OVER DRIVE

OVER DRIVEのレビュー・評価・感想

レビューを書く
OVER DRIVE
10

本格的なラリー映画!熱い想いが、最高の感動を感じます!

今まで車の映画というと限られていましたが、ラリーを舞台にした、とてもかっこいい映画に仕上がっています。メインは、ラリーですが、ドライバーとエンジニアでそれぞれの想いが交錯し、とても興味深い内容に仕上がっています。自動車に興味がないからと、とっつき難い内容に感じますが、実際見てみると、自動車への興味関心を無視しても大変興味が持てる内容です。
過去の恋愛を引きずり、亡くなった女性との約束を果たすことを意識して1分1秒を縮めることを考え、無茶な走りばかりをしてしまうドライバー。一方で、チームの勝ちを意識しつつも、安全に走りきることを考え、兄弟であるドライバーに対してセーブすることを求めるエンジニア。それぞれの想いをしったあと、最後の最後で起こる、本来はリタイアするような事故。それでもなお、弟の想いを受けて、兄がドライバーである弟に言った「すぐになおしてやるから」という一言はグッとくるものがありました。
単なるレース映画というよりも、エンジニアの仕事の想いに迫る内容ともいえるものがあります。車好きの人にとっては、ラリーのシーンの走行シーンはかっこいいと感じると思いますし、車に興味のない人も、内容に引き込まれる内容だと思います。ラリーという点では高校時代の部活を思い出し、熱くなるものもありオススメです。

OVER DRIVE
8

疾走感半端ないカメラワークと音楽が素晴らしかった!

日本で作られたとは思えない本格的なモータースポーツ、ラリーをテーマにした映画です。
最初にインターネットの映画サイトで記事を読んだ時には、東出昌大(兄・メカニック)と新田真剣佑(弟・ドライバー)の二人を中心にした物語ということで、アイドル映画的なものを想像していてあまり期待はしていませんでしたが。
まず予告編を見て度肝を抜かれました。

公道を走るレースのカメラワークや展開、それにかぶる音楽も素晴らしい。
佐藤直紀さんは数々の邦画やドラマで知られた作曲家さんですが、ALWAYSなどの叙情たっぷりの音楽とはまた違う迫力あるメロディで全編通して私たちを揺さぶってくれています。
こんな時代だからこそ、命がけでひとつの頂上を目指してチームで戦っている彼らは最高にカッコいい!
ことに新田真剣佑(弟)の向こう見ずな、爆発するような若さと、反発しながらも見守る東出昌大(兄)の姿は対比しているようにも、また、一枚の紙の裏表のようでもあり、その関係性がだんだん変化していく様が見るものをぐいぐいとスクリーンの中に引き込んでくれるのです。
全力疾走の二時間、できれば4DX3Dで観てみたかった作品でした!