OCTOPATH TRAVELER

OCTOPATH TRAVELERのレビュー・評価・感想

レビューを書く
OCTOPATH TRAVELER
9

30代のゲーム好きにおすすめ

ネットで評価をいろいろ見てから購入しましたが、冒頭から昔の良きRPGを思い出すような序章でした。キャラは8人から1人選んで進んでいく昔ながらの感じでしたが、すぐに世界観に引き込まれていきました。暗い過去を持つ踊り子や薬士として腕を上げるために旅に出るなど、キャラクターも全員魅力的です。そして選んだキャラ以外も全員仲間にできてストーリーも体験できる。ストーリースキップも出来る親切な2週目仕様。
グラフィックも2Dながら引き込まれる綺麗な水や光の差し込み具合が飽きさせない。今のゲームはグラフィックは綺麗だが胸を熱くし、世界に引き込まれる世界感のゲームはなかなかない。小学校の頃学校でゲームの話を友達として攻略を教えてもらい、学校が終わったらすぐ帰って夢中になって夜までゲームをやっていた頃の自分に戻れた気がします。
全キャラエンディングを迎えた時には、終わってしまったと悲しい気持ちにもなりましたが、達成感を味わうことが出来ました。小学校のあの頃の自分に戻って夢中になったゲームは久々でした。
2週目もクリアしたのでしばらくは違うゲームをやりますが、またしばらくしたらやろうと思ってます。ゲームバランスも良く飽きずに出来るゲームです。同じ年代の方にはおススメです。ただ攻略サイトは見ないでクリアしてほしいと思います。当時そんなものはなかったのでより昔に戻れると思います。

OCTOPATH TRAVELER
7

自由度の高い冒険が楽しめる

2018年7月に発売されたスクウェア・エニックスとアクアイアによる正統派RPGソフトです。
内容はオルステラ大陸という世界を舞台に生まれも職業もバラバラな個性あふれる8人の主人公から一人を選んで各地を旅する流れになります。
表現は昔懐かしいドット絵の表現を用いていて、ストーリー的にも王道RPGという印象になっていますが、ただの懐古主義な作風にはなっておらず、ドット絵と最新ハードで描かれた背景という組み合わせが新鮮な印象を与えています。
また、8人の主人公を自由に選べるというシステムは「ロマンシングサガ」シリーズを彷彿とさせる形でかくいう私もサガシリーズのファンなので本作はサガファンにも楽しめそうな印象がありますが、各主人公はフィールドコマンドという特技をもっていて、これにより冒険を有利に進められる事が出来ますが、一部の主人公の持つフィールドコマンドを使うと町や村にいる一般の人々の詳細も判明し、また同様に一部の主人公のフィールドコマンドを使うと各これらの人々を仲間に加えて戦闘にも参加させたりもできるので、普通の町や村人達一人ひとりにも人生や特徴が与えられているのが驚きです。
各主人公のストーリー自体はそれほど長くありませんが、これらのサブキャラが絡むサブストーリーも充実していて、比較的自由度の高い冒険が楽しめる作品となっています。

OCTOPATH TRAVELER
9

美麗な2DRPG作品!全世界100万本販売を達成した新進気鋭な意欲作!

2018年7月に発売されたNintendo Switchのタイトル「オクトパストラベラー」。
8人の職業・性別・年齢の異なる主人公と共に8つの冒険を楽しめるRPG作品。
ファミ通レビューではプラチナを受賞し、海外では発売後1か月待ちの大ヒットを記録。

本作の特徴は、主人公8人の職業ごとにあるスキルによってストーリーが進んでいくユニークなシステム。
例えば剣士のオルベリクは町中の人に「決闘」を申し込むことが出来る。
これによってレベルを上げたり、普段通れない場所を通れるようになったり、更にはストーリーも進展していく…。
8人がそれぞれ上記のように個性的なスキルを持っており、それが活かされるのはアドベンチャーパートだけでない。
バトルでも役に立つスキルがあり、例えばアーフェンは僧侶ではないが「薬師」という職業の為、「調合」というスキルを使用することで、戦闘中にアイテムを様々な効能に昇華することができる。
これが時によっては、僧侶の回復スキルよりも使い勝手が良かったりすることもある。
他にはハンイットという狩人のスキル「けしかける」は、「決闘」と同様に町中の人に魔物をけしかけることができるだけでなく、
戦闘中にも魔物を味方として使役したり、戦闘相手の魔物を「捕獲する」こともできる。
懐かしいようで、どこか体験したことのない遊びではないだろうか。

シナリオも充実しており、平均プレイ時間は80時間から100時間。最短プレイ記録で70時間程となっている。
1人の主人公のシナリオをこなすもよし。8人のシナリオを並行してプレイするもよし。遊び方はプレイヤーの数だけ、それこそ8人の物語は様々な形を見せる。

現在では入荷も落ち着きすんなりと入手可能なうえに、ダウンロード販売にも対応している。
これを機会にお手にとっては如何だろうか。

OCTOPATH TRAVELER
9

RPGの黄金期を思い出させるゲーム オクトパストラベラー

今作の一番の特徴は昔ながらのドット絵に、HDCGを合わせた綺麗なグラフィックである。
ドット絵でありながら雪国や荒野、森林等のロケーションを見事に表現できていて、思わず立ち止まって景色を眺めてしまうほどだ。
ゲームシステムは、8人いる主人公の中から最初に一人を選び、旅をする中で他の仲間と合流していく形になっている。
誰を最初に選んでも一周で全員のストーリーを楽しむことができるのは有難い。
それぞれのキャラクターには固有アクションがあり、CPUに対して試合を申し込み1対1で戦ったり、誘惑して一時的な助っ人にしたり、
CPUの持っているものを買い取ったり、CPUの素性を探ることもできる。
この固有アクションは単に冒険の手助けになるだけでなく、CPUの生活等が垣間見え、オクトパストラベラーの世界をより魅力的なものにしている。

バトルシステムはシンプルだが奥深く、爽快感がある。
敵はいくつかの弱点を持っていて、たとえば剣や弓、炎や風等敵によって様々である。敵の弱点を突くと単に大ダメージを与えられるだけでなく、
敵毎に設定されているシールドを削ることができ、そのシールドを0にすると相手は次のターンまで動けなくなるうえに無防備になる。(ブレイクという)
こちら側にはブーストと呼ばれるポイントがあり、このポイントを消費することで1ターンに複数回攻撃を行えたり、より大きなダメージを与えることができる。
ブーストとブレイクの駆け引きが面白く、敵を素早くブレイクするためにブーストを使うのか、敵の攻撃を耐えつつブーストをためて、
ブレイクした後に一気に畳みかけるか等の選択が常に生まれるため、飽きないものになっている。

ストーリーはよく言えば王道だが、少しチープでありきたりにも感じてしまう。
キャラクターは魅力的だが、ストーリーがキャラクターを充分に活かせていない部分は感じられた。
また、2Dでありながらテンポが少し悪く、冗長に感じる部分もある。

オクトパストラベラーは完璧ではないが、現代における2DのRPGとしては最高だと思う。
これをプレイしてからドット絵の新作RPGが再び遊びたいと思うようになったほどだ。昔のRPGが好きなら強くお勧めしたい。

OCTOPATH TRAVELER
9

RPGの黄金期を彷彿とさせるどこか懐かしいRPG オクトパストラベラー

オクトパストラベラーはSFC時代のRPGの黄金期を思い出すようなドット絵のグラフィックとターン制バトルシステムが特徴のRPGだ。
8人の中から最初に主人公を一人選び、残りの7人も仲間にすることができる(仲間にしなくともクリアできる)。
8人にはそれぞれ固有のアクションが用意されていて、村人に試合を挑んだり、アイテムを買い取ったり、誘惑して一時的に仲間にしたり、素性を探ったりすることができる。このアクションは多くのキャラクターに行うことが出来て、ただの一般人のはずがやたら強かったり、レアアイテムを持っていたり、元アサシンだったりと色んな特徴があり、キャラクターの魅力や世界観を上手く表現できている。

戦闘システムはシンプルだが奥が深い。敵には弱点が備わっていて、その弱点を突くとシールドが剥がれ、シールドが0になると次のターンまで行動できなくなる。
また、味方はブーストと呼ばれるシステムがあり、同じ技でもブーストを行うことで攻撃力が格段にアップする。
敵のシールドを砕いてブーストで一気に大ダメージを与えた時の爽快感はやみつきになる。
音楽も素晴らしい。戦闘曲はテンションが上がるし、各キャラクターのテーマはそれぞれの人柄をうまく表現できている。
あるキャラクターではこれからの希望や期待を感じさせ、別のキャラクターでは復讐に燃える心情を感じさせる。
ストーリーは少しありきたりな部分もあるが、進めていくに連れて面白くなっていく。ただ、8人の間でやり取りがほとんどない点は少し残念だった。
一人一人のストーリーは短いが、1度のプレイで8人全員のストーリーを追うこともできるので、充分に楽しめるだろう。

オクトパストラベラーは昔ながらのRPGを再現しながら、現代のゲームとしても通用する面白さが備わっている。
昔のRPGに思い入れがあるなら、このゲームも間違いなく気に入ることだろう。