目次

  1. 少年十字軍って?
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. 中世のドロリとした闇

少年十字軍って?

少年十字軍(しょうねんじゅうじぐん、Children's Crusade)は、第4回十字軍の後、フランスやドイツにおいて神の啓示を受けたとする少年エティエンヌの呼びかけにより少年・少女が中心となって結成された十字軍。
1212年のフランスの少年十字軍では、少年少女が十字軍として聖地奪還に向かう途中、船を斡旋した商人の陰謀によりアレクサンドリアで奴隷として売り飛ばされた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

あらすじ

11世紀のフランス、農村に住む羊飼い・エティエンヌは比類なき心の優しさを持つ美しい少年。彼は裕福ではないながらも、幼いころから共に過ごす友人たちに囲まれ穏やかな日々を送っていた。そんなある日のこと、彼は草原で不思議なラッパの音を耳にする。その音に導かれるようにして向かった先に待っていたのは、十字に掛けられたイエス・キリストと、彼からの"イェルサレムへ向かえ"と言う啓示だった…

登場人物

P7220012

エティエンヌ
ごく普通の羊飼いだったが、ある日神の啓示を受けてイェルサレムへと向かうことを志し、少年十字軍のリーダーとなる。虫も殺さぬ気立ての良さと、奇跡を起こす神通力を持ったカリスマ少年。モデルは実在の少年十字軍のリーダー・エティエンヌ。

P7220003

ニコラ
騎士にあこがれる少年。エティエンヌの優しさを慕っており、真っ先に少年十字軍に入る決意を表明する。モデルは実在したドイツ少年十字軍のリーダー・ニコラス。

P7220007

ルーク
明るく快活な兄貴分。十字軍についてきた動機は「家業をサボれるから」。

P7220008

アンリ
泣き虫で気弱な少年。

P7220004

クリスチャン
女性のような顔立ち、しゃべり方をする少年。イェルサレムへ向かう動機は、「"ある秘術"を求めて」とのこと。エティエンヌにただならぬ想いを抱いているようだが…?

P7220001

ギヨーム
領主の息子。父親に「名誉を得るチャンス」とせっつかれて十字軍に入る。鼻もちならない性格の持ち主。

P7220002

ピエール
ギヨームの腰ぎんちゃく。

P7220011

レミー
かつて綺麗な顔立ちの少年だったが、ハンセン病によって皮膚がただれてしまい、包帯、仮面が外せなくなっている。十字軍に参加したのも「病を治す」ため。

P7220014

リリアン(左)とロラン(右)
「女が二人の男性と関係を持った時に双子が生まれる」との迷信に惑わされた村民から責められ、自殺した母を持つ双子の少年たち。亡き母の汚名をそそぐために十字軍に参加する。

P7220013

ギ―
元々はエティエンヌらの住む村を襲撃した盗賊団の一味。エティエンヌに命を救われたことをきっかけに十字軍に参加表明する、義理堅い少年。

P7220015

ミカエル
少年十字軍をバックアップする教会から派遣された、たどたどしい言葉遣いの修道士の少年。クリスチャンを警戒している。

P7220010

ユーゴ
少年十字軍を金銭的にバックアップするテンプル騎士団の男。豪胆で頼もしい男のように見えるが、ニコラに「異教徒は悪魔」と吹聴するなどなかなかに危なっかしい。

中世のドロリとした闇

暗黒時代とも呼ばれる中世ヨーロッパ。この時代のカースト上位層本位なめちゃくちゃなモラルにはあきれるばかりですが、魔女狩りや十字軍、迷信に興味があるとついついページを繰る手が止まらなくなる、非常に魅力的な作品です。