ちはやふる / Chihayafuru

kagayake_mizuhoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ちはやふる / Chihayafuru
10

タイトルなし

「ちはやふる」は、高校の競技かるた部に青春を捧げる千早をはじめとする部員たちの成長ストーリーです。広瀬すずをはじめとする若手俳優たちが実写映画化し、全3作が大ヒットしたことも話題になりました。
綾瀬千早と、幼なじみの真島太一は、小学生の頃、一見大人しそうにみえる綿谷新と出会い、競技かるたの存在を知ることになります。生まれつきの聴力の良さと反射神経で、どんどんその才能を開花させていく千早ですが、新はおじいちゃんが亡くなると同時に千早の前から姿を消してしまいます。
その後、一度はかるたの世界から離れてしまった千早と太一。美しく?成長した千早は高校に入学したら必ずかるたを再開すると決めていました。早速かるた部を立ち上げるも、なかなかはじめは部員が集まらない日々…。ですが、かるたへの情熱を燃やす千早のもとに、太一をはじめ仲間たちが集まってきます。
この漫画の魅力はなんといっても、かるたの臨場感。百人一首をやったことはあっても、あんなにスピーディなスポーツだとは、この漫画を読むまで誰も知らなかったのでは?トーナメントを勝ち上がる中でライバルたちを倒しながらかるたクイーンを目指す千早たちを描いているところはまさにスポ根漫画です。