目次

  1. 椎名もたとは?
  2. 亡くなった当日も楽曲を投稿
  3. 死因はいったい
  4. ネットの反応

椎名もたとは?

Mota 2

椎名もたとは別名、ぽわぽわPとしてVOCALOIDを使用した楽曲の作曲者。本名は溝口 遼。
ぽわぽわPというのは『おはよう』という曲がスローバラードな曲調で、ぽわぽわした気持ちになれることから名づけられた。

エレクトーンを習っていた姉の影響を受け4歳から音楽の教室に通い始めます。
楽曲製作自体は中学2年生の頃に始め、2009年6月29日に『now_ReMix』の投稿をきっかけにニコニコ動画を中心にオリジナル楽曲を投稿するようになりました。
『ストロボラスト』で再生数50万を超えたり、数多くの殿堂入り曲を10代の時点で創りだしてきた椎名もたですが、軽い気持ちで作った曲が予想以上の評価をしてもらえることに不安があったそうです。

高校生になった彼は家庭事情の不満をネットに書きこむようになります。
次第に批判的な言葉をユーザーから浴びせられることが多くなり、2011年1月には一度引退を表明していますが翌年の3月に『lifeworks』を発表するなどして活動が再開されます。
しかセンチメンタルな時期は続き、自殺をするとネットに書き込んだことも何度かあったようです。

今思えば、不幸も幸福も人に見せびらかしちゃダメなんだなって思うんです。でも、そのときは見せびらかしちゃって、「死んでやる」みたいなことも言っちゃって。ちょっと神経がいかれちゃってて、ネット上の自分に対する悪口とか、見なきゃいいことも見ずにはいられなくなってたんですよね。

出典: WWW.CINRA.NET

亡くなった当日も楽曲を投稿

Mota 3

彼が亡くなったとされる2015年7月23日当日、「赤ペンおねがいします」という楽曲を投稿しています。
これが彼の遺作となりました。

曲名だけを見ても分かりませんが、曲に出てくるフレーズ、

「あなたのようになれたらなれたら どんなに どんなによかったろう」
「いつのまにか遠くへ 来たんだね 来たんだね 帰ってきて」
「おなかがすいた おなかいっぱいだ 関係ないさ なぜならば こっちむいた 注射針」

というような、どこか意味ありげな歌詞が多く出てきます。
全て憶測ではありますが、「赤ペンおねがいします」というタイトルは自分自身の人生に点数をつけてください、というようなものではないか?と感じました。

最後のサビにある「最初のマルは 最後のマルさ 答案を見たならば あら不思議 0点さ」、直後にピアノを無造作に叩いたような音が鳴り響くのがとても悲しく聴こえます。

死因はいったい

Mota 4

ネットではいろいろな情報が飛び交っていますが、所属事務所からは死因について一切明らかにされていません。
自殺ではないか?という噂もある一方、病気で長いこと苦しんでいたんじゃないか、とも言われています。
当日、本人がしたツイートがいくつかあり、それについても話題を呼んでいます。

ネットの反応

Mota 6