目次

  1. あらすじ
  2. 誠凛高校期待の新人
  3. 黒子 テツヤ(くろこ テツヤ)
  4. 火神 大我(かがみ たいが)
  5. 目指すは日本の頂点
  6. 「キセキの世代」の衝突から見えてくるものとは
  7. まとめ
  8. 関連記事

あらすじ

2 482c3

帝光中学校バスケットボール部。
部員数は100を超え、全中3連覇を誇る超強豪校。
その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、
無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は、「キセキの世代」と呼ばれている。
が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。
誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

本編は2人の少年が創立2年目の誠凛高校に入学し、バスケ部に入部したことから始まる。

誠凛高校期待の新人

黒子 テツヤ(くろこ テツヤ)

1348046575 1 3

本作の主人公。誠凛高校バスケ部部員。
身体能力は並の選手より低いが存在感の無さと影の薄さを生かして、
従来のバスケスタイルとは異なる「視線誘導(ミスディレクション)」というスタイルを確立している。
後にキセキの世代「幻の6人目」だと判明する。
感情表現控えめで比較的穏やかな性格だが、バスケにかける情熱は誰よりも熱い。

火神 大我(かがみ たいが)

189016034

アメリカからの帰国子女。
誠凛高校バスケ部で1年生ながらにしてエースを務め、
恵まれた体格を生かして「キセキの世代」と渡り合っていく。
闘争心むき出しの熱血野郎だがスランプに陥ったチームメイトを気遣う一面も見せる。
独自のバスケスタイルを確立する黒子に一目置いている。

目指すは日本の頂点

20120411130326b7c

帰国子女として日本へ来た火神は当初、日本のバスケレベルの低さに失望していたが、「キセキの世代」の存在を知り、彼らを倒して日本一になる事を決意する。
しかしそれを聞いた黒子は「1人では無理だ」と言う。

「僕は影だ、影は、光が強いほど濃くなり自分の力を発揮出来る…。僕が、君と言う光を日本一にする!」

出典: MEIGEN.KEIZIBAN-JP.COM

火神にひとつの可能性を感じた黒子は、自分を”影”として、火神を”光”として例え、ともに日本一にのし上がる事を約束するのだった。

15cdb863

新たなチームメイトを加え、誠凛高校バスケ部の新たなスタートが始まる。
練習に練習を重ね、時々合宿も挟みながら
バスケと共に青春を駆け抜ける黒子たちの姿が描かれる。

「キセキの世代」の衝突から見えてくるものとは

20150114225548

それぞれが異なる高校へと進学したキセキの世代。
その栄光が輝かしい物であることは揺るぎないが、物語が進むにつれ、彼らの抱える歪みが見えてくるようになる。

20150109231850

最強を勝ち取ったにも関わらず、「キセキの世代」達の関係がギクシャクしている理由とは?
黒子が火神を誘い、日本一にさせてみせると宣言した根本的な理由も、彼らとの因縁にあるのかもしれない。