目次

  1. あらすじ
  2. 登場人物
  3. 見どころ
  4. まとめ

あらすじ

文明が崩壊した終末世界。ふたりぼっちになってしまったチトとユーリは、愛車のケッテンクラートに乗って広大な廃墟をあてもなくさまよう。日々の食事と燃料を求めて移動を続ける、夢も希望もない毎日。だけどそんな「日常」も、ふたり一緒だとどこか楽しそう。一杯のスープを大事に飲んだり、まだ使える機械をいじってみたり……何もない世界だからこそ感じる想いや体験に出会える、ほのぼのディストピア・ストーリー。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

Pa080004

読者である私たちにとって謎めいた世界ですが、それはどうやら彼女たちも同じ様子。「穴があったら潜り込む!」スタンスのユーリとチトの、小旅行を淡々と追うストーリーになっています。

登場人物

Pa080002

ユーリ
白人と思しき少女。ロマンチストで楽観的。そして食べるのが好きなよくいそうなタイプの少女。

Pa080001

チト
ユーリと旅をする少女。冷静で理知的な性格。乗り物の運転や機械の修理が出来るなど器用な側面を見せる。ユーリの姉のような振る舞いが見受けられる。

見どころ

Pa080003

「昔の人が食べていた」と言う魚を、はじめて食すシーン

電気、ガス、水道などの「文明」どころか文字まで消えてしまった世界。現代人の常識とも言える言葉の数々(『戦争』や『チョコ』)などの言葉を想像に基づいて語り合う姿。これは今で言うと、「現代人が貝塚で遺跡を掘り起こしている姿を縄文人に見せる」ような状況に近いのかもしれません。

まとめ

私たちの生きているところではないどこかで、のんびりゆったり日常を作り上げている二人の少女たちの日々はとっても魅力的。魚を焼いたり、川で洗濯をしたり、得体の知れない建物に入ってみたり、大昔の人の残した本を読んでみたりetc…一時的に脳をトリップさせてくれるような、不思議さと親しみやすさを同時に纏う作品です。