目次

  1. 『BLEACH』概要
  2. 予告動画
  3. 監督
  4. 佐藤信介
  5. コメント
  6. キャスト
  7. 黒崎一護(演:福士蒼汰)
  8. コメント
  9. 世間からの反響
  10. 関連リンク

『BLEACH』概要

Comunidad 1.1

週刊少年ジャンプで連載され、コミックスの累計発行部数が9000万部を超える大人気漫画。作者は久保帯人。
霊感が強い髪がオレンジの高校生、黒崎一護が死神となり、様々な敵と戦いを繰り広げる。
個性的なセリフを放つキャラクターや、死神が持つ「斬魄刀」の能力設定などが人気を呼び、日本以外からも支持されている。
作者の趣向が服装やポエミーなナレーションなどに強く反映されており、「オサレ漫画」としてファンから評される。

実写映画の監督を「アイアムアヒーロー」などで賞賛を浴びた佐藤信介が務める。
主人公の黒崎一護を『神さまの言うとおり』『ストロボ・エッジ』で主演を務めた福士蒼汰が担当する。
しかし、BLEACHの世界観を実写化するのは難しいと、難色を示すファンの声が多い。

予告動画

監督

佐藤信介

『GANTZ』や『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』など、多くの漫画を映画化している。
『GANTZ』は大ヒットとなり、『アイアムアヒーロー』は世界のゾンビ映画と比べても遜色ないレベルとして観客や、評論家から絶賛の声を得た。賞賛の声だけではなく、アイアムヒーローは権威ある映画賞を5冠制覇している。

コメント

はじめて死覇装を着た福士さんを見たとき、「一護があらわれたな」と思いました。人間が死神に“ならされちゃった”話ですが、和装なのにオレンジ髪で、でかい刀を持っていても、「着てやってらぁ」「やってやったるよ」というようなブレない余裕を感じて。キャラとしてもそういう一護であってほしかったので、これはいけると直感しました。虚は、普通の住宅街に忽然と姿を現す感じをリアルに描くために、CGや持てる技術全てを使い、1カット1カットこだわり抜いて作っています。今はまだ腕だけしか見てもらえませんが、空前絶後の大アクションと相まって今まで見たことのない映画になると思います。来年の夏を楽しみにしていてください。

出典: WWWS.WARNERBROS.CO.JP

キャスト

黒崎一護(演:福士蒼汰)

News header bleach fukushi

髪がオレンジ色の不良、黒崎一護。彼は生まれ持って霊感が高かった。
ある日、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)とその虚を退治しに来た死神・朽木ルキアと出会う。
ルキアは虚との戦いで重傷を負ってしまい、一護は死神の力をルキアから貰い受けるのであった。

コメント

一護の特徴である髪色は絶対に外せないポイントなので、監督やスタッフと話しあい、何回もブリーチをして、色を加えながら、試行錯誤を重ねました。死覇装や制服など身に付けるものも細部まで拘り、一切妥協せずにまずは外見から“一護”というキャラクターを作りあげました。一護の斬魄刀はどデカイ刀なので、日々振り回してまずは慣れることを考えました。斬魄刀での攻防は予想以上に大変でしたが、見応えのあるアクションになっていると思います。監督とCGチームが作り上げる虚が、映画のスケールをさらに大きくしてくれると思います。一護と虚の対決、魅力的なキャラクター達の登場を楽しみにしていてください。

出典: WWWS.WARNERBROS.CO.JP

世間からの反響

世界観の再現の難しさや、ファンから愛されている人気漫画だから仕方はないの部分はしょうがない部分はあるが、実写化に関して否定する声が多い。
さらに、撮影現場の写真などからは「ギャグ漫画」、「斬魄刀がショボすぎる」「(斬魄刀が)銀紙貼っただけだろ」という声も上がっている。

D0c42816

撮影現場での画像