目次

  1. あらすじ
  2. 登場人物
  3. みどころ
  4. あとがき

あらすじ

須軽(すがる)まあやは夢も恋いも信じない
超現実主義の女子高生。

父親の借金のせいで、貧乏暮らしをする
まあやは「お金」を憎んでいた。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

P9250052

そんなまあやの前に大量のお金とともに、
アラブの石油王「シーク」が現れる。

彼に突然、「君を父親から買った」と
言われたまあやは―――!?

新感覚ビリオネア・ラブコメディー!!

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

登場人物

P9250025

須軽まあや
借金まみれの父を持つ、勤勉な女子高生。規律正しさがすぎて「冷酷無比の風紀委員長」とあだ名されている。

P9250017

シーク
まあやの前に突然現れ、婚約者を名乗る青年。自由奔放だがかなりのやり手。さる国の皇太子であるらしい。

P9250018

ムハンマド
シークの付き人。沢山いてみんな同じ名前。

P9250020

鎌切リュウジ
まあやの幼馴染。突っ張っているが、根は素直でいいヤツ。夢・腐男子の気があり、石油王にもそうした方面で憧れを抱く。

P9250019

アッカード
来日してきたシークの従兄弟。何やら彼の思惑を知っているらしい。

みどころ

P9250042

何と言ってもルックス以上にシークの豪快なアプローチとやる時はやる男っぷりが魅力。

P9250051

「冷たいまあやちゃんに代わってこんな人に見初められたい…」そんな想いを読者の代わりにリュウジが語ってくれるのも何とも面白いです。

あとがき

細やかで綺麗な絵柄、軽快で読みやすいストーリー、何よりカッコイイヒーローと素直じゃないけどいい子なヒロイン、そして面白い取り巻き立ち、何もかもが魅力的でした。今後の展開にも目が離せません。