目次

  1. バスキアって誰?
  2. 作品群
  3. 映画化も当然です。
  4. まとめ

バスキアって誰?

20100718 1386204

雰囲気あります

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月22日 - 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれたアメリカの画家。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られるが、グラフィティとの関係はあまりない。苗字の発音はフランス語の名前なので本来は語尾の t は発音されないが、地元のニューヨークではそのまま英語発音でバスキアットと呼ばれることがある。ハイチ系アメリカ人。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

作品群

Untitled 82 skull

インパクトあります。

O0480033212601520775

キースヘリングではなくバスキアです。

Basquiat jean michel ernok

ただの絵画ですがアートです。まさしく。

Basquiat case

ポスターに貼りたいです。

映画化も当然です。

『バスキア』(Basquiat)は、27歳で亡くなったアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアの伝記映画。1996年制作、監督はジュリアン・シュナーベル。ベニチオ・デル・トロはこの作品でインディペンデント・スピリット賞の助演男優賞を受賞した。バスキアと以前バンドを組んでいたヴィンセント・ギャロがカメオ出演している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

バンドやってたのは知りませんでしたがあらすじがすごいです。

1979年のニューヨーク。黒人青年バスキアは「セイモ」と名乗り、バンド活動もするマイナーな画家だった。彼はドラッグを吸い、ホームレス生活をしているが、スラム育ちではなく中流の家族を持っていた。母親は、幼い頃のバスキアに絵画への興味を植え付けたが、離婚後は精神病院に入院していた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

もうゴイスーな感じです。
動画は下記から

ドキュメンタリーもあります。

まとめ

バスキアは幼少期に絵を習っていたんです。
なんであんな絵になったかというと、「グレイの解剖図鑑」を親からもらったそうです。

1988年、ヘロインのオーバードーズにより27歳で死去。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

やはり27の死というのは早すぎる死でしょう。
未だに人気があるバスキアはこれからも永遠の存在でしょう。