXILE ATSUSHI
  9. 2015年度 プレゼント/SEKAI NO OWARI
  10. 2016年度のNコン中学生の部の課題曲を担当するのはmiwa

課題曲の歴史についておおまかにたどってみる

1932年から行われているNコンことNHK全国合唱コンクール。
1949年度から中学生の部が新設され、その年のテーマに沿って中学生の心情などを歌ってきた曲が多いです。

2008年にアンジェラ・アキの楽曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」が課題曲になって以降、J-POPアーティストが課題曲を現在までで7年連続担当しています。
近年では今話題になっているアーティストが手掛けることも少なくありません。

ここで2008年度から現在までの中学生の部の課題曲を振り返ってみます。

2008年度 手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ

作詞・作曲・編曲 アンジェラ・アキ(オリジナル)

アンジェラ・アキの8thシングルの表題曲です。
ここからNコンのJ-POPアーティストが担当する課題曲の歴史が始まったと言っても過言ではないでしょう。
この年のテーマは「そして☆未来へ」です。

この曲は彼女が15歳当時の自分にあてるメッセージととれますね。
歌詞の内容から卒業ソングとしても人気が高いです。
この曲のリリース後、NHKで3本のドキュメンタリーが制作され、様々な映画で多くこの曲が使われるなど反響を呼びました。

2009年度 YELL/いきものがかり

20111019171844

作詞・作曲 水野良樹 編曲 松任谷正隆(オリジナル)

いきものがかりの15thシングルの表題曲です。
この年のテーマは「ジャンプ!」です。

サビの最初のフレーズが未来へと歩き始める中学生に合っている曲ですね。
いきものがかりが歌うバージョンは2番の歌詞が追加されたりと大幅なアレンジが加えられました。
この曲のMVが動画サイトで公式でなかったため、シングルのジャケット画像を貼りました。

2010年度 I ♥ XXX(アイ・ラヴ)/大塚愛

61ctaryzmxl. ss400

作詞・作曲 愛 編曲 愛&Ikoman(オリジナル)

大塚愛の21thシングルの表題曲です。
この年のテーマは「いのち」です。

この曲は感謝や愛情をモチーフにした楽曲ととれますね。
この曲のMVが動画サイトで公式のものがなかったため、シングルのジャケット画像を貼りました。

2011年度 証/flumpool

作詞 山村隆太 作曲 阪井一生 編曲 玉井健二、百田留衣

flumpoolの7thシングルの表題曲です。
この年のテーマは「仲間」です。
この年、初めてロックバンドが課題曲を担当しました。

大切な仲間との別れ、悲しみを抱えつつも前に進んでいくというメッセージが聞く人を前に後押ししてくれる楽曲ですね。
この曲のMVにはflumpoolの後輩となる3ピースピアノロックバンド「WEAVER」のピアノボーカル杉本雄治さんがピアノ演奏者として出演しています。

2012年度 fight/YUI

作詞・作曲 YUI 編曲 COZZi(オリジナル)

YUIのソロ活動ラストシングルの表題曲です。
この年のテーマは「ひかり」です。

現実を受け止めて、見える世界に花を咲かせるという内容の歌詞、彼女が学生時代に感じたことを歌にしていますね。
この年の紅白歌合戦にも出場しましたが、歌ったのはこの曲ではなく彼女が主演した映画の主題歌「Good-bye days」でした。

2013年度 友~旅立ちの時~/ゆず

作詞・作曲 北川悠仁 編曲 斉藤有太&ゆず(オリジナル)

ゆずの38thシングルの表題曲です。
この年のテーマは「スタート」です。

友と一緒に新たなスタートを踏み出そうとしている歌詞がいいですね。
この年の紅白歌合戦ではこの曲ではなく、同じNHK朝ドラ「ごちそうさん」の主題歌「雨のち晴レルヤ」を披露しました。

2014年度 桜の季節/EXILE ATSUSHI

作詞 ATSUSHI 作曲 ATSUSHI&マシコタツロウ 編曲 中野雄太(オリジナル)

EXILE ATSUSHIのソロ3rdアルバム「Love Ballade」に新曲として収録され、今年リカットシングルとしてリリースされました。
この年のテーマは「勇気」です。

この曲はATSUSHIが自身の中学生時代を思い返して歌詞を書いたそうでリアルな日常が歌詞の中に描かれているのではないでしょうか。

2015年度 プレゼント/SEKAI NO OWARI