有頂天家族

有頂天家族のレビュー・評価・感想

レビューを書く
有頂天家族
9

アニメ・有頂天家族

アニメ・有頂天家族がおすすめです。原作は森見登美彦さんの小説「有頂天家族」で、全3巻で完結する予定で、現在2巻まで出版されています。アニメは、2期まで放送されていて、それぞれ1巻、2巻を基にしたアニメになっています。
京都を舞台に名門の狸の家に生まれた主役の下鴨家三男・下鴨矢三郎が人間に狸鍋にされて食べられてしまった父・総一郎の代わりに遺志を継いで狸のてっぺんになるべく総選挙に立候補し、ライバルの夷川家の頭領である夷川早雲と対立していく長男・矢一郎、普段は古井戸の底でひきこもり状態の次男・矢二郎、まだ幼くて上の兄たちより人間に化けるのが下手で、驚くとすぐ元の狸の姿に戻ってしまう四男・矢四郎と共に父の死の真相を調べていく途中で父を狸鍋にした謎の会合「金曜倶楽部」の存在を知る。
4兄弟も鍋の具として狙われながら、狸界の頭領を巡る夷川家と下鴨家の対立、対立する前は矢一郎の許嫁だった夷川海星との恋愛模様などを軽快に描く。舞台となる京都の実際にある寺社や名所が出てくるので聖地巡礼ファンも多い。
原作同様、アニメも3部作になるのではという推測がファンにはあり、3期の放送が期待されるところであるが、噂にはよく上がるものの、現在はまだ放送予定は出ていない。

有頂天家族
8

面白い事は最高

森登美彦の小説を原作としたアニメです。
京都を舞台に繰り広げられるお話。
登場人物達は、狸と天狗と人間。一癖も二癖もある者?動物?達ばかりです。
中心と言えるキャラクターは、人間でありながら天狗よりも天狗らしいと言われる美女、弁天と下鴨神社の糺の森に住まう狸、下鴨矢三郎です。
狸でありながら、弁天に惚れている矢三郎がとにかく健気で可愛いです。
しかし、弁天は矢三郎達兄弟の父親を鍋にして食べた金曜倶楽部と言う組織のメンバー。
自分のやりたいようにする自由な弁天。それに振り回される矢三郎。
しかし、カエルに化けたままで戻れなくった矢三郎の兄、矢二郎の井戸に座って静かに泣く弁天は何を思って泣くのだろう、と切なくもなります。
真面目一徹の長男、矢一郎も父の後を継ごうと懸命に頑張り、誰よりも優しい末っ子である矢四郎もとにかく癒し系です。
そして、兄弟みんな優しく強いお母さんが大好きで大切にしています。
その下鴨家の母に横恋慕をしていた矢三郎達の叔父である夷川早雲。
弁天を誘拐し天狗の神通力を授けた張本人である大天狗、赤玉先生。
見ていて、とても飽きません。
そして、この話は未完です。
アニメの最後、矢三郎は寝ている弁天の髪を撫でながら「狸であったら、駄目なのだ」と思います。
人間と狸。
どれほど弁天の事を想っていたとしても、矢三郎には救えないものがあるのでしょうね。