目次

  1. 山本タカト氏
  2. 夜性
  3. 赤い月がインパクト大
  4. 骸骨と着物の女
  5. 変貌する性的欲望の亡霊
  6. 見え隠れするクマのヌイグルミ
  7. 圧倒的な個性

山本タカト氏

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%888

山本タカト。浮世絵画家、イラストレーター(1960年生まれ)
東京造形大学卒。
平成の浮世絵師、耽美浮世絵師と呼ばれ、数多くの個展を開き、画集も多数出版されています。

夜性

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%882

縛られた少女を舐めるように見る妖怪達の血走った眼、何かに耐えるように歪められた少女の貌、深紅の薔薇が隠す秘密。
見る側の想像力を刺激してくる作品です。
山本タカト氏の作品には、妖怪・髑髏・緊縛が多く登場します。

赤い月がインパクト大

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%883
%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%886
%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%881

シックな色調に赤い月がとても映える上の2作品。生首は死してなお恍惚とした表情を浮かべ、女性の方は愛しい男を殺して永遠に手に入れたかのような満足げな顔です。
下の「赤い月」は、手首に凌辱される少女の画。切断された動く手首や、窓辺の腹を膨らませた蛙、禍々しい赤い月などがシュールレアリズム感も出しています。

骸骨と着物の女

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%8817
%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%8816
%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%889

浮世絵タッチ全開の作品ですが、男の顔は髑髏という風変わりな作品です。
山本タカト氏は髑髏のモチーフを好んで使用して「亡霊との戯れ」といった形で時間を超えた性的な表現をする作品が多くあります。

変貌する性的欲望の亡霊

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%885

2003年の作品「変貌する性的欲望の亡霊」です。
こちらもシュールレアリズム感の強い作品です。「赤ずきんと狼」を彷彿とさせますね。
狼を山本タカト風にデフォルメするとこんな感じになるのでしょうか。少女の表情は、官能とも諦めともとれる感じがします。

見え隠れするクマのヌイグルミ

%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%887
%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%8815

山本タカト氏の作品には、時折クマのヌイグルミが登場します。
これが浮世絵画法・シュールレアリズム感とあいまって氏の打ち出している「浮世絵ポップ」の味を出しているのかもしれません。

圧倒的な個性

如何でしょうか、人の目を惹きつけて止まない「山本タカト」氏の作品。
美少女・骸骨・妖怪・薔薇・ヌイグルミ、相容れないものをミックスして構築された世界は、圧倒的な魅力に溢れています。
次回は、ナルシズムとボーイズラブに特化した氏の作品を紹介したいと思います。