目次

  1. 社会人が主人公の異色ライトノベル
  2. IT業界をリアルに描いた話も
  3. トンデモ新入社員にどう対応する?

社会人が主人公の異色ライトノベル

IT業界を舞台にしたライトノベル「なれる!SE」(作・夏海公司、イラスト・Ixy)。2010年6月に1巻が発売され、主人公が社会人という異色ぶりもさることながら、作者自身が元SEという経歴も相まって、ちょっとした人気作品になっています。今月発売の新刊で13冊目とライトノベルとしては長寿シリーズとなり、今後どこまで続いていくのかが楽しみな作品でもあります。

Nareru

最新巻・13巻の表紙

IT業界をリアルに描いた話も

ITとは無縁の人生を送っていた主人公がなぜかブラック企業一歩手前のITベンチャーに就職してしまい、苦労しながらも周囲の人間に助けられて成長していくのがおおざっぱなストーリーです。周囲に登場するのが美少女、美女ばかりというのはライトノベルのお約束として深く考えない方がいいのでしょうが、巻よってはこんなレビューが書かれていることもあり、一筋縄ではいかない作品のようです。

この話はただのフィクションではなく、いま現実にあちこちで起こっていると言うことです。
PJルームで倒れる人、精神的に切れて暴れたり奇声を上げながら走り去る人、あげく自殺する人。沢山います。朝や遅い帰り時間に列車に飛び込む人も少なくありません。
(中略)
とにかくリアルです。プロジェクトルームなどで心を壊された人は読まない方がいいです、ぜったい。フラッシュバックします。
真のIT業界を知らずにIT派遣会社に入社しようと考えてる人にはお勧めです。貴方の向かう現実がこの本に書かれています。
興味本位で見ようと思っている人は見るべきです。生活から切り離せないITがどんな風に構築されてるのか知るべきです。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

Nareru4

問題のレビューが掲載された7巻。ちなみにこの表紙の娘がメインヒロインです。

トンデモ新入社員にどう対応する?

で、上で画像を掲載しているのが最新作の13巻。主人公もいつまでもフレッシュマンでいるわけではなく、後輩たちが入社してきます。ライトノベルらしく新入社員も突拍子もないのがいますが、そうした人間をどうやって社会人にしていくのかが書かれています。「ああ、こんな新人いたな」と思う人がいれば、「この新入社員自分じゃん、恥ずかしい」と思う人もいるでしょう。いろいろな思いがあるとは思いますが、社会人として少しだけ経験を積んだ人に読んでほしい作品です。
余談ですが「意識高い系」新入社員の顔イラストのひとつが「地獄のミサワ」……パロディーには食傷ぎみですが、こういうのは悪くないと思いました。

Nareru3

左下の顔に注目。ミサワじゃん……。