目次

  1. 川上眉山
  2. 有島武郎
  3. 島田清次郎
  4. 生田春月
  5. 島崎藤村
  6. 田中英光
  7. 佐藤春生

川上眉山

%ef%bd%82%ef%bd%9a%ef%bd%8e

明治時代の小説家。「墨染桜」ほか。

社会の矛盾を題材にした小説で人気を博すが、1908年、文学的ゆきづまりののち、頸動脈を剃刀で自ら切って死亡。

有島武郎

Ari

「カインの末裔」「或る女」など。

創作力に限界を感じ筆を絶ったあと、愛人女性と軽井沢の別荘に滞在中、情死。
一ヶ月後に発見されたときには腐乱が進み、ウジすらも湧いていた。遺書の存在でようやく本人と確認される。

島田清次郎

Smd

「島清」などの略称でも親しまれた小説家。「地上」「改元」など。

統合失調症により、警察の手で精神病院に収容後、31歳という若さで亡くなる。

生田春月

Haru

詩人、翻訳家。
石川三四郎との交友によってアナーキズムに傾く。

不倫旅行中、大阪発の船に乗った後、船から身を投げ瀬戸内海へ沈んでいく。

島崎藤村

Sima

小説「破戒」、詩集「若菜集」ほか。

脳卒中の発作で倒れ、床に伏してからも「もう少し書きたい」と繰り返す。
「涼しい風だね」との呟きを最期の言葉として、帰らぬ人となる。

田中英光

Tanaka

無頼派の小説家。

強い結び付きのあった太宰治の死後、彼の墓の前で焼酎一升をたいらげ、アドルム十錠入り三箱をあわせ飲み、手首を切って自殺。

佐藤春生

Satou

小説、文芸評論、随筆、童話、和歌など様々な分野で活動。

朝日放送の「一週間自叙伝」というラジオ番組の録音中、息苦しそうにしはじめる。
「私は幸いにして……」という言葉を発した直後、突然倒れ意識も失いそのまま死去。死因は心筋梗塞だった。