ちはやふる / Chihayafuru

ちはやふる / Chihayafuruのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ちはやふる / Chihayafuru
8

マンガ大賞受賞後も続きがすばらしい

ちはやふる、という漫画をご存知の方は多いのではないでしょうか。マンガ大賞を受賞していますし、映画化されていることで注目を浴びましたよね。そんなちはやふるですが、今でも続いているマンガがすばらしいんです。
千早たちは高校3年生になり、それぞれ大学受験に向けて勉強していたり、高校生活最後となるかるたの団体戦に全力をかけたり。部活のメンバーとも深い絆でつながっている様子が描かれていて、朝から晩まで、休みの日もすべて一緒という印象がします。その一方で、クイーン戦や名人戦に出たいとの長年の夢を叶えるためのチャンスに挑むキャラクターも出てきます。千早、新、太一の3人です。ただでさえそこに行き着くまでがどれだけ大変かわかっているのに、トップに立とうと努力します。クイーンになるところまで、名人になるところまで、力をふりしぼっている様子が試合のシーンでわかります。男子は、新も太一も千早にとって大事な友達で、対戦相手でありながらふたりにとってもお互いに大事な存在です。どちらもいることで実力をのばしてきました。ただし、名人になれるのはひとりだけ。ついにその勝者を目撃するときが来たか!と思いながら読みました。とてもドキドキしました。

ちはやふる / Chihayafuru
8

青春が全部詰まってる

漫画が面白かったので成り行きでアニメも見てみたらこりゃまた面白い。The・青春です。王道やとサッカー、野球、みたいな部活が「かるた」なだけ、笑いあり、泣きあり、恋愛ありの青春アニメ。
この作品のいい所はそのどれにも固執してないところ。恋愛を主にやってる訳でもないし、どちらかと言えばかるたメインなのに随所で出てくる胸キュンやったり恋心に揺さぶられます。登場人物たちの恋心を決して視聴者に忘れされない話展開。そしてそして本命かるたも素晴らしい。
大会シーンでは袴の綺麗な模様が細部まで描かれ、タタミを叩く音、シーンにあった音楽、札を獲るスピードの体感、その場の緊迫感etc……もダイレクトに伝わってきます。編集も素晴らしく、オープニングソング、エンディングソング、1期、2期ともに作風にあった歌になっていて、かかるタイミングも素晴らしい。視聴者を泣かせにきます。
評価が8止まりなのは…連載から10年以上経ちましがまだ主人公たちは高校生だってことです。でも!話の進むスピードに遅いと思うこともなくじっくり千早の歩む人生を見守っている感じです。このスピード感を遅すぎると感じてしまう人はアニメも漫画もイマイチかもしれません。

ちはやふる / Chihayafuru
10

タイトルなし

「ちはやふる」は、高校の競技かるた部に青春を捧げる千早をはじめとする部員たちの成長ストーリーです。広瀬すずをはじめとする若手俳優たちが実写映画化し、全3作が大ヒットしたことも話題になりました。
綾瀬千早と、幼なじみの真島太一は、小学生の頃、一見大人しそうにみえる綿谷新と出会い、競技かるたの存在を知ることになります。生まれつきの聴力の良さと反射神経で、どんどんその才能を開花させていく千早ですが、新はおじいちゃんが亡くなると同時に千早の前から姿を消してしまいます。
その後、一度はかるたの世界から離れてしまった千早と太一。美しく?成長した千早は高校に入学したら必ずかるたを再開すると決めていました。早速かるた部を立ち上げるも、なかなかはじめは部員が集まらない日々…。ですが、かるたへの情熱を燃やす千早のもとに、太一をはじめ仲間たちが集まってきます。
この漫画の魅力はなんといっても、かるたの臨場感。百人一首をやったことはあっても、あんなにスピーディなスポーツだとは、この漫画を読むまで誰も知らなかったのでは?トーナメントを勝ち上がる中でライバルたちを倒しながらかるたクイーンを目指す千早たちを描いているところはまさにスポ根漫画です。

ちはやふる / Chihayafuru
10

何回でも見たい!

原作もあるようですが、映画で初めて見ました。とてもおもしろかったです。久しぶりに映画を見たのですが、映画ってこんなにおもしろかったかなと思うくらい感動させてもらって、映画が好きになった作品でもあります。
一人一人の演技がすごく上手だというか、自然で思わず見入ってしまうような作品でした。約2時間といういつもは長く感じていた時間が、一瞬で過ぎ去っていったように思います。
この作品は、主人公を含む高校生が、高校生活をかるたに注ぎ、その中で切磋琢磨していく姿を描いています。迷ったり悩んだり、泣いたり、笑ったり、そんな色々な感情を感じることができるものでした。そして、私自身この作品を通して普段の日常を頑張っていこうと思えるような勇気や希望を与えてもらったと思います。
前編、後編、完結編全て見ましたが、まだまだ続編が見たくなるような映画で、いつかもう一度映画で公開してほしいなぁと思うくらい皆さんにも見てほしい作品でした。
何度も言っていますが、すごくおもしろかったので、DVDを購入して家で何度も見たいと思います。
ぜひ、見ていただきたい作品です!