9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bulletのレビュー・評価・感想

レビューを書く
9mm Parabellum Bullet
10

最近少ない演奏上手すぎバンド

最近は見た目重視のビジュアル系バンドが流行っていますが、9mm parabellum bulletは違います。まず見た目はとてもダサいです。しかし演奏はとてもうまいのです。
9mm parabellum bulletはボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人編成です。ギターの滝は本当にやばいです。指の動きを見るととても驚くと思います。ギターの弦を押さえる方の手はピアノを弾く時のような感じで、とても早いテンポであっても一音一音くっきりとした音で聴き惚れてしまいます。ベースのかずひこもまた演奏が上手く、ベースのソロなどがあったときにはその才能が際立ちます。ドラムのかみじょうも人並みではなく、まずドラムセットをみると驚きます。ドラムの数が普通の人の倍くらいあるのではないかと思います。演奏中は止まることなくすごい勢いで叩き続け、スティックをよくまわしています。ボーカルの卓郎はあまり歌が上手なわけではありません。最近少し上手になってきたと思います。声質が独特で男性の割には高めの音域で、聴き続けているとクセになります。曲は激しくボーカルが歌うメロディーと滝が弾くギターのメロディーが2つあるような感じで聞こえるところが独特であると思います。一度聞いたら嵌ります。

9mm Parabellum Bullet
10

幅広い年齢におすすめ!

私自身、初めて9mm Parabellum Bulletの楽曲を聞いたのが高校3年生の時で、今まで聞いたことのない曲で驚いたのとカッコよさを感じたのをよく覚えています。
曲については昭和歌謡のようなものもあったり、メタル・ロックの要素も混じりあった曲のため様々な年代の人がそれぞれ思う事のあるバンドかと思います。
ライブについてもアクションが激しく見ているだけでも楽しい内容となっています。

毎回出すアルバムについても、それぞれのタイトルのイメージ通りに展開されているのでアルバム全体のイメージがとても掴みやすいのも好きなポイントの一つです。

記念のライブなどは日本武道館など大きい所で開催されており、武道館2daysの時も2日間で楽曲の被りが一切なく、今までリリースした曲の曲順が偶数なのか、奇数なのかでセットリストを完全に被り無しで行うところも非常に面白いと思い、それぞれのライブで色々な楽曲が入り混じりとても内容的に濃かったと思います。
※ライブに行けなかったのは非常に残念です…。

今年も新曲のリリースが既に予定されており、YouTubeでライブ映像と共にPVが公開されておりますが、9mmらしいとても素晴らしい出来となっているので、リリースを心待ちにしたいと思います。