セトウツミ

セトウツミのレビュー・評価・感想

レビューを書く
セトウツミ
8

くだらない(笑)

ただ、ひたすらセト(菅田将暉)とウツミ(池松壮亮)が喋っているだけという、今まで見たことのない設定ですが、一つ一つの言動が面白くて思わず何度も巻き戻して観たくなってしまう作品です。
また、ストーリーが1話1話区切られているので、飽きることがなくテンポよく観れます。家事の合間とかに観ても良いかも知れません。方言が関西弁っていうのも面白さを引き出している要素だと思います。内容は日常の1シーンをつまんで話している感じなので、面白さをわざわざ狙いにいった感が無く、観ていて思わずクスッと笑ってしまうシュールさも人気の一つかもしれないです。
また、キャスト陣も菅田将暉や中条あやみといった今話題の方達が出ているので、キャストから入って映画を観た人でも必ず観て良かったと思ってもらえる作品だと思います。ドラマ版は映画とはまたキャストも違って結末も違うのでおススメです。最後にどんでん返しが待っています。私は感動の結末で驚いたので、何かオチが欲しいという方はドラマ版を観た方が良いかもしれません。Amazonプライムで観れます。私は、映画の様な内容を期待して観ていたら、意外と深い話が最後に待っていて思わず「おおっ!」と感動しました。ちなみに、ドラマではセトを葉山奨之がウツミを高杉真宙が演じています。

セトウツミ
7

セトウツミ

菅田将暉くんと池松壮亮くん演じる男子高生の日常を、のんびりだらだらと描いてる映画でした。一言で言えばシュールな映画です。エピソードが5話ほどに分かれているので、映画にしては珍しい構成だと思いました。

この二人が河原のそばで座ってだらだらと話をするシーンが主なのですが、アドリブ?と思うくらい二人の会話がとても自然でした。
ワンカットも長く、またセリフも長くて、二人の言葉のキャッチボールがおもしろかったです。ゲラゲラ笑うおもしろさではなく、ふふっとつい笑ってしまうおもしろさでした。
中条あやみちゃん演じる女子高生も、かわいかったです。顔面偏差値の高い人たちが出てくるので、目の保養になります。
池松壮亮くんは優秀な生徒役で、なるほどと思える名言をいくつか出してました。
全く性格の違う二人がどうして仲がいいのか、何をきっかけに友だちになったのかもエピソードが出てくるので、その辺もくすくす笑いながら観てました。
連ドラ化もされてるみたいなので、ぜひ、見てみたいと思います。ただ、本当にだらだらのんびりした映画なので、半分ほど見て飽きてしまい、次の日にその続きを見ました。特に大きな展開もないので、そういったものを期待する人には退屈に感じるかもしれません。