アオアシ

アオアシのレビュー・評価・感想

レビューを書く
アオアシ
10

ユースが舞台のサッカー漫画

キャプテン翼やシュートなどサッカー漫画は沢山ありますが、是非アオアシを読んで欲しいと思います。
今までのサッカー漫画とは色々と異なる点から描かれています。まず異なるのは、今までのサッカー漫画は中学、高校の部活、プロになってからが舞台となっていますが、アオアシはこれまでにないユースが舞台となっています。
その舞台裏や、実際に入った時にユースでかかる金額などリアルに描かれているので、サッカーをしている子供のお母さんが読んでもとても参考になると思います。
他に異なる点といえば、大抵の場合、FWと呼ばれる点取り屋が主役なんですが、この漫画では、サイドバックと呼ばれる、ディフェンスの選手が主人公となっています(正確に言うと、元々はFWだったが、視野の広さからSBに転向させられる)。
現実世界だと、鹿島アントラーズで今シーズンキャプテンとしてプレイしている内田篤人選手がこのポジションにあたります。
一見目立たないポジションですが、広い視野を持ち、きちんと周りを統率する支持の出来る人しか与えられないポジションなので、たまには角度を変えてディフェンダー目線からサッカー漫画を楽しんでみてもいいかもしれません。

アオアシ
10

子供だけでなく大人が読んでも楽しめます

サッカーをしている子供たちにせがまれて最初の一冊を買ってからというもの、子供たちはもちろん、いい歳の私がはまってしまいました。
最新巻の発売日を必ずチェックして早く続きが読みたい、と楽しみにしている漫画のひとつです。

愛媛出身の主人公アシトが、学校の部活動ではなく東京を拠点とするクラブチームのユース入団テストを受けることになるところから漫画はスタートします。
主人公、監督、チームメイト、主人公の家族、すべての登場人物がとてもリアルに描かれていて、ひとりひとり個性的なキャラクターにとても魅力を感じています。

サッカーというスポーツが大好きで、上手くなりたい、とにかく早くプロの試合で活躍できるようになりたい主人公。
その主人公が完全無欠のヒーロー的な描かれ方をしているのではなく、いろいろな挫折、失敗を繰り返しひとつひとつ学びながら成長していく。
そんながむしゃらで、がんばりやの主人公アシトを心から応援してしまいます。

上達するために必要な考え方、練習方法、試合の運び方、どれをとっても具体的に描かれているので、子供たちもふむふむと参考にしているようです。
読んだあとは、うずうずしてくるようでサッカーボールを持って蹴りに行ってくる、と外に出ることもしばしばです。

アオアシ
9

サッカー好きの子供たちはもちろん、大人にもおすすめの本格的な、サッカー漫画です

アオアシは、サッカー好きの子供たちはもちろん、プロサッカー選手でも愛読している本格的なサッカー漫画です。

漫画だからできるスーパープレイのさじ加減が、絶妙です。あまり異次元のプレイになりすぎては、子供たちは楽しめても、大人はしらーっと冷めてしまいますよね。こんなプレイ、実際に出来るわけがない、こんな練習、実際に続けていたら身体を壊すわ、なんて思ってしまっては、なかなかストーリーに入り込んで主人公や登場人物を応援することなんて出来ません。

アオアシは愛媛出身の中学3年生の青井葦人(アシト)が、某Jユースに入団出来るかどうかのところから始まります。愛媛を旅立って成長していくアシト、舞台は東京に移っていきますが、その東京で出会うとっても個性的な、けれども漫画の世界だけでなく、実際の世界でも周りに居るかもしれないような登場人物たちと出会い、ストーリーが進むにつれてアシトだけでなく、他の登場人物の成長を応援したい気分が高まります。

ワールドカップでサッカーに興味が出てきた、というようなサッカーファン初心者の方も、どっぷりサッカー大好き人生を送ってこられた方にも、ぜひおすすめしたいサッカー漫画です。

アオアシ
9

頑張る力を貰えます

サッカーを愛する主人公が中学3年生の時にスカウトされ、家族と話ながら将来を決めるところから話は始まります。
ユースという今までとは別次元の環境に身を置き、底辺から這い上がっていくサクセスストーリーになりそうです。
舞台はJリーグの下部組織であるユース。そこで、自分が今まで目指していた選手像と異なる道を示されます。それでも、周りの支えもありながら、サッカーに向き合っていく強さに勇気を貰います。
高校1年生とは思えないほど、現実と自分を見つめ、理不尽と思われる状況も打破していく思考と行動は、見習うところが多いように思います。
何か目標を持って行動する人はこんなに強いのかと感心しました。
ユースの先輩で、高校生にして、すでにプロとして活躍している人との出会いや、ユースの指導者のアドバイスにより、どんどん成長していきます。13刊では、ついにユーストップに混じり試合を経験しました。
主人公には、鳥のように上からモノを捉えられる特殊な才能があり、少しずつ本人も気付いてきているので、その才能が今後どのように開化し、どんな活躍をするのか楽しみです。
そして、主人公のファン1号である彼女との今後の展開も楽しみです。