目次

  1. 第二話:うまると海老名ちゃん
  2. 「すー…くはぁー…はゃー…」
  3. ネコロンブスの動く音
  4. 「社畜眼鏡」
  5. 第二話まとめ

第二話:うまると海老名ちゃん

Umar4

第二話はタイトルの通り、学校もクラスも住んでいるアパートも同じ海老名奈々(えびな なな)ちゃんのキャラ掘り下げ回ですね。
それでは第二話で面白かったシーンをまとめましたのでどうぞ!

「すー…くはぁー…はゃー…」

Umaru5

兄:タイヘイが仕事で疲れているのに、休日の早朝に起こして一緒に遊ぼうとするうまるちゃん。うまるちゃん自身はゲームをしていて徹夜です。しかし中々起きないのでうまるちゃんは外用フェイス(めっちゃかわいい顔)で添い寝をすることで邪魔しようと企んで、タイヘイの布団の中に入る。
「お兄ちゃんはうまると遊ぶしかないのだよ。さぁお兄ちゃん! 観念せよ!」
と言った直後のうまるちゃんの寝息です。
このBGMがピタッと止まる演出もあって笑いました。睡眠ってやっぱり大事ですよね。

ネコロンブスの動く音

Umaru6

うまるちゃんがネコロンブスと言う猫?の巨大サイズのぬいぐるみを欲しがります。それをじゃんけん大会で手に入れられるとの事だったのでタイヘイも一緒にその大会へ連れ出します。その大会のステージでネコロンブスの着ぐるみが動くのですが……効果音がおかしい。
漫画で見ている限りはキモカワイイ系のぬいぐるみの認識でした。しかしアニメの着ぐるみの動く音はもはやクリーチャーです。表現できないというかしたくない音を出していました。もうネコロンブスがキモいとしか言えなくなるレベルでした。

「社畜眼鏡」

前述のじゃんけん大会で見事人形をゲットしたタイヘイでしたが、最後に戦った相手がうまるちゃんの友達の海老名ちゃんだったこともあり、その人形を海老名ちゃんに渡してしまいます。それを見たうまるちゃんがタイヘイに対して怒った時に発した罵声の一つです。
お兄ちゃんに対する普段からの不満も全て含まれた言葉ですね。しかし文字にすると何とも言えない四文字熟語ですね……。

第二話まとめ

うまるちゃんの友達の海老名ちゃんとの関係性を掘り下げた回でしたね。海老名ちゃんが田舎から出てくるシーンもあります。
世の男性陣はこれを見て、今後女性を見るときの目線には注意しましょうね!
そんなちょっとした教訓も得られる第二話でした!