目次

  1. バンドの中心人物・鈴華ゆう子さん
  2. メンバー紹介・動画での活動など
  3. ありそうでなかった和の雰囲気・独特な楽曲が人気です
  4. 国内だけでなく海外での活動も活発です
  5. 今後の活動に注目のバンドです!
1 3co4cd083wkrp5a3xjtj7

経歴
2013年3月、ボーカル・鈴華ゆう子の呼びかけで、和風ユニット「華風月」で活動しているメンバーを中心に、新たにメンバーを集めて鈴華ゆう子with和楽器バンドを結成。
2014年1月、渋谷Club Asiaで初の単独ライブを開催し、この公演をもってバンド名を和楽器バンドへ改名することが発表された。
2014年4月、エイベックスよりボーカロイド楽曲のカバーで構成されたメジャーデビューアルバム『ボカロ三昧』をリリース。
2014年7月、初の海外公演となる『第15回Japan Expo』に出演。
2014年8月、初のオリジナル楽曲「華火」を映像シングルとしてリリース。
2015年4月、テレビ朝日『ミュージックステーション』で念願の地上波テレビ初出演と生演奏を披露。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

バンドの中心人物・鈴華ゆう子さん

生主・歌い手としてニコニコ動画で活躍する鈴華ゆう子が、得意とする「和」を活かしたい!こんなことやりたい!あんなこともやりたい!と、自身が2012年に結成した和風ユニット華風月を中心として、和楽器のスペシャリストに、ギター、ベース、ドラムといったロックテイストの楽器奏者を集めて融合させた、今までにない新しいテイストのバンドである。
クオリティの高い演奏、歌唱、動画の三位一体を目指し、現在、精力的に活動中!

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

Suzuhana yuko wagakkiband 3 350x350

ボーカルの鈴華ゆう子さん。

詩吟の師範であり、第47回日本コロムビア全国吟詠コンクール全国大会で優勝の実績。
ミスニコ生2011にも選ばれる美貌も注目です。

メンバー紹介・動画での活動など

Wa

ひと昔前の日本の音楽業界は、欧米至上主義で和テイストや古いものを軽視する風潮があったが、今や若い世代の伝統芸能回帰がめざましい。例えば盆踊りも夏や秋だけでなく年中開催され、世代の垣根を越えて踊り好きが集い、盆踊ラーなる言葉までできている。

 和だから、伝統だからこうあるべきだという定義は、新しい世代にはなじまないのだ。洋楽を聴かずJ-POPで育った彼らには、“古い”はまさに“新しい”。

 楽器も和楽器、洋楽器というジャンルではなく、「楽器」というくくりで何を組み合せれば面白い音楽を作れるのかという尺度が基準。和楽器バンドは異業種交流が当たり前のように行われる時代にふさわしいコラボとみる。

出典: WWW.ZAKZAK.CO.JP

Prof bn

箏:いぶくろ聖志

東京都出身。高校在学中、文化庁での派遣による中国での演奏から始まり、ベトナム、イラン、カタール、クウェート、韓国等、八カ国での海外公演に参加する。
国内では各種メディアにて公演を紹介される他にも全音楽譜出版社より編曲集を刊行する。
箏の持つ楽器としての可能性を追求しており、邦楽器だけではなく洋楽器とのコラボレーションにも多く参加している。

出典: WAGAKKIBAND.JP

G5822367

尺八:神永大輔

福島県いわき市出身。18歳から尺八をはじめ、都山流尺八師範となり”耀山”の号を授かる。
これまでに10カ国以上の海外公演経験をもち、テキサス州オースティンで開かれる世界最大級の音楽コンベンションSXSWや、フランス・パリ市で開かれる日本文化のフェスティバルJapan Expoなど、国内外の大型イベントにも多数参加。
またゲーム音楽をこよなく愛し、著名な作曲家とのコラボレーション企画「Playing Works」シリーズなどを通じてその魅力を伝えている。

出典: WAGAKKIBAND.JP

Bomsuwhieaahye0

津軽三味線:蜷川べに

京都生まれ、大阪の流派で4歳の頃から民謡を始める。
日本民謡ジュニアフェスティバル大会にて優勝、
サンケイ民謡大賞 優勝、内閣官房長官賞。
本荘追分全国大会優勝、文部科学大臣賞。
15歳で喉を痛めたのをきっかけに津軽三味線に力を入れる。
和楽器での音楽の可能性を追求する為に東京で活動を始める。

出典: WAGAKKIBAND.JP

News xlarge dsc 9704

Guitar:町屋

和楽器バンドにて、ギター&サイドボーカル担当
インディーズシーンで絶大な人気を誇る「m:a.ture」のギター&ヴォーカルとしても活動中。
その他、多方面のアーティストとのセッション、ツアーに参加している。

出典: WAGAKKIBAND.JP

S16t82n

和太鼓:黒流

3才より和太鼓にふれ、9才で東京の和太鼓プロ集団に入門。
そこで伝統的な事を修行し、その後独立。
世界15ヶ国以上での公演の他、雑誌・TV・舞台等、国内外を問わず様々なシーンで活動。
伝統的な楽器「和太鼓」を使って、新しい音楽を生み出す和太鼓奏者として、様々なミュージシャンやアーティストとの融合を続けている。

出典: WAGAKKIBAND.JP

Euzadngd

Bass:亜沙

現在、ボカロPとしてもニコニコ動画にて活躍中。
2012年7月に投稿したボカロ曲「吉原ラメント」が2015年4月現在までに120万再生を超える人気を博し、
ニコニコ動画上にて様々なアーティストによって歌われた。
この曲はアルファポリス社より小説化されている。
EXIT TUNESの祭典「EXIT TUNES ACADEMY」にも参加。

出典: WAGAKKIBAND.JP

Mcom18 eye