目次

  1. まとめ

秋田県活性化のため、オリジナル・ヒーローを造ろうと、幼馴染みである海老名保と高橋大が結成した「ネイガー・プロジェクト」の有志らが創造し、2005年6月にデビューさせたヒーロー・キャラクター。
秋田県内各所の観光イベントや大型小売店、遊園地などに登場し、アクションショーや握手会などを行う。
「海を、山を、秋田を守る、秋田発・地産地消ヒーロー」を名乗っている。キャッチコピーは、この他にも、「戦う秋田名物」や「豪石せよ、アキタ・ケン!」などがある。

ローカルヒーローながら秋田の伝統や特産物を取り入れたそのデザインがもたらす独特の美しさにネットや雑誌などで話題になり人気を得ており、年齢・性別を問わない人気とヒーローものとしての完成度の高さや地域密着のコンセプトなどが評価され、ネイガー・プロジェクトが第24回(平成18年度)「NHK東北ふるさと大賞」(秋田県エリア)を受賞した。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

小学生と一緒にお花に水やりをする超神ネイガー。お子様の容赦ないツッコミにもひるみません。さすがヒーロー!

ヒーローには時事ネタを積極的に取り入れるスタイルも大事。そう。それがお盆の終わりでも!

超神ネイガーは高身長で26歳!活動10周年でも26歳!異論は認めない!(笑)

ヒーローの手にかかれば農耕マシーンだってデスロードの先頭をぶっちぎれます。違和感なさすぎて凄いです!

壇蜜さんとのツーショット。秋田の未来を見つめる超神ネイガーが心なしかイケメンに見えてしまいます。

積極的に素材となっていくスタイルでTwitter民の心をつかむ超神ネイガー!
これを使えば誰だって超神ネイガーのコラが作れちゃう!

秋田の特産スイカ「あきた夏丸」をくまもんと一緒にPR。たまには仕事もしている様子(失礼)。

愉快な仲間と小粋なポーズも決めちゃう超神ネイガー。…真ん中のお方はどなた?

ヒーローらしく悪役とも戦っています。え?ボコボコじゃいないか?き、きっとこれから反撃するんですよ!(多分)

こちらのヒーローショーでもボコボコに!(笑)そんな姿を惜しげもなくTwitterでネタにする超神ネイガーの懐の深さやいかに!

秋田の美味しいお米のために田んぼ仕事にも精を出す超神ネイガー!ちょっと楽しそうだ!